【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

開発援助プログラムで 世界ランキングGDP 150位以下におけるエネルギー 改革を提案する

現在 メテ 財団では国連加盟国に対し100億ユーロの寄付を行っております。

この業務については過去のブログでも多数書いておりますので今回のブログは別の角度から 書きたいと思います。

 

メテ財団は SRP 米国財務省 資産から資金を提供するという業務を行っておりますが もう1つは フリーエネルギーについても取り組んでいる財団 と言えます。

 

つまり フリーエネルギーにおけるジェネレーター及びモーター というものを開発しており それは 特許を取得しているということになります。

 

そのような仕組みを用いて考えているのがGDP が世界で150位以下で電力がほとんど まともに流れていないような国がありますのでそのような国を支援する際に発電施設は全てフリーエネルギー及び再生可能エネルギーを用いて行うということができれば非常にこの世界は面白いものになるかと考えています。

 

アフリカの途上国などの国々のリーダーと話をしているとアフリカでも最近は発展してる国 はずいぶん良くはなってきておりますが まだまだ GDP で 150位以下の国家というものもあり ほとんど 手つかずな 国もあります。

 

そのような国の発展する方向性としては化石燃料このエネルギーではなく再生可能エネルギー及びフリーエネルギーを使った電力供給網というのを作り上げれば これは非常に良い サンプルになるかと考えています。

 

完全にインフラが整っている国は 突然 そのような仕組みを導入するとなればやはり 既得権益の世界に抵触するために非常にトラブルになる可能性はありますが 正直 外貨もなく 何もないような未開発の土地を開拓する もしくは 開発援助を行うには コストがかかる エネルギー政策 よりも 全て現地で賄われるエネルギーシステムを提供することが良いかと思っております。

 

つまり 電力の世界というものをうまく 供給できるようにすれば実際のことを言うと 電力を活用すれば全てのことができますから それ以外の化石燃料は必要がないと言えます。

 

自動車でも電車でも船でも電力で動かすことはできますし 場合によっては まだ ほとんど開発はされておりませんが 飛行機でも電力で飛ばすことは可能になるかと思います。

GDP で 世界150位以下の国々の発展プログラムを考える上で再生可能エネルギーとフリーエネルギーを合わせたエネルギープランによる国家の反転 ということを考えれば実は飛び抜けたことができるのではないかと 常に考えております。

 

 何もないところが 最先端のことを取り入れれば すでに 既得権益 で物事を動かしている国家はそれに影響されて地球は大きく変わっていくと考えています。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter