この制度を阻害する行為は違法

MSA資金の産業補助金制度がなぜ、これだけひどい噂が流れ、活用されない状況になったか。

その原因について考えて行きたいと思います。

やはり、大きな資金が動く仕組みがあることから、その話にからませて、金銭を儲けようとする連中がいること、その手法は、受託者に対することもありますが、最近は、仲介者に対して騙しの手口が増えているということです。よくあるバターンは、この資金の特徴は、受託者に大きな補助金が出るのですが、それを仲介した方にも仲介料が支払われる制度があります。仲介者に対して支払われる手数料話で、デタラメな話をして、金銭を借り受ける人がかなり多いと聞きます。「来週、大きな手数料が動きますので、今○○万円用立ててくれれば、来週には、数倍にして返します。もう、○○会社の社長と話がついています。」と言って、金を貸してくれそうな人に話しかけて回っているという話を聞きます。また、借金がある人が、「償還制度って知っていますか?この制度は、大きな仲介料が入るので、私も相当人脈があります。○○大臣、業界の大物○○氏が今回の件で動いています。資金は来週にも動きますので、その時は、多い目に返済します。」など話して、周囲の関係ない人を巻き込んで、デタラメの話をしている手法があるようです。

 

  • 偉い人の名前を使いながら、いかにも真実のような話をする手法も多いようです。
  • この制度の話をして、金を貸してほしい、金の返す手段にするという話を始めたら注意が必要です。

 

基本的には、大きな資金が動くという魅力的な部分を話に引き出し、それで金集めをしている悪い人たちがいることで、この制度に関係ない人たちも被害にあっているということが、この制度が良くない噂がたつ原因です。

 

人の心理は、大きな資金の話をすれば、そのことに意識が集中します。心が揺らいだ瞬間に、小さい資金を短期間貸してほしいという話をします。それくらいの金額なら、ちょっと貸してもいいか・・と思わせ、それで、金を引き出そうとします。

すべてのパターンは一緒です。

 

※大きなお金の話を持ち出され(儲け話)、小さい金の請求をされる場合は、注意が必要です。

 

あとは、この制度を理解していないマスコミ、ジャーナリストが、独自ルートの取材と称して間違った情報を世間に流していることが、そのことを助長しています。

 

すなわち、そのようなことをすることは、日本の成長を止める「反日勢力」という位置づけになります。

 

周囲から様々な声を聞きます。

確かにこのような違法行為について調べる国家組織は存在します。国に対する反逆行為に当たる場合には、法的に罰せられます。

 

MSA協定にも記載されていますが、MSA資金は、第三者から影響の受けない形で隔離して保管され、この資金が動くことを誰からも阻害されてはならない。となっています。

すなわち、阻害する行為は、違法行為になります。

日本の成長は、そのような事を行う人物により阻害されている現実があります。そのような違法行為を排除することによって、日本の成長が取り戻せます!