【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

デジタル化の流れで、時代の動きが変われば仕組みも変わる可能性は否めない。

 

デジタル化の流れで、時代の動きが変われば仕組みも変わる可能性は否めない

 

歴史的資産の償還プログラムについては、現在におけるルールは、欧米の16の企業が、米国NY国務省UCCによって、歴史的資産によるゴールドを担保にゴールドクレジットを生み出しているというのは、現在における制度である。筆者が、公式メンバーであるMete財団もゴールドクレジットを発行しており、米国国債を購入して、米国国債を世界の国際ブリッジ通貨として全世界に普及するために、現在加盟国の募集を行っている。

 

この仕組みが新しく構築されたのは、2017年のことで、実際に稼働を始めたのは、2022年以降ということになります。国連規定でも、歴史的資産における資金分配は、デジタル通貨を用いて行うという規定になっています。その仕組みを構築しているのが、Mete財団におけるMeteというデジタル通貨の仕組みといえます。筆者は、Mete財団の日本アジア代表という立場ですが、業務は、全世界の政府に対して、Meteシステムの説明と、歴史的資産の裏付けを持った国際ブリッジ通貨(世界共通通貨)についての説明を行い、加盟国を増やすことを、現在行っている仕事です。

 

これも規定にありますので、各国が加盟するには、現在の国連規定におけるルールには、国家及び政府との契約が必要ということになっています。また、発展途上国を中心に案内をして、G20国、G7国へとMeteシステムの加盟を増やしていくというのが、Mete財団の事業計画です。歴史的資産という世界最大のゴールドの裏付けを持つ通貨を提供していることになります。

 

さて、歴史的資産については、歴史的資産の償還プログラムというのがあり、その各国で歴史的資産を持っていた過去の所有者と、現在の保有者に対して、資金の分配を行っている制度があります。日本の企業育成資金は、歴史的資産の償還プログラムの日本(皇室)への配当分の資金を東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表理事に贈与する仕組みが、企業育成資金の仕組みといえます。これについては、2017年以前の歴史的資産についての旧システムによって、動かされた資金をベースにして行われているために、日本円での配当を行っています。歴史的には、2008年、2012年と歴史的資産の監査が行われ、当時は、300人個人委員会などが監査したことは、知られています。日本の皇室の旧所有者としてのゴールドからの配当金が相当あったということですが、その規模は、数京円レベルと言われていますが、正式な数字は筆者も2017年以前の旧体制における仕組みについては、全く詳細はわかりません。ただ、現在でも継続して行われている企業育成資金の仕組みは、歴史的資産から生み出した旧システムで作った資金を、時間をかけて配当してると言えます。まだ、1%の資金も使っておらず、早く配当しなければいけないという状況にあるということを聞くが、その資金については、管理者によって保管されているために、これは、旧システムにおいての管理システム、個人名義人(資金者制度)によって行われている案件であるので、資金者の裁量によって行われている制度であるので、詳細は明らかにされていません。ただ、そのルールについては、日本では、企業育成資金、基幹産業育成資金、償還金、長期管理権委譲渡資金など、いろいろ名称がありますが、その資金の財源は、基本的には、歴史的資産の償還プログラムにおける旧所有者の皇室からの配当金であります。配当金を動かしてからの管理については、それぞれの管理者がおこなっている案件ということになります。ただ、このようなゴールドクレジットによって生み出された資金の動かし方には、ルールがありますので、簡単に言えば、個人としてクレジット・ラインが100億円以上(日本基準)(欧米基準は、1億ドル以上)の価値を提供できる人物と決められていますので、日本の東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある社員(個人)と決まっています。

筆者は、業界人として言えることは、今、行われておる日本の企業育成資金の制度については、旧来のシステムによって作られた資金になりますので、早い目に処理して、市場に投入しなければ、この仕組みができなくなる日が近いと思います。確かに、旧来から日米協定における100年規定はありますので、国際条約を遵守する上で、制度が守られますが、今後の歴史的資産の配当方法がデジタル通貨になりますので、いつまで、日本円の法定通貨で配当できるのかわからないいうのが、現実です。

 

つまり、筆者は、歴史的遺産をつかって世界通貨システムに関する仕事を現場でおこなっていますので、その現状について理解をしていますが、歴史的資産についての資金の取り扱いはデジタル通貨によって、提供するということが決まっています、その理由は、各国の現地通貨(法定通貨)によって多額の資金を投入することは、為替相場に影響がでるために、世界共通のデジタたる通貨の仕組みができました。つまり、歴史的資産があまりにも多額にあることから、法定通貨での分配は、世界経済に対しての影響が大きいという理由です。

 

よって、それらのことを踏まえて、これから先もいつまでも今ある制度が続くとはいえないとおもいますので、世界が急激にデジタル化する中で、旧来システムにおける資金提供の仕組みは、ルールが変わる可能性があります。それは、筆者もわかりませんが、このような資金のルールについては、歴史的資産に関する国際本部によって決定されます。

 

日本の企業育成資金の制度は、もらえるうちに、早急に受け取れることが良いと思います。この業界は、予告なしの変更はありえます。その理由は、システムが新しいシステムにすでに移行しているからです。今は、過去のシステムから新しいシステムへの移行期間ですから、デジタル通貨が本格的に動き出すと、旧来システムは、消える可能性は、十分に考えられます。




***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086



 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。