【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

地球上で最も重要なポイントである SRP について説明をする。

 

企業育成資金の制約件数が思うように伸びないという 一番の原因はこれを行っている 仲介者の人たちの中でモラルのレベルが低い人があまりにも多すぎるというのが一番の原因です。

 

つまり 本来は これは 世界の頂点の金融投資信託 モデルですから ある意味 このプライベートバンキングシステムのグループに入れるということは非常に名誉なことなんですけども 日本ではなぜか 悪質な人の話ということになっていますが。

実際のこと言えば全然関係ない人たちが この案件の話をしすぎていることが一番の原因です。

 

正直なことを言うと こういう資金の運用 っていうのは 米国のFRB とか スイスの UBS とか イギリスの HSBC とかそういう風な世界の一流銀行とも関係しており プライマリーバンク と関係をし運用を行う PPP プライベートプレイスメントプログラムによって L 資金ですから 究極 言えば 企業育成資金という話は世界最高峰の案件 金融投資信託の案件 といえば間違いないのです。

 

その財源を提供してくれてるのも ソブリン ロイヤル ポートフォリオ という SRP と言われているポートフォリオによって資金が提供されているのですけども この提供先というのは ヨーロッパの貴族 王族 そして アジアの王族となっています これ以上 すごい案件ないと思いませんか。

 

ある意味 この案件について いやいやとか色々言ってる人いますけどもある意味 地球の世界の頂点である人たちから寄付された財源によっていただける資金ですから 何が文句あるんですか と言いたくなるんですけども そのことを知らないので拒絶的な反応を起こす人が多いのですけども 知らないというのは悲しい現実ですよね。

 

なぜ これが日本の天皇家とも関係があるかというのはこれは 先ほども言いましたように ソブリン ロイヤル ポートフォリオですよね ソブリンというのは最高級のとか意味ですから あとは ロイヤルですよね ロイヤルっていうのは 王族ということになります。

 

しかも ポートフォリオ 資産運用をする際に使う言葉ですから これを読んだだけでもわかると思います 。

 

地球上に存在する最もすごい 王様たちから寄付された財源によって運用された資金を日本の東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1500億円以上の企業代表者の人に返さなくていいお金を提供します。

 

という話ですからこれ普通に考えたらありがとうございますと言って受け取るのが当たり前ですけども それを断ってるのですから 日本人というのは外国人から見てもちょっと頭おかしいんじゃないかと思われますよね。

 

つまりこのことについて詳しくを知らないから まあそういう結果になっているのかと思いますけども このポートフォリオに関する運用というのは民間の金融会社が運用しています。

 



f:id:shoukan:20230913151053j:image

この画像に書いている企業が 現在 SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオの運用会社です。

 

ですから 何か 神様がお金くれるみたいな話ではなく これ普通に 金融 投資信託を行っている会社が行っているサービスです ただ単に ソブリン ロイヤル ポートフォリオ SRP が提供できるクライアントというのが条件が一流の人でなければだめだというルールにしているので 日本の場合は 資本家の基準として 東証 プライム 資本金100億円以上 銀行及び信用金庫の預金高 1500億円以上と決めているだけの話です。

 

まあ それ考えてみたら 普通だと思うんですよね 。

世界のトップの王族たちが寄付した財源から資金を提供するわけですから街にいる その辺のおじさんに配るはずなんてないですから、やっぱり トップレベルの人ということになると こういう基準になるのでしょう。

ということで 世界基準は基本的には1億ドル以上の資産を有する人物ということになりますんで 日本円で言うと100億円以上の資産価値がある公の企業の代表権のある人ということで 銀行や信用金庫 そして東証 プライムの 公開株式 企業の代表者という風になっているのでしょう。

あと日本の天皇家とどういう風な関係があるんですか ということなんですけども これは ソブリン ロイヤル ポートフォリオ というのは先ほども述べたようにヨーロッパの王族や貴族 そして アジアの王族 グループから提供された資産ということになっておりますのでその中で 日本の原産地のゴールド が約30%ほどあったということですから まあある 意味 日本の国家元首天皇陛下 ということになりますのでこの ソブリン ロイヤル ポートフォリオ SRP の財源は天皇家と関係しているということを言われています それとこの仕組みを作る時というのは 実は 第一次世界対戦のベルサイユ条約というので SRP が資産を提供したというのがあるのですけども その時に日本を代表していたのが 日本の天皇家であったということを言えます。アジア王族の代表でもあったと言えます。

つまり SRP のうちの30%というのは結構な量ですから これが日本に関係していたということは 日本は地球上の銀行 システムに関する30%は日本から 寄付されたゴールド 資産によって 裏付けされているということになるので 日本の偉大さ っていうのが そこで出てくるわけです。

 

考えてみてください 世界 に 約200カ国あるのですけども この島国が世界の30%の通貨を発行するための裏付けになる SRP の財源を提供しているということ これすごい話 なんですよね。

 

だから日本は この資金を受け取る権利があります。

 

この財源が大きく 存在しているというのはこの意味でもあります 。

 

そして日本がなぜ連合国から守られているのかというのは日本が この SRP の財源の30%も寄付しているからです 。

 

それ 世界から見たらこんな話はありがとうございます 。

という話になります。

例えば戦争で負けている国がなぜこれだけ擁護されるんですか 。

 

皆さん搾取されていると言いましたけども日本はずいぶん 支援されています。

普通 戦争で負けた国 っていうのは 植民地になってだいたい アウトです。

 

それが戦後復興で たった20年間で 世界第2位の GDP の国まで成長したというのはこれは SRP の資産があり そこから運用された財源を日本に提供した事実があるから なんです。

そのことを理解してください。

 

つまり 皆さんが今話している企業育成資金などの話は全て SRP の財源から提供されていますから 世界の王族や貴族から寄付された資産から提供された資金ですから 普通 考えたらありがとうございますと言って受け取るのが当たり前だと思うのです。

 

ですから 最近はものすごく分かりやすく説明をしています この事実を知らない日本人があまりにも多すぎるので 日本の将来がないと言ってわめいていますけども 日本の将来は SRP の財源 使えば何とでもなるんです。

 

多くの人は政府の言うことを聞いていますけども 政府は財源は持っていません。

持っているのは SRP の財源から資金を使う権利がある日本人がたくさんいるというところがものすごく ポイントが高いんです。

これを使って日本の経済を復興させるというのが一番簡単でいいんです。

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。