【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

新時代の金融システム「NESARA/GESARA」の量子金融システムに移行すれば、旧式脳の人類は自動的に消滅していく。現存する世界から超越する世界へ導くことができる新しい頭脳が必要である。

新時代の金融システム「NESARA/GESARA」の量子金融システムに移行すれば、旧式脳の人類は自動的に消滅していく。現存する世界から超越する世界へ導くことができる新しい頭脳が必要である。


日本の復活には、企業育成資金=PPP=割引債を利用した資金調達の手段が一番重要だと考えています。結論から言えば、世界の経済はどうやれば牽引できるか?それは、債券というものを発行して、世界の中枢となる部分がその債券を引き受ければ、世界に資金が流通することになります。その仕組は、政府にはなくFRBのライセンスを持ったPPPトレーダーによって、軍部の管理する世界ファンドにアクセスすることで、世界経済が回っているということが言えます。

つまり、世界の頂点の仕組みというのは、軍部によって管理されており、UN=世界連邦における軍部として組織されていくものが、ネサラ、ゲサラ(NESARA/GESARA)といわれる量子コンピューターに管理された金融システムに移行するということが、言われています。すなわち、これは、完全にゴールドに裏付けされたファンド、すなわち、PPPを支えるゴールドファンドが今後の世界を作っていくと言われています。

そのことが理解できなければ、社会システムがどうなっているのか?全く理解できない社会になると言えます。つまり、ブレトンウッズ体制でできた世界連邦の概念が現実化が近づいていると言えます。すなわち、統一社会への道筋がスタートしているということになります。

当ブログも、常に時代の流れとともに進化していると言えます。

つまり通貨発行権について、調べていくと、究極は、PPPとゴールドファンドという世界になり、それを管理する世界連邦軍?という存在に気づくようになります。地球連合軍?という名称が正しいのでしょうか?筆者はよくわかりませんが、そんなイメージになります。

世界の通貨コントロールをしている最終的な部分というのは、平和維持活動における安全保障を行う金融部門ということになります。これは、世界の金融システムを守る軍部とその金融部門ということになります。そのような存在があることがイメージできなければ、これからの時代について起こりうる世界の変化について理解することは、到底不可能でしょう。つまり、量子コンピューターシステムにおける金融管理システムというのは、世界の銀行債券、政府債券の裏付けを支えてきたゴールドファンドが、次は、すべて量子コンピューターによって管理されて、すべての資金が、金本位制度に裏付けされたお金として流通を開始するということになります。

世界中のどんな国の中央銀行、政府であれ、すべてが、債券を発行して資金を調達してきました。それが、PPPにおける割引債ということになります。それを一括管理していたのが、ブレトンウッズ体制下で作り上げたゴールドファンドの仕組みと世界連邦による構想ということになります。

つまり、世界は、複数の地域や複数の国家、複数の通貨が存在しています。しかし、それらを、一気まとめて共通通貨にすることは、難しいと言えます。つまり、世界共通通貨の構想が昔からあるが、現実化できていない理由は、どの通貨にベックして、通貨を流通サせるかということになります。

これは、既存の通貨では、無理と言えます。よって、世界のすべての資金の裏付けになるファンドから提供された新しい通貨システムを通じて、世界の主要通貨とベック制度を行えば、結論、世界共通通貨の構想が実現か可能になるということになります。

ある意味、量子コンピューターシステムにおける新金融政策の時代の幕開けが近いということが言えます。

その仕組について、米国連邦法で可決された噂されている「NESARA/GESARA」という法律です。

すなわち、国家、政府を超えたグローバルな共通金融システムによる管理体制が新基軸通貨を通して、旧来の通貨がベックされるという世界の話になります。

なかなか難しい話ということになりますが、都市伝説と言われる「NESARA/GESARA」の仕組みは、筆者も詳しくはないですが、世界の金融システムの頂点がなにかをイメージできれば、その構図については、理解できるようになります。

時代の変化についていける人は、これからどれくらいいるでしょうか?旧来の旧式脳ではこれからの量子金融システムの時代には、ついていけなくなり、消えていくでしょう。逆に、柔軟な脳をもち調子金融システムについて理解ができる経営者は、どんどん資金を調達することが可能になります。

そんな時代の変化が目前といわれていますが、本ブログの読者は、新時代にきっと対応できる人物として成長することは可能かと思っております。

日本私募プログラム研究会より

 

セミナーの申込みは、こちらのサイトから(無料セミナーです)

 

 

Flag Counter