【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

迫りくる戦争という文字、それに備える必要がある!

迫りくる戦争という文字、それに備える必要がある!

 

最近は、世界情勢が非常に不安定になってきています。第三次世界大戦が始まるのではないかと危惧されています。つまり、準備が必要です。準備するには資金が必要になります。備蓄燃料、備蓄食料、食料自給率、エネルギー自給率を高めることが日本にとって重要なことです。

それを実現するには、財源が必要です。財源は、どこから得れば良いでしょう。これは、企業育成資金(償還金)から資金を獲得することがもっとも効率的でスピードがあります。

申請をして、最短、翌日、もしくは、翌々日には、5000億円の入金、1週間で10兆円までの資金提供ができます。それ以上大きな資金の場合は、数週間に分けて資金提供されますが、ほとんどの案件は、10兆円以内ですから、1週間で業務が終了できます。

このスピード感で、これだけの資金が獲得できる仕組みは、企業育成資金(償還金)以外、ありません。償還金とは、政府保証で日銀から資金を調達をして、SBLCの1年間の満期運用プログラムでユーロ資金を調達をして、自動償還するという仕組みです。これは、外貨収入になりますし、同時に、日本国内への資金投入ができますので、日本円の通貨流通量も増やすことができます。ある意味、国家にとっても、外貨準備高を増やす重要な収入源になるわけです。

 

この仕組みを最大限に利用して、資金調達することが重要です。

迫りくる世界的戦争の気配があることを考えれば、資金調達と自国を守る仕組みの投資が重要になります。国家のために、国民のために頑張り案件を決めていきましょう。日本の気づきで、結果、いくらでも資金調達できる仕組みがありますので、このブログを見て、研究してください。

 

 

 

**************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com




※ 日本国内向けODA(企業育成資金) 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度あり 申請受付中



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。Mete財団が契約国に対して1カ国、1回に限り100億ユーロの寄付(返済不要資金)を提供します。契約後は、長期間の支援を行います、国家政府に対してのPPPプログラムの実施

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。