実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の本当の話は、G7における貿易決済のおける収益の一部をキャッシュバックされたものである。

□企業育成資金の本当の話は、G7における貿易決済のおける収益の一部をキャッシュバックされたものである。


PPPについて、理解しなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない言えます。すなわち企業育成資金の財源は、PPPによって生み出された資金であるからです。

PPPというのは、先進7ヶ国(G7)の国の国際貿易を金融面で支える資金をバンクが提供しているということになります。貿易は、国際決済、国際金融というものが関係してきます。貿易の基本は、モノとカネとの交換ということになります。それが基本になります。特に国際取引では、モノとカネの交換をする際に、中間にバイヤーが入って貿易をする場合がおおいために、貿易における立替金というものが必ず必要になります。貿易決済の場合は、B/Lを発行して渡すと同時に資金のやり取りが発生します。そのために、その商品が売れるまでの資金回収をする間の中短期の資金の貸付をバンクに依頼をします。中短期で貿易をする際に、現金が必要になります。それを支援するのが、プラットフォームの仕組みです。プラットフォームは、資金を貸し出し、そこで貿易決済における支援を行います。また、貿易決済を支援するプラットフォームに対して出資する人と資金者といいます。資金者は、プラットフォームの提供する出資案件に対して、投資プログラムを考えて、私募債を購入します。資金者は、私募債を購入することで、プラットフォームが提要する案件、すなわちバンク(銀行)が資金を貸し出し、利益をえる金利から一部をキャッシュバックを受けることで、PPPにおける出資者である資金者は、バンクからキャッシュバックをうけるという仕組みになります。

これが、PPPに関する説明になります。すなわち、国際取引を行う際に、決済おいて必要になる国際金融サービスを行うための出資者になることをPPPにおける資金者となるということになります。PPPのプラットフォームは、基本的には、G7の国を対象にして案件を行っています。
PPPの出資案件は、ドル建て、ユーロ建て、円建てで行われています。

そのことが分かれば、正直、この案件の資金というのは、ある意味、国際貿易決済における金利商売ででた収益をキャッシュバックをして、それをもう一度、社会のために資金を還流するする仕組みであることが理解できます。

PPPにおける出資者というのが、資金者なり、企業育成資金における資金者というのは、PPPによって得た収益を、日本の産業の発展のために、東証一部の100億円以上、銀行の代表権者に資金提供しているということになります。

この資金は、資金者と通じて資金は提供されますが、規約にもありますが、雇用を増やし、社会貢献をする(学校や病院)のために資金と使ってください。という一応の規約があります。

資金に関しては、私用目的で資金を使うことができ、その資金は、雇用の創出及び社会貢献事業(学校、病院など)の建設運営費用に使ってくださいということになります。

これらのことがわかれば、企業育成資金の制度は、これは、世界的に行われている先進7ヶ国(G7)における貿易決済をする際に発生する収益からその一部をキャッシュバックをすることで、社会の発展のために貢献する資金として活用くださいという意味になります。

 

今年は、12月15日が申し込み最終日です。それ以降は、来年の案件になります。欧米の銀行は、1月の第二週が開けてから動き出すということです。


企業育成機構
MSA総合研究所より