実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

暗い話の説明より、未来のある大阪万博の成功に向けて企業育成資金を活用してもらう説明をしたほうが良いと考える。

□暗い話の説明より、未来のある大阪万博の成功に向けて企業育成資金を活用してもらう説明をしたほうが良いと考える。

 

最近は、悪い円安の話ばかりしていますが、この原因について、解決するには、企業育成資金の活用件数を増やすことが大切であると、筆者は解いています。

 

さて、2025年といえば関西でビックイベントがあります。大阪万博が開催されます。万博参加企業に積極的に企業育成資金を活用いただき、日本の技術力を世界にアピールすることが重要だと考えています。

そういう点でも、大阪万博出展企業の企業経営者に企業育成資金を活用していただきたいと思います。筆者も、そういう点でも、企業育成資金について、関西万博を成功させるために案内することにも力を入れたい思います。大阪万博が1970年にありましたが、大盛況で、世界に日本をアピールすることができました。

 

正直、日本の国際的イベントは、資金が集まらず、世界的に見ても、非常に質素な感じがするというイメージを与えていますが、「日本、すごいじゃないか」という予算度外視で、行える万博を実現できればいいですね。それを現実化するには、企業育成資金の制度を活用して数十兆円の単位の投資をすることができれば、驚くような事ができるのではないかと思います。

 

企業育成資金の制度は、令和の時代の爆発的に活用件数を増やすことを目標としています。資金本部としても、条件が満たしている企業経営者様であれば、どんどん申請してくださいというスタンスです。

 

日本には、企業育成資金の制度がありますので、令和の大復興は可能です。あきらめないでください。それを伝えるのは、筆者の役目だと思っています。

 

MSA総合研究所より