【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

Gesaraについて 世間一般の話とは違う 説明にはなりますが これが真実です。

MSA 総合研究所です。

筆者が今 説明している業務というのは これは全て PPP プライベートプレイスメントプログラムに関係するお話ということになります。

企業育成資金というのは 企業の代表者に対して行う PPP プライベートプライスメントプログラムということになります。

これは 世界基準は1億ドル以上の資産を有している経営者ということになっておりますので 日本の場合は1億ドル相当と言うとちょっと円安になっておりますが100億円の資本金を有していること そして公共性がある事業を行っていること ということになるので 東証 プライムで上場している企業ということになっています。

銀行及び信用金庫に対して資金を提供するというのは これは公共性のある事業として産業を育成しているということで自己資本が100億円を超える銀行及び信用金庫ということになり 基本的なルールとしては銀行ですと どこでもいいですよ これは日本国内の銀行ですけども

信用金庫 ならば 預金高 1500億円以上あれば基本的に問題ないです というようなアナウンスでお伝えしています。

これは全てグローバル基準の資産があるということが条件であり その条件を満たした 代表取締役というのは 企業と同等の資産があるという風に みなし PPP プライベートプレイスメントプログラムから資金を提供するということを行っています。

これらの資金というのは SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と呼ばれる ヨーロッパの王族及び 貴族 そして アジア 王族 グループから寄付された資産をもとに作られた資金を提供するというルールになっています。

 

2020年以降は大きく ルールも変わってきており 今まで企業の代表者のみに資金を提供してきましたが PPP プライベートプレイスメントプログラムの業界も新しいルールを決めて国家の政府も国民サービスを行う企業だということを考え 国民サービスを行う企業の代表者は大統領 もしくは 首相であるという風に決めることで PPP プライベートプレイスメントプログラムから資金を提供できるようにしました。

 

それが 筆者が常に説明している ODA 政府開発援助における資金の提供と説明しておりますが 筆者が所属するメテ財団によって行われている業務ということになります。

 

このことを理解すれば PPP プライベートプレイスメントプログラムというのが世界に資金を提供する最大の仕組みですから このことを理解をしてください。

 

世界最高峰のプライベートプレイスメントプログラムを行っている企業グループというのが SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオの資産を管理し PPP を行っている企業グループということになります。

現在は メテ財団 グループがその業務を担っています。

第二次世界対戦 終了時にはこの仕組みは 世界銀行 IMF によって行われていました。

現在は  いろいろ 歴史的な出来事がありましたので Mete 財団 グループがSRP における PPP プログラムを全世界で実施しています。

このことを理解すればよく分かります。

 

つまり世間一般で言われているGesaraですが これは本当の話を言えばMete財団 グループが行っている 全世界に向けて提供する PPP プログラムのことにあたります。

 色々なこと 世間で言われていますがアメリ財務省が密かに行っているというような話はありますが この話は結論として SRP の資産を監査し 認定したものに対してアメリカ合衆国財務省が国際為替手形を発行しそれを運用に回せるようにしたということが大きく関係しているのですが 運用を行っているのはメテ財産 グループということになります。

 

ですから アメリカ合衆国財務省が運用しているわけではないのでこれは民間の PPP プライベートプレイスメントプログラムを行っている金融会社が行っているサービスということになります。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。