実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の制度というものはもともと償還制度と呼ばれています。

企業育成資金の制度というものはもともと償還制度と呼ばれています。

 

償還制度ということはこれは資金を借り受けてそれを返済するという意味です。

 

それはこれは金融機関から資金を調達して、それを PPP 運用によって運用益から返済するということをするのでこの資金を使ったご本人は返済義務が無いという案件です。

そのような仕組みがあります。

 

よってこの資金でよく言われるのが巨額な資金がどこかに積み上げているという話をされる人はいますがそれは嘘です。

 

申請者が資金者に話をして資金者が最高裁その他関係省庁と調整をして政府保証で金融機関から資金を調達する手配をすることが企業育成資金の財源になります。

 

調達した資金の半分はそのまま使いますが半分は残しておいてその半分の財源を PPP 運用することで1年以内にその資金を償還するすなわち金融機関から借りたお金を返済するということをしているのです。

 

ですから最高裁判所の方で返還不要であることを証明されます。

これは政府もこの財源を間接的に活用するということをしますので申請者である東証一部の資本金100億円以上及び銀行の代表権のある方日本国籍 が企業育成資金を申請するといえば資金者が中心となって政府の関係機関と調整し金融機関から資金を調達します。

 

よって申請と同時に銀行に行けば巨額な資金がもらえるというふうな話をする人がいると聞きますが、確かに多少の余剰資金があれば考慮される場合がありますが、基本的にはこれは申請者が出てきて初めて金融機関から資金を調達しますので10日から2週間はかかります。

 

政府保証で金融機関から資金調達をするので時間はかかるのは当然のことです。

 

そのことを知ってください。

ただこの仕組みを利用するには日本の基幹産業企業の代表者が民間プロジェクト資金として資金を調達すると言わない限り政府保証で資金調達をするという手続きができません。

 

ですから東証一部の資本金100億円以上及び銀行の代表権のある方日本国籍の方が対象となり申請していただかない限りは資金本部としては最高裁判所に話しかけ政府保証での資金調達を行うことができません。

この仕組みを利用すれば調達した資金を償還する際に PPP 運用をするので5倍から10倍の収益が出ますので運用すれば借りた資金よりも大きな運用益が生まれます。

 

すなわちこの案件はやればやるほど収益が上がるというモデルになるわけです。

 

収益が張った部分というのが政府の臨時収入として全州家財政投融資以外の部分での収入として国際貢献や人道的支援のために資金を活用しています。

この財源は一般的には財団法人などで管理し国庫には入れることはありませんので国民の目には全く止まりませんが政府と関係するようなところで税収には関係がない財源として活用されています。

 

このような臨時収入の仕組みがなければ常に財政投融資や全集だけで日本の財源が確保できるのかと言えば実際に毎年赤字国債を発行しており日本銀行も際限なく赤字国債を購入するという風になり正直今日本円の価値が世界から見て失われてきています。

 

よって異次元の金融緩和ということを話をされていますがこの仕組みには限界が近づいてきており日本はこれから非常に金融面で苦境に立たされるという風に予想できます。

 

この状況下で外貨収益を得るために重要なことは日本の企業育成資金すなわち FRB が関係する外貨運用である PPP から収益を得るモデルを行わない限り日本の財源確保及び外貨獲得には繋がりません。

 

この仕組みのことを理解した上で

企業育成資金の事を知らなければいけません。

 

よって東証一部の資本金100億円以上そして銀行の代表権のある方が企業育成資金に申し込むということは、これは日本円の安定にも繋がり国家の安定にもつながるための非常に重要な案件であると言うことを知らなければいけません。

 

 

この重要性が理解した上であなたがこの企業育成資金の案件を見た時に社会貢献度は大きいことに気づくでしょう。

 

同時にこの案件を推進した方で成功報酬になりますが大きな事業資金を手に入れる機会もあります。

 

すなわち国家にとっても国際貢献にとってもそしてこの案件に参加した人にとっても全てが有利に働く案件であります。

ですからこの案件の価値について筆者は説明しているのです。

 

MSA 総合研究所より

 

企業育成資金の申請業務は当ブログの連絡先までご連絡ください。

 

最短最速でこれ以上ショートカットしようがございませんのでこちらの方が対応いたします。

 

こちらに連絡していただければ面談の設定をいたしますので申請者ご自身が指定場所に足を運んで頂ければ面談から30分以内に申請者と資金者をつなぎます。

 

それで申請業務は受理されたことになります。