実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

国際金融における特殊制度について理解が必要である。

□国際金融における特殊制度について理解が必要である。

企業育成資金とPPPプラットフォームについて話を書いています。

企業育成資金は、PPPプラットフォームがあるので、資金提供が可能であるという説明

をしています。

毎日、PPPについて書いていますが、PPPプラットフォームを提供しているのは、欧州には何箇所か存在しております。それぞれのPPPプラットフォームを提供している組織が、いろいろな条件でPPPのサービスを提供しています。

非公開で募集はされていますが、PPPについて理解が深まれば、欧州には、PPPプラットフォーム提供する組織が何箇所か存在しており、それぞれPPPについての条件を決めて募集していることになります。

PPP運用会社が欧州には数社存在するということを知ってください。
すなわち、これは、金融サービスにおける特殊金融商品といえます。

この制度がなければ、資金が生み出すことができません。世界経済がなぜ発展しているのか?それは、PPPをつかって資金を増やしていることが原因しています。日本は、欧州のPPP関係者から言わせれば、「日本は、PPPについては、後進国だ」と言われています。この企業育成資金の制度についても、間違った認識をしている人があまりの多く、その誤解があることで、日本の導入が遅れています。

PPPについてのプラットフォームの存在については、日本では明らかにされてこなかったために、不思議な制度があるということになるのですが、PPP先進国の欧州の国々のトップレベルの経営者にとっては、その世界については、語らずでも知っている世界になります。

やはり、日本のPPP後進国と言われる認識の低さを改善するには、これは、啓蒙活動を続ける以外、道がないです。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より