【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

PPPの世界的動きを知らなければ、世界経済の動きを予想できない。

□PPPの世界的動きを知らなければ、世界経済の動きを予想できない。

 

 

本日は、5月2日、企業育成資金のブログを毎日更新をしています。実は、国際情勢を知るには、PPPの世界を知ることが重要になります。すなわち、PPPとは、FRBのライセンスをもったトレーダーが運用ができるようになっています。しかし、米国との対立している国や、紛争地域などのへのPPPは、禁止されたり、排除されたりしています。

 

その情報は、米国や英国の貿易プラットフォームからの内部情報を仕入れなければ、なかなか真実を理解できません。

 

日本は、完全に西側諸国と同調しているので、欧米の仕組みでビジネスを組み立てなければ、うまくビジネスができないと言えます。それは、PPPの排除対象になっている国とビジネスをしているとPPPより資金調達が難しくなるからです。場合によっては、ファイルを拒否されるということになります。

 

これは、WHOの加盟とは関係ない動きであり、国際金融に対する規制は、G7国を中心としたFRB、すなわち、PPPの認可可能国によって、経済発展ができるかどうかを決められています。

 

FRBがPPPから排除するといえば、大きな外貨、「ドル、ユーロ」を獲得することができなくなり、国際貿易をおこなうための財源の確保、外貨準備を効率よくできなくなります。

 

これは、国際金融におけるビジネスにおいて、重要なことになります。この事実を知らずに、自由貿易だ、自由に商売をして、世界に取引をするという考えであれば、資金調達は難しくなります。

 

すなわち、中央銀行を管理しているFRBの方針によって、世界の経済はコントロールされていると言えます。日本は、G7の国であり、ICC(国際商業会議所の加盟国)西側と同調しているので、PPPからの資金調達は、できる国です。ただ、日本は、銀行業において欧米基準の作業を行わないために、多くの欧米のプラットフォームは、日本とPPPが難しくできないのですが、特殊なライセンス、ティア1(一級ライセンス)を有したPPPトレーダーのみが、日本の銀行でのPPPを可能にしています。これは、完全にライセンス制度といえます。

日本の企業育成資金に関しても、基本は、PPPによる資金運用により資金を確実に調達できるので、大きな資金を提供できると言えます。この制度を理解することが、日本の経済を支える重要なポイントになります。外貨獲得にとって重要な手段になります。PPPに関しては、ドル建て、ユーロ建てがベースです。

 

 

悪い円安の一番の原因は、貿易赤字、外貨流出による日本の価値の喪失です。この流れを変えることができるのは、特殊なこの制度について理解することが非常に重要になります。

 

知らないということで、日本経済は、他国と比べて発展できていないということを理解しなければなりません。

 

企業育成機構@MSA総合研究所より

Flag Counter