実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の仕組み説明は、今後セミナー中心に移行していきます。ブログは、地方創生、日本の再建計画についての話を書いていきたいと思います。 予算は、この仕組が一番あります。国家予算外資金を動かすことです。(平和維持活動資金)

企業育成資金の仕組み説明は、今後セミナー中心に移行していきます。ブログは、地方創生、日本の再建計画についての話を書いていきたいと思います。

予算は、この仕組が一番あります。国家予算外資金を動かすことです。(平和維持活動資金)

 

企業育成資金については、ブログで十分説明してきましたので、ブログでの仕組みの説明は、そろそろ終わりになります。

今後は、企業育成資金についての奥深い話はセミナー中心に切り替えていきます。セミナー参加者には、質疑応答をしながら企業育成資金、PPPについての詳細の話をします。

 

つまり、筆者の書いているブログを一通り目を通せば、だいたいのことが理解できます。あと、実際にセミナーに参加して、深く理解をすれば、企業育成資金の制度について自信をもって理解ができるようになると思います。

 

この金融システムは、債権とクレジットラインという世界が理解できなければ、説明することができない仕組みと言えます。

 

なぜ、大企業の東証プライム資本金300億円以上(2022年9月以降)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表者が企業育成資金から、多額の資金を返還不要資金としていただけるのかは、正直、理解出来ると思います。

 

すなわち、債権とクレジットラインになります。

ブレトンウッズ体制以降の金融システムを理解して、日本国の立場ということを理解すればすべての謎が晴れることでしょう。

ということで、この話は、日本国の成り立ちと金融システムの根幹といえる話です。正直、筆者も随分研究しましたが、学校では教えてくれない仕組みですが、ものすごく興味深い世界の話なります。

 

ただ、企業育成資金の仕組みを使って、日本の地方創生、インフラ強化、産業革命を起こしたいと思っていますので、そのような話について今後書いていきます。

 

お金は、債権とクレジットラインを利用すれば、資金を生み出すことができます。つまり、日本には日本を支えるオーナーが居る限り、日本は潰れることはありません。この仕組、正直すごい話です。日本国民は、自信をもって国造りできます。

 

http://msa.tokyo/