実話!MSA協定第5条、財政法第44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ ー MSA総合研究所

外貨獲得の方法について

日本の経済を支えるには、かつては、加工貿易と貿易立国、そして、国連におけるMSA援助を活用して日本経済を成長させてきました。

日本国内で、国の借金とならずに通貨流通量を増やす方法は、MSA支援による世界銀行から資金調達、または、加工貿易を行い外貨を獲得する。現在においては、観光客誘致によるインバウンドによる収入、いずれにしろ、外貨を獲得することが、国内の通貨流通量の決め手になります。日銀で国債を発行して通貨を流通させる方法はありますが、これは、国債の償還をおこなうという借金返済をする苦労があります。

一般会計の財源を圧迫している大きな原因が国債の償還するための費用負担が国家予算の30%にも達しています。これでは、財政圧迫もひどいもので、財政補填をするために国債を発行して補っていれば、永遠に国の借金を減らすことができず、プライマリーバランスの改善にはつながりません。

 

その問題を解消するには、手っ取り早い方法は、加工貿易をして、必死に外貨を稼ぐことや、インバウンドで外国人観光客が外貨をもってきて日本国内で消費することだけを考えるのではなく、国連と100年間契約しているMSA支援を最大限に活用すべきだと思います。

MSA支援は、民間向けの支援金ですが、これは、米ドルやユーロで運用されたMSA資金を日本円に両替することで、日本円の通貨流通量を増やします。

また、この資金については、実行まで長時間待たせないということも決まっており、規定を満たせば即実行できる資金です。面接から資金実行まで72時間以内の処理ときまっていますので、面談を受けて3日で手続き、資金実行が完了します。

いずれにしろ、日本の民間向けにMSA協定における国連支援が続いているということが関係者が理解できれば、国の通貨流通賞を増やし、国家財政の改善、および、景気に刺激するためにも重要な案件になります。