【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

停滞する日本経済 例えば 大阪万博でスタンバイ LC のプロジェクトによる資金調達をしてみるとすれば

現在 筆者はメテ財団のアンバサダーとして米国財務省 資産 SRP から提供される ODA 開発援助 プログラムにおける資金提供 案件を案内しています。

これは国連加盟国が登録することによって 初回は100億ユーロの寄付があります 。

 

それ以外の案件でスタンバイ LC の資金提供の仕組みというのがあります。

 

今回ある 一例として こういうことをやればいいのではないかということを 筆者が個人的な意見でお話しさせてもらいますと例えば 大阪万博 今 2300億円以上の資金がかかるということで 結構 国民負担が大きいということで不満の声が上がっています。

 

では このような場合はどのようにして1円も国民負担をかけないで この案件をすることができるかというのは 例えば 大阪万博に3000億円かかるとします。

 

そうした時に大阪万博 用のファンドを日本の銀行で立ち上げます。

 

そのファンドの口座でスタンバイ LC を 20億ユーロ 分を発行します。

 

このプログラムは1年間で12ヶ月分割で20億ユーロを支払われますので20億ユーロのスタンバイ LC を発行し 13ヶ月 ブロックしておくだけで20億ユーロの資金が米国財務省 資産 SRP から調達することができます。

 

これは当然 米国財務省 資産 SRP というものは国連に寄付された財源でもありますので プロジェクトがあることというのが 基本にはなります。

 

大阪万博 などは 国家プロジェクトですから十分に そのプロジェクトに資金を提供することはできます。

 

これは本当に簡単で国際決済ができるような大手都市銀行と提携をし スタンバイ LC を20億ユーロ 分 を 13ヶ月 ブロックすれば 1年間で20億ユーロ 約3000億円分の資金が 調達できます。

 

しかも スタンバイ LC を発行しておくだけで この資金に対して スタンバイ LC が支払い不履行になり請求することもありませんので 資金は1円も 目減りしません。

 

ただ単に 銀行の国際送金 ネットワークである スイフトのコンピューターでスイフト MT 760 スタンバイ LC を発行するだけです。

 

ですから 日本は今このアメリ財務省 資産 SRP からの資金調達 ということをいろいろ考えて 国家プロジェクトなどを推進すれば全く 負担なくしていろいろなプロジェクトを実施することができます そうなれば 国民負担も言われることもありませんし。

誰もそのことに対して支払いで苦しむこともありません。

 

ある意味 これはスタンバイ LC の担保力のみですから スタンバイ LC をしっかり切って あちらこちらで 財源を獲得すれば日本経済の底上げにつながります。

 

これは 米国財務省 資産 SRP からの資金提供 プログラムに参加するには2億5000万ユーロから2000億ユーロのスタンバイ LC を発行すること と条件が決まっています。

 

これは一つのプロジェクトでその資金が提供されるようになりますので もし大型プロジェクトになれば 2000億ユーロを超えれば 2つ目のプロジェクト 3つ目のプロジェクトという風にプロジェクトを増やしていけば さらに大きな資金調達が可能になります。

 

ですから 筆者としては自らのスタンバイ LC を発行し プロジェクト 資金の調達をしっかり行う スキーム というのを日本国内でどんどん増やしていきたいと考えています 。

 

これはユーロでの資金調達になりますので 外貨調達になりますから日本国にとっては 外貨準備高が増えることになりその資金を通じて 内需拡大型の国家の発展も形成できます。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。