【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

(企業育成資金)外貨準備がなぜ重要か?外貨があることでさらなる資金調達につながる。

(企業育成資金)外貨準備がなぜ重要か?外貨があることでさらなる資金調達につながる。

 

日本政府は、外貨準備をおこなっていることはよく知られています。

昔、ある日本の政治のリーダーが、政府の米国債を売れば・・・などということを言った人物がいたということですが、もし、日本政府が外貨資産を持たないということは、外国からの資金調達ができなくなるということに気付く必要があります。

外国資産は、米国債を中心にした証券運用を行っていることは知られていますが、証券運用をすることは、友好国である米国政府の国債購入を支援するという意味もありますが、日本国の外貨準備が、外国からの資金調達に役立つということに、気付く必要があります。つまり、筆者が説明しているSRPから資金調達ということでもし、日本が外国為替資金をもっていなければ、外貨建てのクレジット・ラインを発行することができません。つまり、外貨建てのクレジット・ラインを発行するには、外貨資産があることが重要になります。

今、プロジェクトファイナンスを行う上で、SRPから資金を動かすために、外貨がなければ、外貨建てのSBLCを発行することができません。そのことが重要です。つまり、日本もSRPからの資金調達をする手段、企業育成資金の仕組みがありますが、その場合、外貨保証する財源があるので、日本は、SBLCを発行することができ、SRPからの譲渡資金を受け取ることができると言えます。このことは非常に重要なことになります。

現在は、SRPの資産については、米国財務省が監査して国際為替手形を発行して、それを担保設定をしてクレジット(資金)を生み出していますが、その資金を譲渡されるには、SBLCを発行して、13ヶ月満期のプログラムに参加する必要があります。

つまり、日本にある外貨準備は、ただ、外貨をためているというだけのことではないのです。ある意味、この制度を考えている米国政府は、非常にうまい制度を考えていると言えます。もともとは、マーシャル・プランから始まり、その後、MSAに引き継がれ、米国は、資金譲渡をするプログラムを実施していますが、現在は、その業務を引き継いでいるのは、メテ財団グループということになります。

 

つまり、この仕組みは、政府承認がなければ難しいといえるのは、大型の外貨担保を準備するのは、正直、米ドル、ユーロの通貨を自国通貨として使っている国ならば、米ドル、ユーロでの資産があることになりますが、それ以外の国は、米ドル、ユーロをそんな多額に保有することは、民間ではありません。そのために、企業育成資金のような外貨建てのSBLCを発行する場合は、外貨資産が必要になり、それであれば、日本円で資産保有する日本企業は申請するのが難しいのですが、その問題をクリアーするには、外貨準備の支援がなければ、現実問題、多額の外貨にいけるクレジット・ラインを発行することが不可能になります。

 

これは、外貨のクレジット・ラインという見えない銀行保証ですが、これが重要なんです。ただ、SBLCを発行するには、その契約には、クリーンマネーである外貨をどれだけもっているのか?ユーロや米ドルか、資産確認がされますが、日本円では申請することができないので、外貨が必要になります。

 

いくらSRPが巨額な資金を資金譲渡してくれる仕組みがあるからと言っても、外貨がなければ、なにも始まりません。

 

そこで、重要になるのが、日本の外貨準備高ということになります。つまり外貨があるので、外貨建てのクレジット・ラインを発行することができ、クレジット・ラインを発行することができれば、SBLCによる13ヶ月の保証をすることで、13ヶ月で満期になり、資金が譲渡されます。

 

これは、金融的なルールになりますが、これは、外貨収益を獲得するうえでも重要な仕組みであるということを理解する必要性があります。

よく、企業育成資金が政府との関係性をいわれますが、確かに、募集は、民間機関によって募集はされていますが、法律的な部分や、巨額な外貨建てのクレジット・ラインを発行することなどは、これは、政府の支援がなければ不可能ということにもなりますので、当然、政府の支援もあるので、成り立つと言えます。資金については、SRPの資産というのは、米国財務省の監査で発行した国際為替手形をもちいて、メテ財団グループがキャッシュ化して、その資金をSBLCを発行してくれた投資家に対して、13ヶ月満期プログラムで資金提供をおこなっているというのが、現在における企業育成資金の仕組みということになります。

よって、この仕組みは、国家にとっても重要な仕組みで、別名第三の財源、国家予算外資金、また、霞が関埋蔵金?など、呼ばれてきましたが、この正体は、SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)による財源ということになり、米国財務省の発行すr国際為替手形を現金化した資金の譲渡資金を日本に送金をして、日本国内で資金を使えるようにすることで、日本経済の発展に寄与している言えます。外貨準備がなぜ重要かということを話しています。

つまり、外貨準備と取り崩し、使ってしまえば、一度だけは使えますがなくなれば、次がありません。

 

外貨準備資金があれば、外貨建てのクレジット・ラインを発行することができれば、外貨資金の調達手段になるということを知らなければいけません。

 

外貨準備に対して、取り崩して国民のために使えという、議員や経済ジャーナリストなどいますが、外貨準備があれば、為替相場で利益を得るだけでなく、クレジット・ラインという見えない外貨保証で収益を得る機会があるということを知らなければ、いけません。

この業務のことを、一般的に言えば、国際金融市場での資金調達という言い方をしますが、結論は、SRPからの資金譲渡のプログラムのことになります。

日本は、大きな資金を調達できる外貨建てのクレジット・ラインを保有していますので、日本の条件を満たした企業代表権者は、企業育成資金に申請をして、日本の財源獲得のため、同時に、貴社の財源獲得のために、申し込んでください。

 

**************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com




※ 日本国内向けODA(企業育成資金) 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度あり 申請受付中



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。Mete財団が契約国に対して1カ国、1回に限り100億ユーロの寄付(返済不要資金)を提供します。契約後は、長期間の支援を行います、国家政府に対してのPPPプログラムの実施


f:id:shoukan:20231022172926j:image

筆者への連絡は LINE を追加してください。

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。