【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

このプログラムは特殊すぎて普通に下から上げて上に上がるものではないために ダイレクトに対象者に話しかける 以外 方法はありません。このプログラムが成し遂げられれば100% 歴史に残る仕事になるでしょう。

メテ財団 グループが行っている国連加盟国の国家元首 大統領 もしくは 首相に対して100億ユーロの開発援助資金の寄付の案件があります。

 

これは 米国財務省 資産である SRP から提供される資金でこの資金を用いて世界の開発援助 プログラムを実施しております。

 

このプログラムに関しては ガバメントに対して寄付はするとは言っておりますが契約上はプライベートアグリーメントとなっておりますので これは個別契約という意味になります。

 

ここが一般的な ODA 開発援助とは違うところです。

通常であれば日本は外務省や もしくはアメリカ合衆国政府の場合は国務省 などが政府開発援助 ODA を行っております。

 

その場合は契約書は ガバメントとガバメントとの契約となります。

 

すなわち G2Gプロジェクト という意味になりますから非常に 分かりやすいのですが 寝メテ財団 というのは 米国財務省 資産を使って資金は提供はしておりますが これは民間の国際的 非営利団体によって行われているプログラム となります。

 

ですから このようなプログラムを実施する場合は下から上げるというのは正直、困難極まりないと言えます。

 

普通は全く理解されません なぜ国家 政府を超えるような資金提供が民間の財団から行われるのか という意味が理解できません これはどの国の省庁の役人も首を傾げます。

 

ある意味 冗談みたいな話です。

日本政府が1年間に 全世界に提供する ODA も 100億ドル 程度と言われていますから我々のメテ財団は一つの国で 1箇所 100億ユーロを寄付するわけです。

 

しかも 返済不要です。

 

日本のように 円借款のように資金を貸し出しているわけではありません。

 

つまりこの SRP からの資金提供 という仕組みについて日本はこれは歴史的に企業育成資金というものがあったので一部の役人は理解はしていますが 霞ヶ関にいる 3万人の役人の中でも理解できるのは数人だけでしょう。

 

また日本銀行の担当者の中でも数多くの社員は 抱えていますが 本当 数人以外 この仕組みは理解できないと思います。

 

つまり 日本でも超極秘として超少人数の一部の人で行っている案件のために外部の省庁の職員は全くと言って 意味不明な案件になっています。

 

1952年頃から日本で行われていると言われていますが 日本で この状況ですから 全く経験のない グローバル サウスなどと言われる 途上国でしかも GDP が世界で100位以下の小さい国では1つの国の GDP を超える 無償援助が行われるというのは正直 意味不明であると思われています。

 

そのような案件を下の役人 からあげるというのは100% 不可能ですから これはダイレクトに大統領か 首相に話しかける 以外 聞いてもらう 術はありません 下の人がこんな リスキーな話は上にあげられないと言って 皆 適当なことを言って拒みます。

 

すなわち 上に上がる前に壊されてしまい話ができなくなり 周囲によってこのような案件は成り立たなくなるというのが現状です。

 

つまりどうすれば良いのかというのは 一番手っ取り早いのは大統領の直接電話するというのもいいのですが できない場合でも家族や親戚からあげるぐらいの勢いでなければ役所の中を経由するととても こんな世間話ができません。

 

これは日本の企業育成資金でも同じようなことは言えますが これは SRP の資金というのはちょっと 常識外れの話になっているのでアプローチの仕方が非常に難しいと言えるのです。

 

ですから 大臣を知っているからとかそういうレベルでは正直 上に上がりませんので 直接 大統領 知ってるとか直接大統領の家族と話ができるなどの人脈を持っている人はこの案件は成し遂げられるかもしれませんが それ以外はほぼ不可能と言えます。

 

ただ 国によってはきちんと 協力体制を持って行うような国はいいですがほとんどの場合は完了というのはどこの国でも一緒で リスクは背負いたくないので自分の直接 儲け話でない話は全く興味を示さず 途中で 却下されます。

 

簡単に言えば 大統領に提供する資金ということで下っ端の役所の人たちが 利益が出るかというと それはもらうのは不可能だと感じているので 初めから何も関わらない方がましだという風な回答になるわけです。

 

ですから それを回避するにはどうすればいいか というのはこれは ダイレクトで話をしなければ この SRP の資産からの資金提供 プログラムというのはほぼ 成立するのは不可能でありません。

 

しかも これは ガバメントは関係していると言いながらも これに対してアメリカ政府が大きく バックアップしてくれるということもありません。

 

ただ 資金を動かす 認可はアメリカ合衆国が監査をしているので 認可は取らなければいけませんが アメリカ政府の役人がこのことに協力してくれるかといえば 全くしてくれませんので 自力で頑張るしかありません。

 

筆者自身も 手段はどうすればいいか いろいろ考えた結果 このブログの読者で人脈のあるネットワークはどこかにあるのではないかということで 日本語で情報を伝えています。

 

これもし世界の全ての国家 政府がこの仕組みをうまくでき 地球全体の発展に貢献できたらこれ 歴史に残る話ですよ。

 

正直な話 これ俺たちの力によって世界連邦の仕組みを作り上げたすなわち SRP というのは アジア 王族 グループからの寄付ということで 裏を返せば天皇の金塊も多く含まれているわけです。

 

ある意味 日本は その金塊は寄付をして 自国のものではなくなりましたが日本人の協力によって世界が大きく 平和になるということができれば日本国民としての世界に対する恩恵と そして 御霊磨き はなされたということになり 平和な社会が訪れると筆者は確信しております。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter