【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

社会保障の拡充と資本主義社会の融合がこれからの時代に重要であり、その財源確保は、SRPからの資金提供プログラムで実現できる。

米国財務省資産 SRPについて言えば、これは、1944年ブレトンウッズ会議において国連設立を決定した際に、国連銀行として世界銀行IMFが設立されたその当時は、国連銀行設立のために、欧州アジア王族グループから寄付去れた財源(SRP)によって運営された・・・これが欧州復活のマーシャル・プランや、その後のMSAなどで資金が活用されたということである。現在においては、SRPの資産は米国財務省により監査去れて、メテ財団グループが世界の国連加盟国すべての国家政府に対して、ODA開発援助資金の提供を行っている。

 

SRPの資産については、いくつかの契約により資金が運用されていた経緯がありましたが、現在は、すべて一本化されてすべて米国財務省資産として登録がされており、監査を受けています。

この財源の中には、当然日本の財源も含まれており、これが、よく言う、天皇家からの資金などと言われる仕組みである。

つまり、SRPから提供去れるプログラム SBLCのプログラムから資金調達をして、日本の大企業経営者に資金提供を行っているのが、企業育成資金(償還金)と言われる制度であり、これも、SRPのプログラムにより提供される仕組みによって、日本国内で恩恵を受けているプログラムということになります。

 

SRPのプログラムは、2億5000万ユーロから2000億ユーロのSBLCが銀行で発行して、13ヶ月ブロックさせることが条件になっています。

このプログラムは、国家政府、地方政府、企業と現在では幅広く利用できるようになっています。日本の企業育成資金については、限定的な企業にだけ資金をだすようになっていますが、これは日本の資金本部の意向もあり、SRPの運用プログラムに参加するには、SBLCを発行する必要がありますが。プログラムに参加するにあたり、参加するための担保力を貸し出しているのが、資金本部の役目であり、それによって、申請者の企業の代表者は、負担無しで資金調達することが可能になります。資金提供を受けるには、運用プログラムに参加するには、本来は申請者が自らの銀行預金をもってSBLCヲ発行しなければ行けないのですが、日本の企業育成資金の仕組みというのは、非常に過保護的制度とでもいえるのが、国民に負担にならないように、国家が担保力与えることで、SBLCの運用プログラムに参加できるようにして、資金を提供できるようにしていると言えます。

 

日本における財源というのは、日本国の担保があり、国民の経済人の代表の名義を入れて、SRPから提供されているSBLCのプログラムから資金調達できる仕組みを構築しているということで、日本国の発展に貢献できる日本国内向けのODAということになります。

 

さて、つまり、国家が特別会計などのファンドをもっていることは、重要であり、その資金力があることで、次のSRPから資金調達を可能にしています。

ですから、メテ財団グループは、加盟国の国家政府に対して、100億ユーロの寄付を行って、その財源の一部を特別会計としてのファンドを作っていただき、その財源から、SBLCのプログラムに参加して、継続的に。資金提供を受けられる仕組みを構築することが目的であり、この仕組みをすべての国家政府対して作り上げることが我々の業務といえます。

 

ある意味、。この仕組みをうまく回せば、ベーシックインカムも可能になります。

ある意味、最低保証がされる社会システムがあり、頑張ることで、豊かになれれる資本主義世界というものが構築できます。

つまり、社会保障制度を拡充することでの社会主義的要素と、経済を牽引するための資本主義というものを融合する社会がこれから重要になります。

そのための財源確保としては、SRPから資金提供プログラムということは、非常に重要になります。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 

*************

企業育成資金に関するプログ

*************

msa1.exblog.jp

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。