【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産を深く理解すれば世界情勢の変化が自ずと見えてくる。

歴史的資産を深く理解すれば世界情勢の変化が自ずと見えてくる。

 

世界情勢を理解する上で、結論、通貨発行の権利についての覇権争いというのが、世界情勢で最も影響が出ることだと言えます。外交交渉などを見ていると、そのことがよく理解できます。世界の構図はどうなっているのか?

 

そのことを知るには、「歴史的資産」における世界最大のゴールド AU準備銀行(非公開)のゴールドの担保をどの組織が使うかということが、世界を動かす力になっていると言えます。人類最大の高額資産である「歴史的資産」は、その資産を作り上げるためには、1億人以上の尊い命が亡くなり、できた資産とも言われています。つまり、第一次世界大戦第二次世界大戦に関する戦争資産ということになります。

 

この歴史的資産によって生じた資金は、ゴールドクレジットとして、世界で最も価値(裏付け)がある通貨として流通することになります。現在、世界には、無数の暗号資産

つまり、デジタル化された資金がブロックチェーン技術を用いて流通していますが、暗号資産に関していえば、この暗号資産の裏付けは、100%でゴールドで担保された通貨というものは、世界にはたった一つしか存在しません。

 

筆者も世界各国の政府と交渉するようになってわかったことは、新しい暗号資産通貨についての提案が世界各国の政府に対して行われているということがわかりました。歴史的資産に関するデジタル通貨、つまり、Au準備銀行(非公開)に担保されたデジタル通貨を発行できるのは、Au準備銀行の16の企業体グループのみです。このことについては、デジタル通貨や、仮想通貨などの世界でビジネスをしている人でも全く知らない事実になります。

 

筆者の現在の仕事は、Au準備銀行の傘下企業であるMete財団の公式メンバーであり、世界で唯一、デジタル通貨として基軸通貨の条件を満たす100%ゴールドに担保されたデジタル通貨で、同時に、米国国債を通貨としてMeteデジタル通貨として発行しているアフロユーラシアセントラルバンク(独立した新しい世界通貨を発行する中央銀行)の業務を行なっています。デジタル通貨の世界になり、このデジタル通貨に関しては、完全に他の仮想通貨システムや、従来の中央銀行システムとは、切り離した中央銀行システムということになり、他とは交わらない独自の仕組みと言えます。この仕組みが、今後、世界の政府支援をするための資金を提供する仕組みとして、仕組みを構築しています。

 

つまり、通貨の世界というのは、担保価値がどのようにして提供されるかということが重要になります。Mete通貨では、ゴールドの担保力⇒クレジット発行⇒米国債を購入⇒米国債を通貨として、世界の政府通貨として流通する。米国債の担保力を各国に提供することで、各国政府は、自国通貨も発行することができる。つまり、新しい外貨準備高という概念は、新しい国債を外国債準備高として置き換えるという概念になります。

 

最近日本政府の決定で、日本は、外貨建ての国債を発行して資金調達をするという法案が通ったということがニュースになっていますが、日本円での資金調達以外に、外貨建日本政府国債ということを言うと、なぜ、日本がそんなことをするのか?ということを疑問に思うかもしれませんが、これは、中央銀行システムの担保価値へ概念が変わるということになります。つまり、ゴールドクレジットは、米国債を買い上げ、米国債が世界共通通貨になるということで、ゴールドに100%担保された通貨というのは、米国債通貨以外存在しなくなります。そうなれば、米国債通貨を活用して、外貨準備高⇒外債準備高として、国家の資産を保全するということをしなければ、正直、このままでは日本円の価値が保全されなくなります。この意味は重要になります。つまり、日本にとって重要なことは、今までは、歴史的資産による配当金により、日本国は米ドルで作られた資金をスワップして日本円で保有するこことで、日本はゴールドクレジットとして通貨価値を保全していましたが、これからの時代は、旧来の中央銀行システムに対して、ゴールドクレジットは支援をやめていくとなれば、政府は、自国の通貨価値を保つには、当然、ゴールドクレジットをもった通貨(外貨)の調達をしなければ、価値の保全ができなくなります。よって、将来的には外貨建て日本国債の必要性が出てきます。

 

このことは、世界的な流れの変化、つまり、グレートリセットの定義がどうなっているかを理解しなければ、意味を理解することができません。

 

これを理解するには、歴史的資産に関するAu準備銀行(非公開)の管理グループ(プライベートクラブ)の経営方針が世界の通貨システムを大きく動かすということになります。それだけ、歴史的資産によるゴールド担保力の影響は大きいということになります。

 

グレートリセットの定義を理解するには、歴史的資産における管理グループのゴールドクレジットを使った通貨システムの管理システムがどの部分を担保するかで、全く違う構造になるということを理解する必要があります。

この仕組みが理解できれば、これからの通貨システムについて、見えて来るようになります。同時に、世界の政治的動向を予想するには、世界は通貨発行権への国際秩序を守る動きと、その覇権争いということが理解できます。





***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中

※ 割引ゴールドローリング取引 PPP案件

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

※ 国連加盟国限定 国家政府の支援プログラム 加盟国募集 Meteプログラム 加盟国特典 100億ドル人道的支援ー返還不要資金のプログラムあり 国家政府のみ支援します。

**************



 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。