実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

本ブログの読者は、国内だけでなく、世界に広がる。本ブログで話している金融知識は、国内外のビジネスでも役立つ。

□本ブログの読者は、国内だけでなく、世界に広がる。本ブログで話している金融知識は、国内外のビジネスでも役立つ。

 

本ブログの読者にも日本だけでなく、海外居住の方からも、ご質問、ご連絡頂く機会があります。

 

企業育成資金については、日本国内だけの話になりますが、PPPに関することを言えば、日本だけの話ではありません。

 

特に、外国でビジネスをする際に、資金調達をする際に、日本ではあまり使われない資金調達の方法があります。これは、ブロックファンド Swift MT799を使った資金調達の方法です。確実に利益があがる取引において、資金調達を行うシーンで、ブロックファンドを使った資金調達の方法というのは、特に欧米系の銀行では、ICC(国際商工会議所:フランス)規約ということでの資金調達というのは、普通に行われることであり、特別なルールでもなんでもありません。

 

日本的に言えば、現金担保や、第三者担保を出してくださいということと同じです。

 

これは、国際ビジネスを行う上で、知らなければならない規約になります。

 

ですから、なにも、特別な話を、このブログで説明しているのでなく、世界では当たり前のように話していることが、日本では馴染みがないということがいえます。

 

日本の企業育成資金の基本的概念は、不動産担保ローンと同じ仕組みで資金調達していると言えば、理解しやすいです。

 

不動産担保ローンというのは、不動産の実売価格の80%

程度の価値に対して、不動産を担保に入れることで、銀行が資金を貸し付けるというローンのことです。

 

企業育成資金も日本の国土(不動産アセット)を担保として、資金を国際的金融機関から外貨調達してするということになりますので、不動産担保ローンと同じ意味です。

 

その返済に関しては、確実に返済できるように、米国FRBのライセンスをもったPPPトレーダーに依頼をして、PPP運用をすることで資金を調達して、それで資金の返済を行う。また、運用益は、調達資金以上に資金調達することができるので、それを余剰資金として、安全保障などの国家にとって必要な財源に活用するということになります。

 

すなわち、日本の国土利用による資金調達と運用して償還する仕組みを使えば、資金調達は、日本は十分行える仕組みを持っていることになります。

 

この仕組を活用して日本の復興をするというのが、てっとり早いやり方ということがいえます。

 

土地改革というのか、国土利用による資金調達の方法です。これが、昭和の時代に行われた償還制度の基本的概念です。

令和の時代も、国土利用の資金調達により、国家の復興財源を手に入れることが重要です。

 

企業育成機構@MSA総合研究所より