最大の危機が到来したときは、周囲の意見より、自分の直感を信じて行動するべき

まさに、千載一遇のチャンスといえる時期になりました。すなわち、通貨の大放出をする事になったのです。日本は、長年のデフレ傾向で成長戦略を取れなかったのですが、コロナショックの危機を救済するという理由で、日本の簿外資金を最大限に動かす動きになっています。

 

すなわち、筆者が3年近く書いてきたブログの内容を信じる人は、大きな資金を手に入れるチャンスを得るが、信じないで近づかなった人は、得るものがなかったということになるだけです。

 

表面的な支援は、個人給付金・持続可能給付金・家賃保証・学生向け救済処置など少額のものが多いですが、東証一部企業に向けては、償還制度を活用して、通常絶対行えない資本金レベルの企業への資金提供を準備しています。また、銀行、信用金庫に対しても、政府のバックアップ体制を行いながら償還制度を活用するように奨励するという動きもあります。

 

また、この仕事に関わる人にとっても非常にチャンスが到来していると言えます。経済危機で疲弊している社会は資金を必要としており、また、政府も後押しするという中で、償還制度を活用した補助金を給付するためのお手伝いをする仕事は、非常に動きやすい環境になっています。

このような非常事態における資金開放は、何十年に一度の機会を迎えています。

 

たとえは、悪いですが、東京大空襲が終わった後に、多くの土地が焼け野原になり、所有者不明になった時、戦後すぐに都心部の土地にロープを張って、ここは、自分の土地だ と主張した人が後に地価が上昇して大きな財産を手に入れたという話を聞いたことがないでしょうか?たとえは、悪いかもしれませんが、非常事態のときは、自ら主張したものに有利に私財を得る機会になります。

 

この制度もそうです。償還制度も普段は、タブーに考えて居た人も、こんな時期だから、周囲の株主、取締役のことを考えて、調整する手間を考えて距離を置く経営者も多いが、こんな緊急事態のときは、細かい事を考えていたら生き残れない。ちょっと、未知の世界の制度だが、飛び込んで資金に申し込んでみよう!と考えれば、国から予想外の資金が提供されたという話になります。実際に、その動きは出ています。

 

ちょっとした決断で、後々、あの時、飛び込んだ結果、事態が好転したということになるのです。

ここは、貴方の心からの囁きをきちんと聞くようにしてください。予感を感じるのであれば、行動するのが、危機管理にとって一番重要です。

 

周囲の声を聞きすぎる、一般的な常識の固定概念など、一番失敗する原因になります。重要なのは、どう生き抜くかの心の声を聞いてアクションを起こすことです。