実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成資金の特筆すべきサービスについて

 

PPP運用というのは、世界統一のプラットフォームで資金運用されているという話を書きました。現在の世界的基準は、US5000万ドル以上から大口のPPPに参加できるという基準があります。日本円で言う50億円以上の資産があること。

すなわち、50億円以上の資産価値があれば、PPP運用に参加することができれば、自らの関係する資産価値から資金を得ることができるという制度です。

世界的に募集されている案件ですから、日本だけという限った話ではなしではありません。

ただ、日本の企業育成資金というPPPをベースに資金を提供する仕組みとサービスは、日本独自の付加価値があります。
それは、以前のブログでも日本の企業育成資金の資金本部が提供するサービスは、日本をベースとしていますので、資金の送金の問題がなく、日本国内で使える資金として資金を受け取ることができる。もう一つの特徴は、受け取った資金については、「免税、免責、免訴」という資金が安全に使えるという保証付きになります。

海外のプライベートバンクなどで提供されるPPPサービスは、たしかに、海外のPPPトレーダーが残高証明などを提示すれば、PPP運用に参加できますが、海外の指定銀行からの送金になりますので、日本への多額の送金をするのが、難しいという点、また、日本に送金したからといって、その資金については納税義務があります。よって、海外の銀行経由で紹介されて、PPP運用に参加したところで、資金は、タックスヘイブン地域の銀行に資金を送金して、キャピタルゲイン課税制度がない国や地域に資金が保管されるだけで、普通に考えれば、日本で使える資金にはならないと言えます。

日本の企業育成資金は、日本国内の銀行での資金の受け渡しがされる。同時に、その資金は、免税、免責、免訴のサービスが付加されるということで、正直、これ以上の資金提供サービスが存在しないということが言えます。

この資金について言えば、PPP運用をベースにしていますので、資金は、すべて銀行の資金(発行された)ということになります。ですから、属性が悪い資金とかそういうものでなく、連邦準備制度中央銀行の頂点)が発行した資金ということでありますので、なにも問題なく使える資金ということになります。この資金を否定的に考えれば、世の中に流通する銀行券をすべて否定するのと同じことになると以前のブログで書きましたが、銀行券を発行する権利のある場所から提供されているサービスだからです。
企業育成資金といのは、なぜ使える資金なのか?そのことは、もう一度いいます。PPP運用ベースに調達された資金ですが、受け渡し銀行が日本の銀行でされるので、日本で使う際には、送金の問題がない。この資金は、企業育成資金の資金本部は、日本に1箇所だけ存在しており、その資金本部を経由して提供される企業育成資金は、免税、免責、免訴の資金が安全に使える保証付きということになります。

この付加価値のある資金提供サービスの意味がわかりますか?

この部分が特筆できる部分です。

企業育成機構
MSA総合研究所より

PPP について理解をすれば育成資金の内容もよく分かります

企業育成資金の話をしていれば昔の制度からイメージが脱却できないで苦労している人を見ます。

 

すなわち仮払いで多額な資金を管理している資金者という立場の人が資金を提供しているというイメージがこの育成資金にあります。

 

現在における企業育成資金はこれは PPP と言われている FRB の資格を持ったトレーダーが行う運用案件それと特殊な送金の許可を持った銀行口座を使って行われています。

 

これは日本だけで行われていることではなく他の国でも同じような制度は存在します。

 

PPP 運用のプラットフォームは今は世界共通になっています。

 

正しい日本の育成資金の本部が募集している案件は日本独自の内容になっています。

 

これは過去からの育成資金の経緯を引きずっているからだと考えられます。

 

国際的ルールでは、PPP に関して言えば実際にその資金の送金先が法人であっても個人であってもどこでも大丈夫という風にはなっています。

 

ただ日本の場合は東証一部企業や銀行の場合法人に対して巨額な資金が入金されれば、この資金は一体何のお金かということで疑問視されるので、代表者個人に入金するという手法とっているのでしょう。

 

これは、昔からの伝統があるので、そのような経緯になっています。

 

FRB の PPP トレーダーが送金先は運用者自らが指定できるようになっていますので、必ずしも個人でなければいけないというルールは本当は存在しません。

 

ですから、この資金はなぜ個人に送金するのですかという風によく聞かれるのですが、これは日本独特の外部にわからなくするための配慮であると言えると思います。

 

個人口座に入金した場合ですと、その個人が外部に話さない限り、全くこの事実がわかりません。

 

法人口座に送金されれば、多くの方がそのことを知ってしまいます。

 

それでは説明に困るということがいえます。

ですから PPP 運用を用いた企業育成資金の場合でも個人に対して資金を提供するというルールで行なっています。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

 

病院案件は必ず申請条件を満たすこと。

今月31日が締め切りの病院の案件について説明しています。

 

ーーー

 

1 病院の案件は条件は一般病棟でベッド数が350床以上

 

2 直近の決算書上で資産の部の合計が50億円以上

 

3 土地建物が国や県から借りていないこと。

 

4 反社会体制企業との取引がないこと。

ーーー

 

上記の条件で募集しています。

病院のベッド数の規模が350床より小さいところが大丈夫かという質問が多く来ていますが、これは350床以上のベッド数の病院にしてください。

 

10月31日に申請書類必着で募集を停止しますので企業育成資金から資金調達をお考えの方はお早めにお申し込みください。

 

よろしくお願いいたします。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

あと一週間で病院の案件は締め切りになります。

企業育成資金の説明を書いています。

 

短期間限定で募集されている病院の案件来週の10月31日をもって締め切ります。

ちょうど残すところ一週間となりました。

一週間以内にご連絡いただき申請をしなければ次回の募集はいつになるか分かりません。

 

もしこの機会に資金調達をお考えの医療機関ベッド数が350床以上の病院資産の部の合計が50億円以上という条件がありますが、そのような条件を満たしている病院の理事長は申請できますのでぜひこの機会をご利用ください。

 

企業育成資金というのはアメリカの FRB の許可を持った PPP トレーダーによって価値によって生み出される資金運用によって資金が作られます。

この資金はどのような資金ですかというふうなご質問も多いのですがこの資金は銀行の資金です。

 

PPP というのは連邦準備制度である FRB が関与して行なっている案件で日本国内で行われている案件ではありません。

PPP は世界中同じプラットフォームで募集されて総資産が50億円以上米ドルで5000万ドル以上の資産を有する方を対象に資金提供を行っている案件になります。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

 

資本主義社会を発展させる上で必ず知らなければいけない事柄

企業育成資金について話を書いています。

企業育成資金の話をすれば過去の話を言えば戦後復興と企業育成資金というものが紐付いていました。

1951年のサンフランシスコ講和条約に日本が調印してから始まった制度であることは言えます。

初めは国土復帰をするために日本の9資産を放棄したことからこの財源が生まれました。

 

しかしあれから70年の歳月が過ぎ今は新しい制度へと転換しました。

 

かつてはこの制度は資金者と言われる方が仮払いされた資金を多額に預かりそこから資金提供をするという制度で行われていました。

 

しかしその制度は今年になってからの制度改革によって全てその内容が一新されました。

 

すなわち日本的な企業育成資金という特別な制度は簡単に言えば消滅したことになります。

 

しかし東証一部資本金100億円以上の企業代表及び銀行及び信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表者に提供される企業育成資金は現在もなお続いています。

 

それは現在においては世界標準である PPP 運用による資金提供のプラットフォームに完全に移行したことだと言えます。

 

一般的には PPP すなわち Private placement program については詳細の情報は公開はされていませんが筆者は海外において PPP 運用しているコンサルタントとの付き合いが色々ありますのでそちらからの情報によると大渕の資金と言われるのは5000万ドル以上の資産がある方が PPP に参加できるように現在笑っています。数年前までは1億ドルと言われていましたが現在はその半額である5000万ドルという基準になっています。

日本円で言うところの50億円というボーダーラインです。

50億円以上の資産価値を有する人物は PPP 運用に参加をして大きな資金調達ができる仕組みがあります。

 

PPP 運用とは参加者の有している価値に対して運用するので、50億円以上の資産が何か凍結されるとか担保に取られるというわけではありません。

 

ただあるということが証明できればいいだけです。

 

すなわち資産価値があるということが証明できるということは、その資産を有している企業の代表者であるという証明書だけあれば、その企業の代表者は PPP 運用から資金を調達することができます。

 

そのような特徴を持っているのが PPP 運用になります。

すなわち現在における資本主義社会における資本家の基準というものが、50億円以上の資産を持っている方もしくは同等以上の資産価値のある企業の代表者であるということが、資本主義における資本家として定義づけられ、その人物は PPP 運用に参加することによって、連邦準備制度が行なっている仕組みによって、資金調達ができるというふうになっています。

 

すなわち企業育成資金の受けられる条件を満たしている方は資本主義社会における資本家として連邦準備制度から資金をもらえるという風に考えればいいのです。

 

資本主義経済の発展というのは資本家が資本を持って資本家が資金を使うことによって労働者階級が潤うという制度になっています。

 

労働者階級が資金を使うことによってそこから納める税収によって政府の財源を確保するという風になります。

 

これが基本的な資本主義社会におけるピラミッド構造だということを理解すれば、なぜこのような仕組みが行われているか理解ができます。

 

すなわち日本の資本主義社会が、なぜ今衰退しているのかということは、資本家が連邦準備制度の準備している資金を受け取らないから、資本主義で日本は劣勢であると言えるのです。

 

簡単に申し上げますと、東証一部資本金100億円以上及び銀行及び信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表者様が、この案件に参加しないということが、結論として日本の資本主義社会の衰退を招いているという結果になっています。

 

今、衆議院選挙が行われていますが国民の生活を守るという風なキャッチフレーズで各政党が資金のばらまきを提案していますが政府は通貨発行権はありません。

 

唯一できることは国債を発行して中央銀行に買い取ってもらうという技はあります。

しかし中央銀行も民間銀行ですからある程度限界を達すれば政府の言う事であったとしても聞けないという話になる可能性は十分にあり得ます。

 

すなわち、そのような事態になった時、政府がデフォルトをするすなわち破綻するということになります。

 

このことは何度も話してますが中央銀行であってもこれは民間銀行です。

日本銀行も日本政府は株は入っていますが、民間銀行として運営していますので政府の財源不足を補填するというだけで存在している銀行ではありません。

 

ですから、今の状況がずっと続けられるということは考えられないということになります。

 

日本は、どこかの時点でこの国債の問題を消化しなければいけない時期が来ます。

そのような問題を解決する手段として唯一残された手段は、これは企業育成資金を受け取れる立場の東証一部資本金100億円以上及び銀行及び信用金庫の代表権のある方が企業育成資金を受けるということが問題解決になります。

 

これは銀行における頂点の存在である連邦準備制度が準備した資金を日本に投入するための理由になります。

 

PPP にかかわる制度は民間であることがこれを受ける絶対の条件です。

直接政府に資金が回るようなことがあれば PPP には参加できません。

 

すなわち資本主義社会の基本は民間資本が政府を雇っているという概念があるためにそれを基本として銀行システムを作っているからです。

 

中央銀行がもし政府の銀行であればこのような制度がなくても資金はいくらでも投入できます。

 

中央銀行は銀行券を発行することはできますがこれは民間の銀行で政府の銀行ではないということがいえます。

 

その部分を間違って把握しないようにしてほしいと思います。

 

すなわち我々の行っている企業育成資金の導入を促す作業はこれは日本の資本主義社会を立て直すための作業ということになります。

 

日本には連邦準備制度が準備した借金を伴わない資金の投入が足らないからという致命的な問題を抱えています。

 

その問題を是正することが我々の日々の活動です。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

 

正直者は馬鹿を見るというのは、資本主義社会における日本の自称、常識人に言いたいこと

10月31日締切の病院案件の話をしていると、他の案件の話が忘れそうですが、継続して、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業育成資金の案件が行われれています。

企業育成資金というのは、何度も説明しますが、PPP運用をベースにした資金提供案件になります。中央銀行間の銀行券の中期割引債のトレードにより資金が生み出される仕組みにより資金が生み出されています。これは、企業の価値とその企業の代表権者が同等の価値とみなし、企業代表権者個人の名義でPPPに参加することで、その価値の創出から資金が生み出されるという仕組みになります。

こんな制度があるのか?と思われますが、これが、信用創造による資金の生み出し方になります。

そのことを念頭に置いて、この制度について理解してください。

このシステムは、銀行の頂点である連邦準備制度関係しておこなっています。すなわち、資金は、銀行の頂点である連邦準備制度によって生み出されているということになります。

この資金の属性は、銀行のお金ということになります。

ですから、企業育成資金のことを人によっては、どこか怪しいお金ではないかと疑っている人もなかにはいるようですが、このお金こそ、銀行の頂点が生み出しているお金になりますので、この制度が怪しいということを話し始めたら、地球上に存在するお金は、すべて怪しいということいになります。

筆者もほぼ毎日のように、この資金についての説明を求められて、説明していますが、この制度を怪しい資金だと思っている人に言いたいのですが、あなたの使っているお金もすべて銀行券です。銀行券を発行している頂点が生み出している資金が怪しいという話をすれば、銀行券自体の制度が怪しいという話になります。それを言い出したら、この制度が怪しいという話をするならば、世界の銀行システムすべてをやり直す必要があります。

という話をすれば、わかると思いますが、企業育成資金についての制度に疑問や怪しさを感じる人は、銀行システム全体を疑っているのと同じことです。

銀行システムがただしい資本主義社会であるのか?ということを論議してくると、数百年さかのぼり、銀行制度がなかった時代までもどり、根本的な金融システムについて再考する必要が出てくる話です。

すなわち、そんなこと可能ではないはなしですから、考えるだけ無駄ということになります。企業育成資金の仕組みは、銀行システムの根幹であるということを知らなければいけません。銀行の金利をとってカネを貸すという制度で資金を市場に出しています。ここで、疑問に思ってください。金利をとるということは、銀行券を発行している銀行が、銀行券を回収する際に、資金を出した金額よりも多くの資金を回収するという話になります。たとえば、100万円の資金を出して、金利10%で1年後、返済する資金は、110万円になります。10万円多い目に銀行に利子をつけて返済しなければなりません。これは、銀行の利益ですが、ここで疑問におもわなければなりません。銀行券は、銀行が発行しているのですが、資金が、もし貸し出しということで、クレジットだけ資金が流通するということになれば、金利分の資金が不足しますよね。それじゃあ、金利分の資金が不足したまま、市場に資金が流通していれば、完全に資金不足が起こります。この原理が理解できますか?

すなわち、資金不足が起こるのは、金利をとって資金を貸し出す銀行の利子の仕組みに原因があります。すなわち、利子を取って銀行が銀行券(資金)を貸し出すということ自体が、本当は矛盾があるのです。しかし、その制度について、だれも疑問に思いません。ですから、日本の借金問題が解決しないのです。銀行は、表向き、利子を取って銀行券(資金)貸し出しているのです。しかし、それでは、永遠と市場から利子分の銀行券(資金)が不足していくことになります。

普通の銀行は資金を貸し出しする以外、資金の出し方がありません。日本にある中央銀行でも同じことです。

しかし、この矛盾を是正するために、銀行システムの頂点である連邦準備制度だけは、PPPという名目で運用した資金(銀行券)に関しては、借金を伴わない資金を提供するモデルが存在するのです。

これは、銀行システムにおける利子をとって銀行券を貸し出しするという制度の矛盾を是正する仕組みということになります。この部分に気付かなければいけません。

銀行で働いている人でもそのことに気付いていません。
銀行は利子を取ってカネを貸すだけだと思いこんでいます。

それは、日本にある銀行のすべてが、連邦準備制度という銀行の頂点(ボス)から見れば、末端の子分でしかないからです。子分として働いている末端の銀行マンは、ピラミッド構造の頂点にいる親分が何をしているかを全く知らないということが言えます。頂点にいる親分は、銀行システムにおける利子をとって資金を貸し出しするという資金不足になる矛盾を是正するために、PPPをおこなって、借金を伴わない銀行券を配っているのです。

このことが、企業育成資金という名称で日本では募集しているのです。外国では、PPPという表現で募集しています。

この制度がわからずして、資本主義経済の発展などありえないのです。

日本の失われた30年という話は、すべて、この制度に対しての知恵不足が原因して、国家の衰退を招いたといえます。

銀行の頂点というのは、資本主義社会の頂点でもあります。そこがおこなっている案件ですから、政府は、銀行システムのなかで作られたという歴史を知るべきです。銀行システムの頂点は、政府の上位組織になるということが理解できれば、世界の構造が理解できるでしょう。

何を言いたいかといえば、政府がそんなことをしても、許すのか?など、意味不明な質問をする人はいますが、そんな人に言いたいのですが、ここ200年の近代史、銀行の歴史と、資本主義社会の成り立ちということをしっかり勉強してください。間違った常識のなかで洗脳されています。ある意味、銀行家が考えた資本主義社会が根付いているということがいえるのかもしれませんが、銀行システムと資本主義社会には、社会構造という仕組みがあるわけですから、勝ち組になる攻略法は、当然、仕組みを理解すれば、攻略法があるわけです。

結論から言って、日本が資本主義社会で負けてきている理由は、攻略法を知らずして、真面目に働くことでなんとかしようとする無知な行動をおこなっているからです。
銀行システムも、資本主義社会も人が考えて作った仕組みです。当然、その仕組には、ルールが有り、攻略法もあります。テレビゲームで攻略法をしるために、攻略本が売られており、昔はやりましたが、このブログで伝えていることは、銀行システムと資本主義社会における攻略法について説明しているのです。これは、政府には直接関与させないという民間人が気付いたときに、攻略できる資本主義社会の構造を銀行システムが作っていることを知るべきです。知らずして負けている日本を見て憂いの気持ちでいっぱいです。正直者はバカを見る、というのは、日本の自称、常識人のことを指しているということになります。

非常識に思う制度が、これが。銀行システムと資本主義社会の攻略法です。
すなわち、悩まず、企業育成資金を活用できる立場の人は、使いなさい。 ということです。これが、銀行システムと資本主義社会の勝ち組になるための方法です。

 

企業育成機構@MSA総合研究所より

日本の借金問題は、政府の借金問題であって、国民の借金問題ではない。解決策は、企業育成資金のみ

最近は、政治の動きは、給付金を政府が出す政策のみを強調して選挙活動をおこなっていますが、現実問題、いまのような政策がいつまでできるのかという疑問も感じます。

政府の借金問題を放置して、借金を増やすことすれば、結論、中央銀行が資金の提供をやめるということを言い出せば、政府は緊縮財政を余儀なくされます。中央銀行からの借り入れを増やすているのが今の日本の政策であります。政府の借金問題は、国民の借金問題とは、違うといえます。今、問題になっているのは、政府の借金問題です。

政府は、国民から税収を徴収することができますが、借り入れを増やせば、当然、増税をするか、政府の固定費削減ということで、人件費、固定費の削減を余儀なくされます。

今の借金は、未来の問題ですから、未来の人が解決したらいいということでは、政府の借金も題は解決できません。その問題を解決するには、民間が借金を伴わない資金を流通させる以外方法がないということになります。
それが、PPPによる資金調達、すなわち、企業育成資金によって、資金を調達してその資金を市場で使うことで、国家の税収として回収できる仕組みになれば、国家財政はたすかることになります。

市場で流通している資金の大半がクレジットマネー(借金としての資金)であることで、この現状でデフレ傾向からの脱却が難しいと言えます。また、今、円安傾向になっていますので、日本の名目的GDPは、ますます小さくなっていっています。世界はドル建てで考えて計算しています。

国力の衰退が著しいといえます。そのような中で資金、借金を伴わない資金の流通、PPP運用より資金を調達する制度、企業育成資金を活用することで、国家の救済に繋がります。

政府の借金問題の解決方法は、民間財源であるPPPによる企業育成資金をどんどん導入する以外方法がありません。

資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業経営者が企業育成資金を活用することで政府の借金問題を解決する手段をあたえることになります。豊かな国民生活を営む上で、この制度の理解をすることが重要です。

企業育成機構@MSA総合研究所より