【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。

□日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。

 

資本主義社会というのは、一体どのような構造になっているかを理解することが日本の復活のストーリーを描くことができます。

 

すなわち、日本の資本主義経済におけるピラミッド構造の頂点が、天皇家の金融システムによって行われています。そのことが理解できれば、本ブログで伝えていることが理解します。社会構造がピラミッド構造になっているということは、多くの人が理解していることです。しかし、日本における資本主義におけるピラミッドの頂点は、どこにあるのか?ということを考える方は少ないかと思います。

 

すなわち、その答えを知ることが、日本経済の復活のストーリーを描けるのです。日本の資本主義のピラミッド構造の頂点は、天皇家の金融システムということを理解してください。天皇家の金融システムから東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者に資金が流れ、そして、その資金が民間財源として資本主義社会のあらゆる財源として流れていくのです。

 

この仕組がイメージできることが重要です。

日本は資本主義社会の国家でありますが、日本における資本主義の頂点は、天皇家の金融システムであるということに気付いていません。天皇家の金融システムから資金を動かす仕組みは、日本のトップ経済人を経由して行うという事になっています。

 

これが、理解できれば、日本経済における資本主義のピラミッド構造が理解できると思います。

 

日本は資本主義国家であるということを学校でも教えますが、資本主義の頂点は、という質問に対して回答できる人は、どれだけいるでしょうか?日本の経済連のトップでもまともな回答ができないでしょう。資本主義と言うのは、資金を流す仕組みがあるので、持続可能な社会が継続できるのです。

 

資金を流す仕組みが、理解できないで、資金が流れることなく中断して、資金が循環しないで衰退しているのが、日本の現状です。

 

これが「失われた30年」を作り上げたきっかけです。

その問題を解決するには、日本の経済人には、資本主義というのは、どのような構造になっているかを学んでいただく以外方法がないです。

日本の衰退を招いた原因は、悪質者のブローカーの邪魔もありますが、もっと重要なことは、資本主義というのは、どこが頂点でどこから資金が流れ始めるかというピラミッド構造の仕組みに付いて理解できていないことが、日本経済の衰退の1番の原因です。

 

この仕組について理解できれば、非常に簡単に問題を解決することができます。すなわち、日本の資本主義の頂点は、天皇家の金融システムであるということです。それを動かすプロジェクトのことを「企業育成資金」という名称で説明しています。ここまでわかりやすく説明すれば、見えてきますよね。日本の本当の衰退の原因がどこにあるのか?

 

日本のトップ経済人の多くが、資本主義の頂点が何であるかを知らないので、その誤解が日本経済の崩壊を招いています。

 

やはり、この問題を解決するのは、教育以外ありません。ちょっとした教育で、日本の復活ができるのでから、この教育の重要性が理解できるでしょう。

 

MSA総合研究所より

 

Flag Counter