実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の企業育成資金の活用によって日本の国際貢献できる財源の確保につながる。

□日本の企業育成資金の活用によって日本の国際貢献できる財源の確保につながる。


日本政府は、世界に貢献するための財源を、結構な金額提供するという約束を世界でおこなっています。その財源は血税から捻出しているのでしょうか?

多くの方がそれに対して疑問に感じている人がいます。巨額な資金援助を歴代の首相が、対外援助に投じています。

しかし、特に税収も増えずに、どこからそんな財源が出てくるのか?と疑問に思うことがあります。政府と民間投資で○兆円、など普通に考えたできそうもない対外援助を約束します。

すなわち、第三の財源と言われる企業育成資金から臨時収入が関係しているということを理解しなければいけません。

企業育成資金は、無から有を生み出す仕組みです。政府補償ということで、国際的金融機関から資金調達をして、その資金の一部をPPPにより資金を運用して資金を増やす手続きをします。最近のPPPに関しては、ロールアップという爆速プログラムを実施して、40週間プログラムに入る手法で、資金を10倍に増やし、40週間でさらに10倍に増やすという、合計で100倍にもなるようなPPPが存在しています。長期運用をすれば、運用益は、数百倍にも膨れ上がる事ができる仕組みがあります。

特に1億ドル以上のPPPに関しては、ミラーリングできる仕組みがあるためにティアシートの案件も参加しやすくなっています。すなわち、PPPは、Swift MT799が必要なくても参加できる条件が1億ドル以上では割合簡単であるといえます。

さて、このようなしくみを利用すれば、資金は大きく確保できますが、これは、人道的支援や環境、産業、貧困、雇用促進など、社会に貢献することを条件に資金を民間プロジェクトに使う必要があります。よって、貧困問題や、発展途上国への支援、環境問題へのい支援は、PPPに関して資金調達した財源からも、資金を使ってもいいといえます。

PPPというのは、税収関する資金は、運用することができませんが、金融機関から調達した資金に関しては、PPPに活用することはできます。

すなわち、このような仕組みで資金調達をして、日本の見えない部分の財源確保と国際貢献を支援しているということがいえます。

この仕組を理解することが、日本国の国際貢献を果たすために重要な案件であることを理解する必要があります。

企業育成機構@MSA総合研究所より

 

 

f:id:shoukan:20220325130405j:plain