実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。

□地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。

 

企業育成資金のセミナーをまた、開催しないのですか?という依頼がありますが、基本的には、セミナーの開催は不定期ですので、定期的に行うことは計画していません。

 

筆者も、多くの方に企業育成資金の説明を行っていますが、動ける人は、すぐに動けますが、動けない人にいくら説明をしても、行動に出ない人も多いので、筆者自信が動ける人とダイレクトにご案内したほうが、ビジネスを考えた上では効率的だと考えています。

 

これは、企業育成資金というのは、ビジネスとして捉えて、資金調達をすると考えてください。申請できる条件は、ごく一部の大企業の経営者と決まっていますが、条件を満たした経営者とともにビジネスを組み立てるということで本案件に取り組むことが重要です。ただ単にお金がでますから、どうですか?という話でなく、◯◯のビジネスや◯◯の企画に対して資金調達しますので、共同事業をしませんか?資金調達は、企業育成資金から調達できます。という共同ビジネスという概念で事業を展開することが重要だと思っています。特に地方再生をするための財源としては、この制度は、非常にいいのです。資金は、条件を満たした経営者以外申請できませんが、地域経済を牽引するべく人物とコラボしてビジネススキームを考えると思うと面白いことがいろいろできます。

 

筆者は、今後の展開としては、特に地方経済の活性化を支援するためのモデルをおこなうために支援事業として本案件を支援していきます。地方再生をするために、財源不足だということであれば、企業育成資金の資金調達のスキームは、地域社会に貢献します。

 

特に、衰退する地方再生ということで、この資金は、最後の砦といえます。借金を伴わない大型資金の調達というのは、この制度以外存在しません。

 

当研究所は、最短最速で企業育成資金の申請業務が可能です。

無料相談実施中。

 

MSA総合研究所より