【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。

 

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。

 

歴史的資産は、第一世界大戦、第二次世界大戦における戦争資産であり、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、IMF,世界銀行、国連における条約、憲章に登録された資産ということになる。

 

これは、定義です。

 

その歴史的思案を各国の元所有者、現在の保管している保有者へ資金を分配する制度が、「歴史的資産の償還プログラム」という仕組みで国連規定の指示書に従って行われている。日本の企業育成資金の仕組みも、「歴史的資産の償還プログラム」の一つである。

 

さて、歴史的資産の活用方法についても、国連規定を見れば、2017年にルールが大幅に代わり、資金の作り方は、世銀のブロックファンドを使った償還プログラムは、廃止され、2017年以降については、歴史的資産のゴールド300万トンで総額で65京ドルの金塊を担保に使ったゴールドクレジットから資金を生み出す方法に一本化されました。これは、米国国務省におけるUCC(統一商法)によって担保設定されたゴールドを使って、ゴールドクレジットを発行して、その資金を世界の復興開発、人道的支援のために、資金を分配する仕組みを行うことになっています。

 

Mete財団は、このプログラムに従って設立された財団であり、Mete財団の財源は、歴史的資産であるゴールド担保力が国際ブリッジ通貨(世界共通通貨)のプログラムを実現する財源として、活用されています。ゴールドクレジットといっても、そのゴールドを見ることができませんので、そのゴールドクレジットによって、米国財務省国債を購入することで、米国債を使った通貨を発行しています。これが、米国債通貨であるMete通貨となります。Meteの通貨システムを考案したのが、Meteの創立者であります。

なぜ、Meteが通常の仮想通貨(暗号資産)とは違うのか?たとえば、基軸通貨である米ドルや、ユーロと同じように歴史的資産のゴールドクレジットを使った資金の作り方をしています。つまり、ゴールドに担保された資金になります。日本円もゴールドクレジットになりますが、それは、米国で作られた米ドルゴールドクレジットを通貨スワップをして、日本円を発行していることから、日本円もゴールドによって担保された通貨ということになり、価値はゴールドに担保されていることになります。

 

通貨の仕組みについて深く理解するには、歴史的資産に担保された通貨であるのか、そうでないのかで価値が大きく変わります。つまり、通貨価値というのは、ゴールドクレジットによって担保された資金は、簡単にいえば、金本位制度によって生み出された資金と同じ意味があります。ただ、現在の通貨は、金との引き換え制度がないために、あなたの国の通貨は、これだけのゴールドに担保されているという保証と言う意味で、準備金が存在しています。



さて、Meteデジタル通貨については、ユーロ、ドルと同じような基軸通貨と同じゴールドクレジットによって担保された通貨であり、政府救済も含めて、そのゴールドクレジットを用いて、米国債を買い上げることで米国債を通貨としての価値として使っているところが非常に新しい発想になります。つまりこれは、歴史的な大改革といえる通貨制度であり、この仕組みは、政府国債を発行することは通貨発行権になるという仕組みになります。

さて、この仕組みが重要な点というのは、通貨価値の弱い国というのは、実際には、歴史的資産や、中央銀行保有するゴールドに直接的に担保されていない通貨が、普及している国ということになります。そのような国は、ユーロやドルなどの外貨を持つことで、自国通貨の価値を守ろうとします。その理由は、ドルやユーロは、歴史的資産によるゴールドクレジットによって担保されて生み出された資金だからです。つまり、金の担保力を有した通貨であるので、基軸通貨としての価値があり、基軸通貨(国際通貨)になるには、ゴールドに担保された通貨でなければ、いけないといえます。

 

実際に、Meteという通貨は、最強のデジタル通貨であり、新しい中央銀行システムとして、存在することができるかは、それは、歴史的資産といわれる300万トンのゴールドに100%担保された通貨であり、現在流通している基軸通貨であるドルやユーロと同じ仕組みで通貨を発行していることから、ゴールドクレジットを使って生み出しているMete通貨であるので、同等の価値があるといえる理由は、これは、担保になっているゴールドが、同じ歴史的資産から生み出されたゴールドクレジットだからです。

 

つまり、歴史的資産から生み出されたゴールドクレジットというのが、基軸通貨国債流通通貨)としての価値を生み出すと言えます。つまり、同じ歴史的資産から生み出されたゴールドクレジットによって作られた通貨は、その価値を保全していると言えます。

 

この仕組は、ブレトンウッズ会議の際に作られた歴史的資産の活用方法としての仕組みということになります。

 

つまり、ゴールドに担保された通貨は価値が保たれているという意味になり、通貨流通量を増やしても、ゴールドに担保されている通貨であれば、価格変動なく価値が固定レートで保たれているということになります。今、世界は変動相場になっている理由は、通貨の一部は、ゴールドによって担保されていますが、すべて100%ゴールに担保されていない通貨が流通しているので、外貨準備高とゴールドということで、通貨の価値を守ろうとしています。ただ、やはり、時代は変わったといえ、最終的に通貨の価値を保証できるのはゴールドということになり、どれだけのゴールド量によって担保された通貨が流通するかで、通貨の価値を保つことができます。

 

つまり、Mete通貨が世界最強の通貨であるという理由は、理由は唯一つ、世界最大で圧倒的なゴールド資産を有する「歴史的資産」に100%担保されたデジタル通貨であるので、国際ブリッジ通貨として、価値をたものつことができ、世界の現地通貨・法定通貨と固定レートで取引できる裏付けは、100%ゴールドに担保されたゴールドクレジットによる通貨であるからと言えます。つまり、米国債は、ゴールドクレジットによって購入された国債であるので、米国債の価値も保全されるということになります。

 

この意味が理解できますか

 

筆者は、Mete財団の公式メンバーとしてMeteシステムの説明を世界の国連加盟国の政府に対して行っていますが、事業計画では、発展途上国の通貨価値の弱い国からスタートして、G20,G7へと案内していく予定ですが、筆者自身が日本にも居ますので、日本国も、このゴールドクレジットを担保に発行した米国債通貨であるMeteの流通をすることによって、日本国内の経済力の底上げができないかを考えています。正直、地球上でこれ以上大きな担保力を有した通貨は存在しません。

 

その価値については知名度がまだ認識されていませんので、理解をされていませんが、これから50年の計画で、すべて世界は、ゴールドを担保にしたゴールドクレジットによる通貨を流通させることになりますので、この仕組みを早い目に導入して、ゴールドに担保された通貨の流通をおこなうことは、国家の発展にとって大きく貢献できる仕組みといえます。

 

このことを、理解できる国家のリーダーがいれば、日本も大きく発展できると言えます。

筆者は、ある意味、所得倍増計画日本列島改造論を新しく始めるための仕組み、Meteマネタリーシステムを持っています。これは、日本国にとっての貢献も可能ですが、国連加盟国全世界に対して同じ仕組みを提供できる仕事を行っています。





***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。