実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成資金で注意しなければならないこと、それは、どんな人を付き合っているかが重要になる。

f:id:shoukan:20211111234451j:plain


□企業育成資金で注意しなければならないこと、それは、どんな人を付き合っているかが重要になる。

企業育成資金の申請業務で常に気をつけていることはあります。この案件は、非常に大きな資金を動かす案件になりますので、大きなお金には、いろんな人が集まってきます。金の魅力という威力かと思います。

しかし、これは、資本主義経済の発展をするために、必要な財源を提供する案件であり、社会的に間違った方向に使われては絶対に許されないという資金でもあります。

そのために、申請者の周辺調査は、かならず行われます。そこで、仲介者や紹介者の中で、本部の認識で問題がある人物との付き合いがあるということが判明した時点で、企業育成資金の申請は、絶対にできなくなります。

実際に、そのようなことはよく起こります。申請したいとおもって、たまたま知り合った人が、そのような指定されている方と知らずに、その人の言葉を信じて、企業育成資金を申請したとします。だれが、仲介しているのかということを本部で調べて、その結果、反社会体制や、壊し屋や反対勢力、などの悪質ブローカーとの関わりが判明した場合には、一度でも判明した場合は、その経営者だけでなく、永遠とその企業の代表者が申請できなくなる場合があります。

よって、どんな人との出会いで企業育成資金と出会うかが重要なことになります。

一度、本部の方でNGとなってしまえば、永遠とその企業の代表者が誰に変わっても申請できないということになりますので、本案件は、人の付き合いには、注意が必要です。


企業育成機構
MSA総合研究所より