実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

バンク 銀行の歴史となぜバンクが発展したかということを知れば PPP におけるプラットフォームという意味が1秒で理解できます。

プラットホーム
一般の外来語としては、鉄道駅などで車両を横付けして人の乗り降りや荷の積み下ろしを行う土台状の設備を指すことが多い。この意味では通常「プラットホーム」あるいは略して「ホーム」と表記されるが、ITの分野では英語の原音に近い「プラットフォーム」表記が好まれる。

 

ーーーー

 

今日はひとつ面白い話をしたいと思います。

PPP と言われている Private placement プログラムを運営している組織のことをプラットフォームと言います。

 

なぜプラットフォームというのかという話をしたいと思います。

 

これは色々な語源があります。

 

銀行というのはバンクと言いますがその語源はどこにあるのでしょうか。

 

ーーーーー

bankとは
意味・読み方・使い方
bank
/ bˈæŋk / (米国英語)/ bɔŋk / (南部アメリカ英語)
主な意味 英会話で使う
(川・湖などの)土手,堤防,(小道・畑の境界となる)土手,土盛り,(丘などの)斜面,坂,川岸,川の両岸,川沿い地,(土手のように)積み重なったもの
変形一覧

ーーー

バンクといえば日本では銀行という意味になりますが英語の意味では土手や堤防という意味になります。

なぜそのような単語が銀行という意味になったのかと言うとこれは昔のユダヤ人の商法に関係しています。

ユダヤ人は港の端っこにある土手や堤防の所に集まって船から降ろされてくる荷物の貿易を行う際の金貸しをしていました。

商品には物の価値はありますがそれをすぐに現金化するということになればしばらくの間誰かが現金でそのものを買って立替なければいけません。

 

外国から船積みして持って来られたものに対して荷主はその商品を降ろすにあたってすぐに現金が欲しいということになります。

 

しかし商品を市場で売らない限り現金は仲買人には手に入りません。

その時に港の端っこにある土手や堤防にいるユダヤ人の金貸し商人が現金を建て替えます。

それによって仲買人は市場で短期間で商品を売りさばき現金をユダヤ人の金貸しの商人に返すということをしていました。

 

貿易における取引はほとんどがアセットバッグ 現物取引ですが 短期間でキャッシュバック 現金での支払いが困難になる時に高金利で金貸しをするというのがユダヤ人の商法でした。

すなわちその金貸しをするという人たちがいた場所が港の端っこにあるバンク すなわち土手や堤防にいましたので彼らのことをバンクと読んだことが銀行の始まりでした。

 

港の荷物を降ろす場所のことをプラットフォームと言います。

すなわち金貸し商人が貿易取引をする際に商品代金を現金で高金利で建て替えるという場所がプラットホームということになりますので現在における Private placement program の運用会社はプラットフォームと呼ばれています。

 

すなわち貿易取引における港での短期間の金貸しをするという商売がプラットホームというわけです。

この金利が短期で大きいので利益が上がるという概念が PPP の巨額な利益が上がる基本となります。

 

もう一度言いますと貿易取引をする際に港で荷物を降ろして船の荷主はすぐに現金をもらって船を出航させたいと思います。

仲買人の商人は商品が売れないと現金が手に入りません。

その短期間の資金を融通するのがユダヤ人の金貸し商人のビジネスモデルでしたので彼らが湊の土手や堤防にいたことで彼らのことをさしてバンクと呼ばれていたのが銀行の語源であります。

 

荷物をおろすところで作業をしていたのでプラットフォームで行われるバンクの仕事ということでこの取引の事を行っている組織をプラットフォームと呼びます。

 

PPP というのは貿易におけるアセットバックとキャッシュバックの短期間の高金利金貸しによってえられる利益を PPP 運用と呼ばれています。

 

すなわち誰でも知っているバンクという本当の意味を知ればこの PPP における利益が出る手法プラットフォームで行われていたことが理解ができます。

 

ちなみに銀行がたくさんある場所のことをウォールストリートと呼ばれていますがそれはバンクと言われているユダヤ人金貸し商人が雨が降った時には雨宿りをしながら港の壁側に並んで建っていたことでそのことを呼んでバンクがたくさん並んでいる場所はウォールストリートとなったということです。

 

PPP に出資するということはすなわちバンクがプラットフォームで短期金貸しをするための資金を提供するということで高利回りの資金調達が短期でできるということが語源になっています。

 

このことを知れば銀行というものはなぜ生まれたのかというのは貿易をする際に現物である商品を輸出国で荷卸しする際にすぐに現金を支払わなければ荷主は商品を渡しません。

仲買人の商人は商品を販売しない限り現金は手に入りませんので荷主に対して支払いがすぐ出来ません。

その間の短期間の貸付をするのがユダヤ人の金貸し商人のするビジネスモデルであって彼らがいた場所が港の端っこにあった土手や堤防でしたので彼らを称してバンクと呼びました。

船から荷物を降ろしそして仲買人がそれを買っていく場所というのがプラットフォームでしたからプラットフォームで高い金利を取って利益をあげたのがユダヤ金貸し商人のビジネスモデルでしたのでそれを行う人たちをプラットホームと呼びました。

 

よってバンクとプラットホームということは一連の作業として短期間で金利を稼ぐビジネスモデルだったということになります。

 

これが PPP における高金利で利益が上がるビジネスモデルであります。

そこに出資をするのが PPP ということになりこれは仲間内で資金を調達するということなので私募債における資金調達という風になります。

 

日本の金融機関の人はほとんどこの事実は知りません。

銀行で働いていてもこのような過去の歴史についてほとんどの方は認識をしていないのではないでしょうか。

銀行というものは元々はプラットフォームで仕事をするということが銀行バンクですから PPP が行なっていることを否定的に言うのであれば銀行の歴史を全て否定しているのと同じです。

 

これは産業革命が発展したイギリスでまずは発展した話です。

すなわちイギリスは植民地における貿易取引が活発でしたのでそのような貿易における短期貸付が非常に活発になったことで銀行業すなわち港にいるユダヤ人金貸しのビジネスすなわちバンクと言われた人たちが大きく発展したことになります。

 

それが現在における世界の金融の中心を担っているわけです。

企業育成機構 MSA 総合研究所より