実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

東京だけでなく、関西へ、そして、各都市へセミナーを開催する機会を作って行く予定

□東京だけでなく、関西へ、そして、各都市へセミナーを開催する機会を作って行く予定


筆者の個人的な意見ですが、どうも関西方面から来る情報は、情報が混乱していている傾向が見られます。すなわち、企業育成資金については、東京で行われている作業でありますので、地方都市から、東京に情報が届くまで時間がかかり、同時に、いろんな人を介在することで、複雑化して、だめになっていると思われます。

すなわち、伝言ゲームでも1,2人ならば正しく情報が伝わりますが、遠方になり、多くの人を介在すれば、間違った情報が伝わる傾向があります。

やはり、遠くから来る情報は、どうしても多くの人を介在する可能性が高く、それでは間違った情報が伝わり誤解を招く結果を生み出しています。

今後の展開としては、筆者は普段は都心部にいますが、今後の展開としては、関西でも「企業育成資金とPPPの世界」というテーマで、セミナーを開催していきたいと思っています。

基本的には、筆者は、ブログを書き、そのテーマのセミナーを開いて、マーケティングをするという方法で常にビジネスを展開しています。

企業育成資金については、特殊な世界でありますが、仕組みがあります。よって、その仕組を理解するために、開設するセミナーを実施します

いずれにしろ、ブログとセミナーの組み合わせで、情報伝達をおこなっていきます。当然、このセミナーは、無料セミナーです。

やはり、セミナー会場でなければ伝えられない世界と話があります。
一般的情報に関しては、非公開ではなく、伝達をすることは問題ありません。これは法的にも問題のない話です。

企業育成機構@MSA総合研究所より