【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本の開発援助について 001

日本の開発援助について001

※英文で世界銀行が日本に関して支援してきた歴史についている文章がありましたので、翻訳しました。近代日本が、世界銀行、米国の援助によって発展してきた歴史を知ることができます。非常に多くの資料がありますので、そのような資料を不定期ですが、英文を翻訳して、掲載します。英文では、あまり日本では知らされていない情報が資料で見るかります。ある意味、日本語だけでは知れる情報は限定的であり、本当の日本を知るには英語で調べるのがいいのかもしれません。

 

これは世銀の歴史を知るのに役立つ文書であり、特に世銀の財務変革と融資政策の変更について詳細に説明しています。 第二に、11 の経済報告があり、これらは日本のマクロ経済的地位をほぼ毎年示しています。 これらの最初の経済報告書は 1953 年 6 月に発行され、新加盟国および新たな借入者としての日本と世銀との関係の傾向を決定する鍵となりました。 農業と鉄鋼生産に関する 2 つのセクターレポートもあります。 第三に、日本への31件の融資に関連するすべてのプロジェクトに関する大統領報告書および評価報告書および/または技術報告書は、融資の構造、構成要素、およびプロジェクト融資の正当性を理解するための基本的な情報源として使用されています。 そして付随する条件。 最後に、IMF世界銀行アーカイブで入手可能なファイルは重要な情報源であり、そのレビューは世界銀行からの借入者としての日本の経験の包括的な記録を構築する上で極めて重要です。 付録 1 には、2 つのセクターレポートを含むすべての経済レポートのリストが記載されています。 付録 2 は、金額、期間、受益者、融資項目などの情報を含む詳細を含むすべての融資のリストです。 付録 3 は、最初の世銀融資の概要です。

 

  1. 概要

 

 1951年8月、日本はブレトンウッズ機関、すなわち世界銀行IMFへの加盟を申請した。 当時の日本は独立国ではなく占領地でした。 日本が独立国として国際舞台に復帰できるようになったのは、1952年4月に平和条約が批准されてからです。 ラパンはその後間もなく、1952 年 8 月 13 日に世界銀行/IMF の会員になりました。翌日には西ドイツも会員になりました。 日本はIMFから資金を借りたことはなかったが、彼女はWRからの積極的な借り手となった。 しかし、世界銀行の借り手としての日本の歴史は短く、劇的なものでした。 彼女は 1953 年から 1966 年の間に 31 件のローンとして合計 8 億 6,300 万米ドルを借りました。以下の表 1 と 2 は一般的な傾向を示しています。 表 1 が示すように、借り手となって最初の 4 年間 (1953 年から 1957 年) の借入総額は 8,490 万米ドルに達し、1 件あたりの平均借入額は 1,060 万米ドルでした。 これは、過去 4 年間 (1963 年から 1966 年) の数字がそれぞれ 3 億 7,500 万米ドルと 5,360 万米ドルに増加したのと比べれば明らかです。 日本経済は後期末までに大幅に成長していたため、日本は後期よりも前期のほうが金融援助を必要としていたのは皮肉なことである。 表 2 は、世界銀行の資金を受け取った主なセクターが運輸 (借入総額の 59%)、電力 (21%) であることを示しています。 産業は主に鉄鋼 (19%) に向かう。 合計 31 件の融資のうち、13 件は公的部門向け、18 件は民間企業向けです。 そして、融資総額8億6,300万米ドルのうち、約64%が公的部門の企業に、約36%が民間部門の企業に融資されました。

 

 1954年、1958年、1902年のIMF年次報告書によると、日本は1953年と1952年にIMFに関する図面を作成した。

 

 総額 1 億 2,500 万ドルに達するが、1955 年と 1958 年の購入によりさらにキャンセルされたと考えられる。

 

 1962年1月、日本はIMFと3億500万ドルの待機協定を結んだが、ラパンダル紙幣は飛んだ

 

 その間、別の外国為替ポジションも悪化






 注:合計金額が合計と一致しない場合があります。 産業部門への融資のうち鉄鋼業向けが約

 

 世界銀行の最初の経済使節団は、日本経済の全体的な性質とその財政問題を研究するために、1952年10月に2か月間日本を訪問しました。  1953 年 6 月に発行された経済報告書には、経済状況、見通し、投資要件の分析が含まれています。 それとは別に、報告書は電力、石炭、鉄鋼、食料生産、運輸部門の問題も強調した。 報告書の論調は、日本政府全体のマクロ経済管理能力の不確実性、輸出入の将来、朝鮮戦争後のアメリカの軍事支出からのドル収入の減少の可能性、政治情勢などを理由に、非常に慎重なものであった。 日本の動乱。 これにより、世銀は日本に対する融資政策を決定し、まず最初は、その後数年間に約 1 億米ドルの対外支出を賄うために融資するという決定を下した。

 

 エムネミックの状況と展望、レポート #A.5.10-1。  1953 年 6 月 30 日、世界銀行




表 1. 暦年別の日本への融資額 (100 万米ドル)



 注:合計金額が合計と一致しない場合があります。 産業部門への融資のうち鉄鋼業向けが約

 

 世界銀行の最初の経済使節団は、日本経済の全体的な性質とその財政問題を研究するために、1952年10月に2か月間日本を訪問しました。  1953 年 6 月に発行された経済報告書には、経済状況、見通し、投資要件の分析が含まれています。 それとは別に、報告書は電力、石炭、鉄鋼、食料生産、運輸部門の問題も強調した。 報告書の論調は、日本政府全体のマクロ経済管理能力の不確実性、輸出入の将来、朝鮮戦争後のアメリカの軍事支出からのドル収入の減少の可能性、政治情勢などを理由に、非常に慎重なものであった。 日本の動乱。 これにより、世銀は日本に対する融資政策を決定し、まず最初は、その後数年間に約 1 億米ドルの対外支出を賄うために融資するという決定を下した。



 注:合計金額が合計と一致しない場合があります。 産業部門への融資のうち鉄鋼業向けが約

 

 世界銀行の最初の経済使節団は、日本経済の全体的な性質とその財政問題を研究するために、1952年10月に2か月間日本を訪問しました。  1953 年 6 月に発行された経済報告書には、経済状況、見通し、投資要件の分析が含まれています。 それとは別に、報告書は電力、石炭、鉄鋼、食料生産、運輸部門の問題も強調した。 報告書の論調は、日本政府全体のマクロ経済管理能力の不確実性、輸出入の将来、朝鮮戦争後のアメリカの軍事支出からのドル収入の減少の可能性、政治情勢などを理由に、非常に慎重なものであった。 日本の動乱。 これにより、世銀は日本に対する融資政策を決定し、まず最初は、その後数年間に約 1 億米ドルの対外支出を賄うために融資するという決定を下した。

 

 エムネミックの状況と展望、レポート #A.5.10-1。  1953 年 6 月 30 日、世界銀行

 

 

 1951年。日本はまだ占領下にあり、日本と連合国との間の平和条約が起草されていた。 当時の日本経済は、戦争でダメージを受けた経済からの復興の途上にあった。 実施された経済政策の主な要素は次のとおりです。

 

  1. インフレ圧力を軽減するために統合国家予算のバランスを取る。
  2. 不経済な融資を行った復興金融銀行の業務を終了し、
  3. 政府による経済介入、特に補助金や価格統制の範囲を縮小する。
  4. 1 ドルに対して 360 円の為替レートを設定する。 
  5. 政府貿易機関ではなく民間ルートを通じて国際貿易を再開する。

 

 上記の原則に沿った経済政策の実施により、インフレは徐々に抑制され、輸出は増加し、輸入は減少しました。 日本はマクロ経済状況を効率的に管理できると自信を深め、国際労働機関やガットなどの国際機関への加盟申請を通じて国際舞台への復帰も目指していた。

 

 日本政府がIMF/世界銀行への加盟申請を準備していたとき、連合国最高司令官(SCAP)、国務省財務省を含む米国政府は、日本の地位に関するIMFとの潜在的な問題を検討した。 占領地であること。  IMF の観点からすれば、最低限必要な考慮事項は、IMF 加盟国が IMF 協定に基づくすべての義務を独立して履行できる立場にあり、IMF と自由に独立して協力できることである。 明白な問題は、占領地である日本が、米国と連合国によるあからさまな支配を受けることなく、最低限必要な考慮事項を満たすことができるかどうかということであった。

 

 根本的な懸念が 1 つありました。 これは、1947 年 6 月 19 日の「日本に対する降伏後の基本政策」に関する極東委員会 (FEC) の政策決定でした。この政策決定は、「物品のすべての輸出入および外国為替および金融取引の管理は維持されるべきである」というものでした。  「この管理は、FEC によるさらなる方針の策定を条件として、SCAP によって実行されました。国務省内では、以下について議論が行われていました。

 

 SCAP が外国為替および国際金融取引に関する事項について日本政府に管理を委任できるかどうか、

 

 もし日本政府が、日本の国際財政状況が許す限り速やかに、現在の国際取引における為替管理の撤廃を要求するIMFの条項に着手し、遵守することができれば。

 

 日本が加盟したら、上記の政策についてIMFと自由に議論、協議できれば。

 

 米国政府内でのこれらの議論の結論は、FEC ポリシーを中心に展開されました。





 日本に関する決断。 また、FECの方針は、日本のIMF加盟申請を支持していた米国と英国両国の同意がなければ決定されないという理解もあり、日本がIMFにおける役割と義務を果たすことができると考えるのに問題はないことを示唆している。  。 これに基づいて、SCAPのIMFへの書簡は作成され、その書簡の一部には次のように述べられている。  「日本の国民と日本政府はIMEに参加すること。平和条約が発効するまで日本政府の活動を全般的に監視し続けるのが最高司令官の義務である。」 申請書は1951年8月に吉田首相の署名を得てIMFに送付された。」

 

 日本からの申請受領から1か月後、IMF理事会は日本の加盟委員会を設置した。 委員会の最初の仕事は、極東局が作成した1951年10月4日付けの「対日割当量の計算」と題した覚書を検討することであった。計算に使用された基本式は、以下に示すような元のブレトンウッズの公式であった。 主な変数は国民所得、金、外貨準備高、輸出および輸入です。




 V 輸出の最大変動は、1934 年から 1938 年の輸出の最高額と最低額の差として定義されます。

 

 メモ。  L.D.スティンズバウワー。 国務省IMF フランク・A・サザード宛、1951 年 7 月 10 日。IMF への日本の加盟国と 3 つの添付資料 1. SCAP 声明のコピー。 スタインバウワー氏のメモが、ラパンにおける前向きな政治的成果や、水力発電分野を含む開発努力に必要な外貨利用可能性の増加に言及することで、日本のIMF/IBRD加盟を支持していることに注目するのは興味深い。  2. スノー氏への覚書 51/6/28;  3. スノー氏からのメモ、51 年 7 月 2 日。 日本の加盟申請書、Box#7 ファイル 2、IMF アーカイブ。 また覚書、アンドレ・ヴァン

 

 カンペンハウトから IMF 事務局長フランク A. サウサンドへ 1951 年 7 月 17 日、日本 加盟申請書、ボックス? ファイル

 

  1. IMF アーカイブ理事会文書第 953 号、日本-加盟申請書および 2 つの添付資料: 1. 吉田首相、IMF への加盟申請書、1951 年 8 月 9 日、および。  2. ドイル・O・ヒッキー中将、日本政府の申請を伝達する連合国最高司令官参謀長の申し出

 

 IME の会員資格、1951 年 8 月 14 日、1951 年 8 月 21 日、ボックス #7 ファイル#1、IMF アーカイブ

 

 会員ラパン委員会 資料No.1。 ラパン会員委員会のメンバーに対する秘書、1951 年 10 月 9 日。ブレトンウッズ以前の割当ボックス #7 ファイル #1 に基づく、ラパンの割当量の事前計算。  IMFアーカイブ



 上記の計算式に基づく日本の適用、特に日本の割当て額の決定には根本的な問題があった。 ブレトンウッズ式の構成要素で使用されている基準値は、日本にも適切に適用できる(同上、1 ページ)言い換えれば、領土変更や異常な経済活動があったため、これらの変数の値を調整する十分な理由があったということだ。 日本が行った戦争行為に関係するもの。

 

 覚書は1940年の国民所得に関して、日本の1940年の数字はドイツの場合と同様に不適切であると主張した。 どうやらドイツの IMF 加盟申請が検討された際、 1940 年の国民所得は 1940 年の数字ではなく 1936 年から 1937 年の数字に基づいていたようです。 というのは、当時のドイツ経済は軍需生産と外国領土の占領によって大きな影響を受けていたため、1940年は1939年や1938年とも代表的な年ではないと考えられていたため、日本の場合も同様に考慮された。 この覚書は、1. R. コーン: 戦争と復興における日本経済、太平洋関係研究所、1949 年に引用された 7 つの系列と、米国国務省の 1 つの系列を含む、当時入手可能な日本人による国民所得推計の時系列を比較しました。 覚書は、日本と国務省の数値を比較して、傾向に実質的な一致があり、国務省の数値が唯一の連続系列であるため、その数値が計算の基礎として使用されると結論付けた。 計算式には1940年特有の国民所得の数値を用いることとした。 しかし、国民所得統計の推移と日本の雇用統計の推移を米国、英国と比較した結果、最終的に国民所得は米国国務省の1935年の数値を使用することになった。  

 

 1943 年 7 月 1 日の金および外貨準備高の場合、覚書は 1943 年 7 月 1 日時点で日本の大蔵省が提供した数値を使用しており、約 1 億 7,300 万米ドルに相当しました。 輸出入額(5 年間平均)の場合は 1934 年から 1938 年を使用した。 覚書には、より適切な代替期間を選択するのは困難であると簡単に述べられていたため、3 つの別々の計算が行われた。1934 年から 1938 年、領土変更を考慮して削減された 1934 年から 1938 年、および 1930 年から 1934 年の数値である。 最初の数字は、輸出入に調整が加えられていないことを意味します。  2 番目の数字は、韓国、台湾、満州との貿易総額から差し引いて貿易額を調整したことを意味します。 ただし、貿易の一部が他の地域との貿易に置き換わるため、総額を差し引くのは不適当であるため、その貿易の50%を削減する形で計算した。  3 番目の図は、1930 年から 1934 年の数字が表しているように見えることを示唆しています。

 

 領土拡大や軍備活動の影響が少なかったため、晩年のほうが良かった

 

 上記の調整されたオリジナルのブレトンウッズの計算式に基づいて計算された日本の割り当て

 

 (1935 年の国民所得と 1943 年 7 月 1 日の金とドルの保有が 3 つのケースすべてで使用されます):




元のブレトンウッズの計算式に調整を加えない割当額も、戦時中の国民所得の増加とはるかに高い貿易額を反映して、3億米ドルに達すると計算された。

 

 クォータ計算後に残った問題は、日本はまだ独立国ではなく、依然として占領下に置かれていたということであった。  IMF 法務部は 1951 年 10 月 12 日付の覚書を作成し、1951 年 10 月 15 日に文書 No. 2 として日本の加盟委員会のメンバーに回覧されました。この覚書は 2 つの部分から構成されていました。 一つは、日本の加盟国として受け入れられる能力、もう一つは、基金協定に基づく義務を履行する日本の能力である。 この分析は、上記のように、1951 年 8 月に日本から送られた申請書に対する SCAP によるサポートレターの作成時になされたものと一致していた。分析のトーンは、次のように日本の申請を支持する以前よりも強かった。 平和条約は 1951 年 9 月 8 日に署名されました (署名されましたが、1952 年 4 月 28 日まで批准されていませんでした)。 経済政策や国際関係はSCAP、FEC、在日同盟評議会の管理下にあるため、日本の限られた能力で経済政策と国際関係を実施することに関する法的論点が議論された。 その結論は、SCAPの監督と積極的な介入を受け入れることは、「日本が加盟候補者として失格となるような形でSCAP側の監視が行われると想定する理由はない」というものであった(同上、2ページ)。 平和条約批准前でさえ、IMFは日本の加盟を求める法的能力について明確に肯定的であり、同様にIMF覚書でも「日本の法的・行政制度をある意味で調整する能力と準備に疑問を呈する理由はない」と述べられている。 そうすれば、基金協定と標準的な会員決議に基づく義務を遵守することが可能になるだろう。」(同上、5 ページ)

 

 1951年10月、日本の会員委員会が会合を開き、文書第1号「ブレトンウッズ以前の割り当てに基づく日本の割り当ての予備計算」と文書第2号「日本の会員入会許可」について議論した。 委員会メンバーは、日本が加盟するにあたって法的障害がなくなったことに満足し、割り当てに関する次の質問に移った。 サザード米事務局長はパラナグア氏の支持を受けて約2億6,500万~2億7,000万ドルの割当額を主張したが、スタンプ氏はメルビル氏の支持を受けてより低い割当額を主張し、英国は2億ドルを提案した。 以下。 その後の記録はなかったものの、

 

 会員ラパン委員会 資料No.2。 会員ラパン委員会のメンバーの秘書

 

 日本の加盟申請、1951 年 10 月 15 日、日本 - 加盟申請書類、



 アーカイブズでの会議で、最終的な割り当て額は 2 億 5,000 万米ドルになりました。 委員会は、以下の点について日本政府の代表者(竹内大使ほか)にIMFの立場を説明するための覚書を作成した。

 

  1. 2 億 5,000 万ドルの枠は日本にとって受け入れられるものなのか?

 

  1. 日本は、協定条項署名日以前に金6,250万ドルを定期口座に支払い、額面合意後の日本円で1億8,700万ドルに相当する残金を支払う用意ができていたかどうか。

 

  1. メンバーシップの募集を継続する適切な期間は何ですか?

 

  1. 基本的な合意が得られれば、加盟国に関する決議案が起草され、これは手書きで送付され、政府からの前向きな回答が待たれることになる。

 

  1. 世界銀行の代表者は、世界銀行の会員条件について説明します。

 

 1952年1月23日、対日加盟委員会委員長ベイエン氏は、ホーン氏、ベイシン氏、メンデルス氏(世銀側)とともに大使らと面会した。 日本の代表者らは、2億5,000万ドルの枠について多くの質問をし、特に特定の数字がどのようにして得られたかに関する質問をし、政府がより高い枠を望んでいたことを説明した。 しかし日本側は、委員会に再考を求めても何の役にも立たないと確信しているようだ。  25%の金(6,250万米ドル相当)の預金に関して、日本の代表は、最近国会がこの目的のために約4,500万米ドルを計上しており、必要に応じて追加法案が可決される可能性があると述べた。

 

 日本の加盟委員会の勧告を採択した1952年4月30日の決議に基づいて、IMFのすべての加盟国は1952年5月8日から28日までの期間に日本の加盟について投票するよう要請された。投票の結果は以下の通りである。 総計51カ国のうち、39カ国(総投票数94,285票中88,385票、93.7%に相当)が賛成票を投じた。  10カ国(ボリビアビルマコスタリカフィンランドグアテマライラクパナマパラグアイフィリピン共和国ベネズエラ)は投票せず、チリは棄権した。 日本には、1952 年 8 月 15 日まで、「定期購読料の支払い」、「自国通貨の額面通知」などの措置を講じる時間がありました。 これらすべての条件が満たされ、1952 年 8 月 13 日に IMF との協定が署名されました。同じ日に世界銀行との協定も署名されました。

 

 1952年から1953年の世界銀行の年次報告書は、「日本は2億5000万ドルの購読料を、ドイツ連邦共和国は3億3000万ドルの購読料を、そしてヨルダンは2億5000万ドルの購読料を」と単純に報告している。

 

 委員会

 

 会員 - 日本会員議事録 1 1931 年 10 月 19 日。日本会員申請書






 300 万ドルの引受金を受け取り、1952 年 8 月 13 日、14 日、29 日にそれぞれ銀行の会員になりました。 これにより、銀行の会員数は 54 名に増加し、総資本金は 90 億 3,650 万ドルとなりました。**

 

  1. 最初の融資を受ける

 

 日本にとって世界銀行に加盟することは、追加の外貨資源を獲得する上で以前よりも多くの選択肢があることを意味しました。 実際、日本はまず、民間3社(中部電力九州電力関西電力)が米国から発注した火力発電所への融資を米国輸出入銀行に打診した。  1952年10月に行われた世界銀行と米国輸出入銀行との会合によると、プラントはすでにウェスチングハウスゼネラル・エレクトリックに発注されており、融資総額は合計2,500万米ドルに上った。」 間もなく、別の世界銀行、特に彼女が期待していたものを発見することになるが、日本にとって世界銀行の役割についての彼女の理解は、現地コストファイナンスを含む大規模な公共投資プロジェクトに資金を提供することであり、米国輸出入銀行の役割は次のようなものだった。 米国企業が製造する民間企業の輸入機器に資金を提供しているが、状況はすべて変わろうとしていた。

 

 日本との最初の事業の一環として、世界銀行は 1952 年 10 月から 12 月までの約 3 か月の滞在のため、2 人の経済学者からなる経済使節団を日本に派遣した。経済使節団の主な目的は、日本の経済情勢の全体的な側面を調査することであった。 経済的および財政的問題。 このミッションはエコノミスト2名のみで構成されていたため、世銀は各分野の専門家を派遣していないことを意味し、したがって日本への融資の可能性がある特定のプロジェクトを特定する責任を負っていなかった。 経済使節団の付託条件は、「生産と投資の要件」、「復興と開発に資金を提供するための資源の利用可能性」、「外国貿易と国際収支」などのテーマをカバーする標準的なものであった。この使節団の間、経済使節団の副大統領は、  WBはこの国の全体的な印象を得るために日本を短期間訪問しました。

 

 日本はこの使節団を熱烈に歓迎し、到着と同時に政府は「国際復興開発銀行からの融資を希望するプロジェクト」と題する文書を提出した。 海外と国内の費用を合わせた総投資額は約 8 億 6,300 万米ドルと推定されました。 これは省庁間委員会によって作成され、一部は世銀の融資を選択できる緊急プロジェクトを多数列挙した。 この文書を見ると、多くのプロジェクトには多額の投資が必要であるため、日本が現地費融資を期待していることは明らかでしたが、

 

 少額の外国為替コンポーネントを含む。 使節団は多数の主要官僚や銀行家と面会した



業界団体、大蔵大臣、外務大臣日本銀行総裁など。 日本側は世界銀行の融資に適したプロジェクトを見つけるというミッションを期待していたため、二人のエコノミストは日本の全体的な経済状況を知ることであった今回の訪問の主な目的を説明するのに苦労した。

 

 1953年6月18日の報告書に示された調査団の主要な経済的結論は、経済が国際収支の悪化と産業支援のための公的支出の急速な増加を経験していたため、せいぜい慎重なものであった。 また、工業および農業の生産レベルが大幅に回復し、戦争中に受けた物理的被害からの急速な回復も観察されました。  1953年4月には外貨準備高が10億ドルに増加し国際収支状況は若干改善したが、52年の経常赤字は7億5000万ドルに達し、米国特需で賄える額を上回った。 これには、主に朝鮮戦争の活動と在日米軍人員の支出を支援するために日本で締結された米国政府調達契約に対する支払いが含まれており、1952年の時点で8億米ドルに達した。朝鮮戦争後、世銀が懸念するのは当然のことであった。 このカテゴリーのドル収入が減少する可能性があり、ミッションは日本が外貨を獲得する別の方法を見つける必要があると感じました。 この報告書は、1957 年までに赤字が 4 億米ドルに達すると見積もっていました。

 

 同報告書は、特別ドル為替収入への依存を減らし貿易赤字を削減するには、相当量の国内投資が必要であると示唆している。 自給自足の拡大という目標は、新技術の導入によるはるかに高いレベルの工業生産と農業生産、それに対応する輸送と通信、電力の生成と配電の拡大を必要とすることを意味していた。 報告書は、日本政府がインフレに頼ることなく将来の投資需要に資金を供給できるかどうかに対する懸念を明確に示した。 新たなインフレは輸入需要を増大させると同時に、すでに海外市場での競争に困難を抱えている日本の輸出も大幅に減少させるだろう。 したがって、現在の貿易収支の不均衡は改善されるどころか、さらに悪化することになるだろう。

 

 インフレを回避し、自活力の向上に不可欠な投資量を確保するには、投資要件と資本リソースの間で厳密なバランスをとることが何よりも必要でした。 リソースを注意深く管理することが不可欠であると考えられました。 政府は、適切な財政および信用政策に基づいて将来の投資ニーズを厳格に審査することが期待されていた。 貯蓄と必要不可欠な投資を奨励する一方、緊急性の低い投資は抑制します。 より多くの資源を投資に充てるため、税制政策や政府予算内での消費支出の抑制によって消費の増加を制限する必要があった。 日本政府は、適切な優先順位を決定することにより、将来の投資要件を精査することを決意した。 一度

 

 これらの政策は設定された優先順位に基づいて実施されたため、深刻なインフレを回避することができました

 

 そして大規模な外貨借入。





 投資ニーズに関する限り、経済報告書は次のように述べている。「減水期の配給や負荷の削減を必要とする現在の電力不足を考慮するだけでなく、電力供給の急速な拡大が行われる必要があることは間違いない」 冬の間ですが、特に今後 5 年間に予想される工業生産の大幅な増加を考慮すると」 報告書の第 5 章「投資要件と問題点」では、最初に電力の問題が取り上げられました。 報告書は電力部門について説明した後、引き続き必要な投資を列挙した。 主なテーマは次のとおりでした。特に鉄鋼、石炭鉱業におけるコスト削減と品質の向上を達成するための産業の合理化。 輸入食料に対する外貨支出を節約するために、灌漑と排水の改善を通じて国内の食料生産を増やす必要性。 鉄道電化による輸送力の拡大と商船の拡大、通信と住宅への投資。

 

 日本の外貨収入のかなりの部分が不安定な性質を持っていることを考慮して、報告書は日本が比較的多額の外貨準備高を維持する必要があると述べた。 外国からの借入の一部は、今後数年間に追加投資が外国為替ポジションに与える可能性のある影響に対処するための追加の為替クッションを日本に提供するだろう。 この報告書は間接的に、日本経済のこの時期における世界銀行潜在的な役割を説明した。  WBはよく見ても慎重で、様子見という安全なアプローチを取った。 特に、政治の安定性、インフレを統治し制御する政府の能力を観察したいと考えていた。 これは、米国のアジア政策全体の文脈において、公共投資の優先順位と米国の対日政策の将来をより明確に描くことによって達成されるはずだった。

 

 世銀が経済報告書を完成させている間に、世銀の日本に対する融資戦略を決定づけた、別個ではあるが重要な出来事が 2 つありました。  1件は1952年から1957年にかけて3件の主要電力プロジェクトへの融資として1億2,200万ドル相当の世界銀行融資を求める日本の要請に関連しており、2件は電源開発会社によるもの、もう1件は9つの民間電力会社のうちの1つである九州電力によるものであった。 この提案は、経済使節団が日本到着時に受け取ったプロジェクトリスト文書の一部だった。 世界銀行は、電力セクターおよび新電力向けの借入を求める日本の米国輸出入銀行への要請を知っていたため、

 

 世銀は銀行融資の要請に対してどのように対応するか、そして最終的な方針を決定する必要があった

 

 経済報告書の。 特に、具体的な内容が盛り込まれた「展望」への対応が必要であった。

 

 アメリカのアジア政策に強い影響を受けました。 世銀は米国政府にその内容を確認した。

 

 対日政策。 アーカイブで入手可能な情報によると、世界銀行は次のことを要求しました。

 

 経済報告書、日本:経済状況と展望、1953 年 7 月 18 日、pp ist、世界銀行








 以下に関する米国の考えを理解するための米国政府との正式な会合。

 

  1. 国際収支改善に向けた投資を優先するか、我が国が講じるべき自助努力を強化するか。

 

  1. 世銀融資の希望と金額

 

  1. 日本と日本に融資を行う単一の機関の重要性

 

  1. 日本経済に対する米国政府の今後の支援。

 

 世銀と米国政府との会合は1953年5月14日に開催され、最終的に世界銀行の対日本融資政策の基礎が定められた。 この会談は、世界銀行のブラック大統領と、ロバートソン極東問題担当国務次官補、リンダー経済問題担当国務次官補代理、オーバービー財務次官補、および米国政府代表との間で行われた。 国務省のコーベット氏とヤング氏。  1953年6月4日の覚書によると、ブラック氏は会談の冒頭、日本の場合の唯一の貸し手としての世界銀行の役割についての強い見解を表明し、このことは既に日本大使とその職員に説明されていたという。 米国側は、必要な開発資金を提供する機関は1つだけであるべきであるという原則として、この点に同意しなかった。 しかし、この一般原則の例外を正当化する、特定の特殊な状況やケースが存在する可能性があると考えられました。 例えば、火力発電プロジェクトへの融資に関する日米輸出入銀行間の協議がかなり進んだ段階に達しており、提案された取引を断念することが困難になったケースが挙げられる。 米国は、日本の電力プロジェクトへの融資を迅速に進めるには緊急の政治的、経済的理由があると強調した。 それどころか、この段階で火力発電所への融資を進めないという米国の決定は、ある面で既に危機的となっていた米国と日本との関係に悪影響を与えるだろう。 このような状況下では、このジレンマから抜け出す唯一の方法は、世銀がこれらの電力プロジェクトの資金調達責任を引き継ぐことでした。 ブラック氏もこれに同意し、これが最も適切な解決策であると感じました。 その後、代表団はブラック氏に対し、日本に関する米国の政策について口頭で説明した。

 

 世銀の覚書で提起さ​​れた質問に答えた。 これらの説明の一般的な趣旨は次のとおりです。

 

 a. 具体的な数字は決まっていないが、日本は引き続き在日米軍の維持から相当なドル収入を得るだろう。

 

  1. 米国は、返済額が多額の負担にならない範囲でのみ、政府および占領地域救済(GARIOA)債務の返済を要求すると予想されていた







 長期的な発展の資金となる外貨準備。 日本銀行の融資は政治心理的にも好ましい影響を与えるだろうし、日本銀行の融資は日本の政策に正しい方向に影響を与える可能性がある。

 

  1. 日本が経済・金融分野における自助措置に必要なあらゆる政策を採用できるようにすることを目的とした、世界銀行と日本との間の協力の可能性について。 米国はまた、一般的な経済目標について世銀と協議する用意があるとも述べた。 そして、

 

  1. 非ドルによる食料および原材料の供給の開発に関して、米国は、日本向けの非ドルによる食料および原材料の供給を開発するためにあらゆる努力をしなければならないことに同意し、日本銀行と意見交換する用意があることに同意した。 この一般的な目的を推進するあらゆるプロジェクトに参加します。

 

 上記の議論と世界銀行と米国政府との間の会議の結論に基づいて、ブラック氏は 1953 年 5 月 15 日に内部会議を開き、米国輸出入銀行が当初提案した融資をどうするかを決定しました。  ブラック氏は、提案された融資が健全で、自主的かつ技術的に実現可能であれば、世銀が融資を行うことができると考えた。 関係省庁は会合で、提案された融資に関する利用可能なデータと資料をすべて調査し、技術的な実現可能性を評価し、すでに発注されたと思われるプラントについて国際競争入札なしで進めることを正当化するよう指示された。」

 

 この指示を受けて、世界銀行は米国輸出入銀行が提案している総額4,000万ドルの融資の現状を調査するため、数人の職員をニューヨーク市に派遣した。 彼らは、ウェスチングハウスとインターナショナル・ゼネラル・エレクトリックの代表者、そしてギルバート・アソシエイツ(関西電力会社の75,000キロワット装置2台の作業を任命)とエバスコ(九州電力会社の7万5000キロワット装置の作業を任命)のコンサルタントと面会した。 会議で取り上げられた主なポイントは次のとおりです。 1) ヨーロッパのメーカーと比較したアメリカの機器メーカーの競争力。  2)今後の日本国内での工場製造ライセンスの取り決め、3)設備の受注状況。  4) メーカーによる融資への参加の可能性、および、5) 日本の電力料金。

 

 ポイント I に関して、世界銀行は、インターナショナル・ゼネラル・エレクトリックウェスチングハウスの両社から、日本が調達を望んでいる高圧高温熱機器の予定通りの製造において他国よりはるかに先を行っていると告げられた。 また、日本企業がこの機器を買いあさったとも説明した。 論点 2 について、両者は、提案されている機器契約とライセンス契約の間には一体的な関係はないが、日本側は政府は潜在的なライセンス契約を非常に重視しています。 そのような合意は、将来的には発電だけでなく熱機器も日本で製造できるようになる 外貨貯蓄。 ポイント 3 について、製造業者は、事実上すべての取り決めについて次のように述べています。






 下請けを含めた生産は完了しました。 資金調達が確保され次第、契約を締結する準備が整いました。 ポイント4については、製造業者は、より早期の満期を受け入れることを理解した上で、米国輸出入銀行に最大25%の参加を約束したが、世界銀行とは、それぞれの企業と協議する必要があるとの考えを示した。   ポイント 5 について、2 人のコンサルタントは、金利が予測で示したとおりに上昇するというある程度の保証があるという意見でしたが、世界銀行スタッフは、日本の経済状況を考慮すると、将来の利上げが容易になることにはより懐疑的でした。   ニューヨークでのこれらの調査結果に基づいて、さらに精査した上で、世界銀行の資金調達を正当化する準備を整えた。

 

 日本が要求する火力発電設備の随意契約世界銀行は、米国の対日政策や当初米国輸出入銀行が融資する予定だった火力発電所随意契約の状況を確認した上で、日本政府に対して日本における融資の考え方を説明した。  1953年6月2日、世界銀行経営陣は荒木日本大使らと会談した。 世銀副総裁のガーナー氏は、世銀の日本向け融資に関するいくつかの重要なポイントを説明した。 まず第一に、融資対象となる良いプロジェクトを選択して資金を提供するだけでなく、日本の経済問題の解決を支援する良好な協力関係を確立することも世銀の目的であった。 達成する上で

 

 経済発展

 

 世銀の仕事の一部は、輸出と埋蔵量が限られている中で、日本がどれだけの外貨を借りられるかを評価することであった。 この点と一致し、世銀の日本向け融資に対する過度の期待を抑制する目的で、その後数年間の融資額は総額1億ドルに制限された。 世銀は、1億ドルという数字を決定するに至ったその他の要因について、将来のドル収入の不確実性、戦争賠償金だけでなくガリオア債務の返済義務の可能性なども含めて丁寧に説明した。 世銀はまた、1億ドルの債務制限は政府と公共部門にのみ適用され、民間団体への融資は含まれていないと説明した。

 

 経済管理の面でガーナー氏は、政府は資源配分を改善するための優先順位を設定する必要があると強調した。 日本の当初の3つの水力ダム発電プロジェクトへの融資要請と火力発電プロジェクトとの違いについて、同氏は、WEの原則方針に従い、世界銀行はプロジェクト実施に必要な輸入機器やサービスに対する直接外貨支出のみを融資していると説明した。 同氏は、建設費用には多額の外貨支出が含まれていないため、ダム建設プロジェクトには現地の資金調達が伴うため、ラパンは世銀がダム建設プロジェクトに融資することを期待すべきではないと明言した。 

 

 世銀は続けて、現地費用融資は過去にかなり例外的な条件で行われたと説明した。




 状況

 

 事態の展開により、世銀が日本への最初の融資業務の優先セクターとして、他のすべての重要セクターの中から電力セクターを選択した際に、通常の分析を行っていないことが明らかとなった。 日本の電力セクターの問題を分析する前に、エネルギーセクター全体に関する情報が一般的に欠落していました。 これは、世界銀行が最初の融資業務において、米国輸出入銀行とサプライヤーコンサルタントから提供された情報に依存し、興味深いことに、評価報告書(またはプロジェクト評価報告書)が来日せずに作成されたことを明らかに示唆しています。 しかし最終的には、世銀は日本の火力発電所への輸入融資を進める決定を下した。 確かに世界銀行のスタッフの中には、日本の当初の水力発電プロジェクトの提案と、米国輸出入銀行が融資することが判明した火力発電プロジェクトの相違について懸念を示した人もいたに違いない。 また、自助プロジェクトを直接支援するために、石炭部門の合理化のための灌漑プロジェクトや石炭プロジェクトなど、緊急の資金調達を必要とする重要な部門が他にもあるのではないかという懸念もあった。 言い換えれば、世界銀行は日本の外貨需要の一部を賄うだけの準備ができていたのである。 日本には、フランス、オランダ、デンマークルクセンブルクに提供されたような復興融資は提供されなかった。 輸入品を特定せずに必需品の輸入に資金を提供すること。 また、日本にはプログラム融資や現地費用融資は提供されなかった。

 

 この決定を受けて、世界銀行は、日本と世界銀行が日本の経済発展に向けた世界銀行融資の一般的なアプローチについて協議を開催すると発表した。 中部電力関西電力九州電力会社による 3 つの電力プロジェクトが、世界銀行の日本への初期投資の根拠として挙げられています。 大統領報告書で説明されているように、電力融資の準備には異例のプロセスがとられた。":"[…]。  1952 年後半、これらの企業は、米国メーカーの最新の高圧高温熱発生装置を 3 つの工場に設置するための外貨費用を支払うために、総額約 4,000 万ドルの融資を米国輸出入銀行に申請しました。 当銀行と米国輸出入銀行の代表者の間でこれらのプロジェクトについて議論した結果、この融資は当銀行が検討するのが最も適切であるという結論に至り、取締役会は1953年5月に副社長からそのように勧告されました。 基本的な分析と プロジェクトの評価は、電力会社の技術コンサルタントから提供されたデータに基づいて世銀スタッフによって行われました。 補足情報は、電力会社、日本開発銀行、日本政府の技術および財務担当者との協議で得られました。  []"。内部メモには、世界銀行が利用可能な情報を確認したことが示されていました。



 

 

 米国や欧州で製造され、日本の電力会社が輸入する予定。

 

 「技術報告書」と大統領報告書は、日本の総電力消費量は 1952 年の約 410 億 KWh から 1957 年には約 530 億 KWh に増加すると説明しています。この推定値は、同時期の産業用消費者による需要の約 28% 増加を占めています。 この増加に対して、日本の電力会社の拡大計画では、1952 年から 1957 年の間にさらに 290 万 KW の設備容量の純増加が求められ、そのうち約 63 万 KW が火力発電、226 万 KW が水力発電となる。 熱容量はほぼ 78 万 KW に過ぎないが、平均水位では水力発電の場合は 1,865,000 KW となる。これに対応する拡張投資支出は民間電力会社 9 社により 18 億米ドル、その他の電力会社により 5 億 3,000 万米ドルと見積もられている 民間電力会社 9 社の設備容量に占める民間電力会社 3 社のシェアは全体の 37%、電力会社 9 社では 42% でした。

 

 技報によると、日本の電力会社9社のうち、この3社は製造業や輸出向けの最も重要な電力会社だった。 さらに、それらは発電能力が不足しており、主に資金不足により戦時中の作戦中に困難に直面した後、すべての発電機の交換とメンテナンスが延期されました。 各システムは最適な状態で稼働し、水力発電の利用を最大限に高めていましたが、それでも水力発電所の出力は主に降雨量に応じて大きく変動し、予測不可能でした。 その後、蒸気プラントは乾季の間の水力発電プラントの生産を補うために使用されました。 すべてのシステムの顕著な特徴の 1 つは、送電、変電、および配電におけるエネルギー損失が大きいことでした。 これらの損失は、メンテナンスの延期と、送配電ネットワークの過負荷状態を緩和するための新規回線容量の必要性を一部反映しています。 これらの損失は関西システムで特に大きかった。 興味深いのは、同報告書が、日本経済に固有の低い電力料金を維持するために、乾季や一年の一部に電力不足を抱えながら生活していくほうが、日本経済にとって現実的であることが十分に証明されるかもしれないと明確に述べていることである。 拡張に着手するのではなく、既存の水力蒸気能力の比率を向上させます。 

 3電力会社の1957年の総電力需要は30%増加すると推定 同時期の産業部門の成長に基づいて、1952 年のレベルと比較した。

 

 この予測に反して、拡張プログラムが準備され、その内容には発電のみが含まれていました。

 

 これらのプロジェクトはすでに日本政府によって着手され、認可されていた。

 これらのプログラムは、後にコミットメントプログラムと呼ばれます: 1952 年のカンサルの総投資額-

 

 1957 年の場合、837 億円 (2 億 3,200 万米ドルに相当) になります。 九州、613億円

 

 #日本の中部・関西・九州火力発電プロジェクトに関する技術報告書、1953年10月7日、世界銀行

 

 「彼らは60サイクルで電力を供給しており、東京と他の北方電力会社は30サイクルで電力を供給しています。






 (1億7,000万米ドルに相当); そして中部は755億円(2億1,000万米ドル相当)。 投資の重要な部分は、高温高圧で低燃料消費量で運転し、日本で稼働中のどの発電所よりも優れた熱効率を実現する提案された新しい火力発電所でした。 具体的には、3 件の融資総額は 4,020 万米ドルで、そのうち関西電力は 75,000 KW の発電ユニット 2 基を備えた 150,000 KW の蒸気発電所一式の輸入に 2,150 万米ドル、九州電力は発電ユニットの購入に 1,120 万米ドルでした。 関西プロジェクトと同一の発電ユニットを備えた75,000KWの蒸気発電所を完成させる。 また、中部電力は、設置後の発電ユニット 1 台を備えた 66,000 KW の蒸気発電所の完成品を取得するために 750 万米ドルを費やしました。 運用初年度の節約効果は、関西で 17%、九州で 20%、中部で 6% の投資収益率と見積もられました。

 

 コストをカバーし、財務の安定を達成し、負債による資金調達と適切な比率で適切な自己資本を調達し、投資資金を調達するため、電力料金は今後数年間で大幅に値上げされる予定でした。 電力会社の財務予測に関連する主な変数に関する不確実性を考慮して、世界銀行は投資を最小限に抑え、「既存設備のより有効活用のための改善プログラム」の実施による運営効率の改善について楽観的な立場をとった。 過度の拡大に歯止めをかけ、不均衡な資本構成を防ぐ観点から、負債資本比率を最大2対1に制限することを提案した。

 

 世界銀行の全体的な枠組みと交渉上の立場は、前述の技術報告書に基づいて設定された。 日本政府、電力会社3社の代表、世銀との間で実際の協議が始まったのは1953年6月29日である。この日を最初の対日融資に関する協議の開始日とし、世銀理事会による融資承認日を考慮すると、 終了日が 1953 年 10 月 15 日であるため、交渉には 3 か月半かかりました。 交渉期間だけがこれほど長いということは、単に議論が困難で長引いていることを意味している。 しかし、このような期間は、これが日本と世界銀行の間のプロジェクトの実施に関するそのような協定の最初のものであるということも十分に正当化される可能性がある。 さらに、日本の世界銀行に関する知識や世界銀行の日本との経験はまだ限られていたため、これに到達するには当然長い時間がかかるだろう。 しかし、これほど長い時間がかかった理由を検討する価値はあります。  「日本の代表団と世銀との間の一連の会議議事録」を検討すると、議論された主要な問題は、日本政府が提案したとおり、日本開発銀行(JDB)が借り手となるべきかどうか、世銀と世銀の間のプロジェクト協定の有無などであることが示されている。 電力会社の財務状況の改善と電力料金の値上げを融資条件に含めるべきかどうか、世界銀行、日本政府、JDB、電力会社の間での担保措置が不可欠かどうか

 

 レパノン代表団と世界銀行との会談のアセトートが日本で入手可能

 

 世銀は、電力会社との間の仲介組織を好まなかったため、JDB を通じた融資という考えに満足していなかった。 さらに、世銀は JDB の財務状況や銀行としての組織的能力を知らなかった。 世銀は、過剰融資の程度、既存の延滞融​​資額、国内の他の長期信用銀行との競争の程度などについてさまざまな疑問を提起した。 世銀は当初、借入先は JDB ではなく、電力 3 社あるいは日本政府そのものであると認識していた。 政府への直接融資が最も煩雑ではないと考えられていたが、民間電力会社9社のうち特定の電力会社に対する直接融資の保証を引き受けることに日本政府が反対したため、世銀は政府も同様に反対するだろうと予想していた。 これらのプロジェクトの完了やその他の必要な投資のために現地通貨資金で電力会社に直接融資を行うこと。 世銀は日本の代表団に対し、JDB を電力会社との共同借入人にする可能性さえ示唆した。 最終的には日本政府の意向が通り、JDBが借り手となることが決定した。

 

 JDB が主な借り手となることを許可するというこの決定に基づいて、世界銀行は、他の選択肢は、関係を直接定義するプロジェクト契約を導入することです。

 

 プロジェクトの適切な実行を確保するために、WB と 3 つの電力会社のそれぞれとの間で

電力会社によって。 プロジェクトの実施は借り手であるJDBを通じて保証されることになっていたため、日本のチームは当初、プロジェクト契約の必要性を理解するのに苦労しました。 結局のところ、関西電力に対する提案された融資は、1952 年から 1957 年の投資計画の約 9% に相当しました。 九州までは約7%。 そして中部へは約4%。 しかし、プロジェクト協定の必要性に関する世銀の説明に納得した後、議論の焦点はプロジェクト協定の内容に移った。 代表団は、「コミットメントプログラム」と「提案されたプロジェクトおよび融資に関連した改善プログラム」の実際の定義について疑問を呈した。なぜなら、それらはキャッシュ会社の日々の破綻の実際の実施を柔軟性に欠けているように見せたからである。 世界銀行は次のように説明しようとしました。

 

 提案されたプロジェクトは、新しい設備の設置と設備の調達資金の融資であり、すべてのプロジェクトは日本のより大きな電力開発プログラムの一部であるというものだった。 電力開発の全体計画に基づいて財政的および経済的正当化がなされたため、計画の実行は重要であった。 それとは別に、プロジェクトが一体的に関連するプログラムに大きな変更が生じた場合、プロジェクトを実施する組織の財務状況に深刻な影響を及ぼし、プロジェクトの早期完了の見通しが低下する可能性があります。 プロジェクトを完了するために、電力会社は、

 

 彼らとJDBが利用できる金額を超えて、多額の現地資金が必要となった



 資金調達は依然として不可欠であった。 したがって、JDB がプロジェクトやプログラムを完了するために必要な資金を提供できるように、さまざまな金融協定が融資協定に組み込まれました。

 

 電力会社が提示する低い電力料金も世銀との議論の対象となった。 世銀は電力料金の低水準と電力レベルの計算根拠を懸念していた。 世銀は、現在の水準が維持されれば、電力会社は必要な債務を返済できず、必要な拡大計画を実行できない可能性があると考えた。 世銀は日本の代表団に対し、現在の金利は他の商品の価格に比べて極めて低いものであり、日本の物価のインフレ傾向と関連させなければならないだろうと説得しようとした。 その後、協定にはこの要素が組み込まれ、電源開発プログラムの完全性が損なわれないように、適切な電力料金体系が確立および維持されるようになりました。 同様に、電力会社の基本的な財務構造を保護するために、協定には、各企業の連結負債を連結資本および剰余金の2倍以下に制限するという要件が含まれていました。

 

 最も困難な問題は、日本政府、IDB、電力会社、世界銀行の間の安全保障協定に関連したものでした。 手配者は、各電力会社の資産に対して、既存または将来創設される一般抵当権に優先する先取特権や債務を設定できないことに同意した。 日本政府と世銀の間で、日本政府は、そのネガティブ・プレッジ条項の規定を、政治部門および日本銀行を含むその機関に対して有効にするよう求められた。 電力会社 3 社と WB との間では、JDB と WB との間で締結されたものと同様の契約が締結された。  WB の説明によれば、否定的な誓約条項は WB に優先順位を与えるものではない。 それは、資産のメンバーによって設定される可能性のある先取特権に比例的に参加する権利をWBに与えることで、WBが従属的な立場に置かれることを防ぎます。 したがって、協定にそれを含めることは、世界銀行の観点からは標準的な慣行です。

 

 日本銀行が特に言及された理由は、多くの中央銀行の一般的な法構造により、資産がそのようなネガティブ・プレッジによって自動的にカバーされることが許容されているためである。日本の場合、日本銀行の資産は明確にカバーされていないからである。  融資文書には日本銀行の記載があります。 ラパネーゼ法に基づく抵当権の性質を確認するために、世界銀行は長年日本で働いてきたアメリカ人弁護士(マクルーバー氏、カウフマン氏、山本氏の法律事務所所属)の協力を要請した。 同氏の存在は、電力会社3社が日本の商業銀行に有利な先取特権を設定する未払いの義務と、日本の商業銀行に有利なマイナス質権条項を設定する未払いの義務を負っているという日本側の情報の遅ればせながらの開示に関して、日本の代表者とWEとの間で起こり得る不快な対立を回避するのに特に役立った。

 

 そのような銀行。 どうやら総額は少額で、融資期限内にすべてキャンセルされたようです

 

 効果的になる。



 日本と世界銀行の間の保証協定。  WB と各電力会社との間のプロジェクト契約。 交渉担当者による記録情報はアーカイブで豊富に入手可能であり、唯一欠けていた要素は、電力会社 3 社の代表者と世界銀行の技術・財務スタッフ間の技術的・財務的議論であった。 それでも、全体像は非常に明確に浮かび上がってきました。 米国輸出入銀行に代わって世界銀行が日本の主要融資者となり、日本は電力会社3社に代わって世界銀行から最初の融資を受ける交渉を完了した。  3 つの融資は 1953 年 10 月 15 日に世界銀行理事会によって承認されました。それ以来、日本は借り手として世界銀行との関係を開始しました。






 火力発電プロジェクトのためのラパン開発銀行への 3 件の融資提案に関する理事会への大統領の報告と勧告、1953 年 10 月 6 日。

 

 電源開発株式会社の御母衣水力発電プロジェクトに対する日本開発銀行への融資案に関する補足報告書および執行役員に対する社長の勧告、1959 年 2 月 9 日

 

 日本動労経団への神戸事業への融資案に関する社長の常務理事への報告と勧告

 

 名古屋高速道路第 2 事業、1961 年 11 月 21 日。東京に対する日本ダム公団への融資案に関する社長の理事らへの報告と勧告

 

 汁岡自動車道事業、1963年9月16日

 

 1965年5月14日、汁岡豊川自動車道に対する日本動労公団への融資案に関する理事らに対する社長の報告と勧告。

 

 日本動労公団への融資提案に関する社長から執行役員への報告と勧告、1966 年 7 月 19 日 日本の中部、関西、九州火力発電プロジェクトに関する技術報告書、1953 年 10 月 7 日。



 ジャパンパワープロジェクト。 フォルダー 1857615、ボックス #13、覚書、I.C. デ ワイルドからメサールへ。 グレッグとルシンスキー、日本の火力発電プロジェクトに対する融資提案、1953 年 5 月 22 日、

 

 



 1951 年 10 月 19 日

 

 日本会員申請書類ボックス? ファイル 1. 執行委員会のメンバーへの秘書、ラパンのメンバーシップ、ラパンのメンバーシップに関する委員会のメンバーへの秘書、報告書 No. 1。1952 年 4 月 22 日。

 

 日本加盟申請書類、Box7 ファイル 1。EBD/52/90、理事会メンバーの秘書。 日本の会員申請、1952年5月29日。

 

 日本 - 加盟申請書、Bot7 ファイル 2. 覚書、L. D. スタインバウワー、国務省からフランク A. サザード IME 宛、1951 年 7 月 10 日、IMF への日本の加盟、添付書類 3 件 L. SCAP 声明のコピー、2. への覚書

 

 1951 年 6 月 26 日のスノー氏。  3. 51 年 7 月 2 日のスノー氏からの覚書。 日本加盟申請書、ボックス #7 ファイル #2。 メモ。  1951年7月17日、アンドレ・ファン・カンペンハウトからIMF常任理事フランク・A・サザンドへ。

 

 日本加盟申請書、Bos7 ファイル#2。 執行委員会文書 No. 952 補足 1. 日本代表メンバーシップに関する執行理事会委員会の理事秘書。  1951 年 9 月 18 日。

 

 タパスの会員申し込み。  Box7 ファイル 2. 覚書、ローマン L. ホーン、会員委員会書記

 

 日本、1. W. ベイエン宛、日本代表との任命、1952 年 1 月 23 日。日本加盟申請書。 ボックス #7 ファイル #2。 覚書、ローマン 1. ホーン、会員委員会書記

 

 日本、ファイルへ、ラパネア代表との会談、1932年1月23日

 

 ベンキュー





 第一次世界銀行プロジェクトと融資の基本構造

 

  1. 借り手:

 

 日本開発銀行の各融資

 

  1. 保証人:

 

 各融資に対する日本政府

 

  1. 3件の融資総額

 

 4,020万米ドル

 

 2,150万米ドル

 

 関西パワー

 

 1,120万米ドル

 

 九州電力

 

 750万米ドル

 

 各ローンについて 1953 年 10 月 15 日

 

 4 融資が実行された日付:

 

 中部電力

 

  1. 発効日:

 

 各ローンについて 1953 年 12 月 29 日

 

  1. 締切日:

 

  1. 融資条件:

 

 各ローンの 1956 年 12 月 31 日。

 

 3年間の学年期間を含む20年間

 

  1. 金利: 各ローンごとに 5%

 

  1. プロジェクトの概要: 約 6,100 万米ドル相当の電力プロジェクトは、3 つの電力会社がそれぞれの会社に 60 サイクルの電力を生成する蒸気発電所を設置することを支援するものであり、融資は以下を含むプロジェクトの外国為替費用に融資します。 工事期間中の利息です。  3 つのプロジェクトは次のとおりです。

 

 関西 大阪湾の多奈川にある完全な 150,000 kw の蒸気発電所。それぞれ 75,000 kw の発電ユニット 2 基があり、それぞれ高温高圧で動作するように設計されており、総コストは約 3,100 万米ドル相当です。

 

 九州 九州の北東海岸のカリタにある完全な75,000 kwの蒸気発電所。関西のプロジェクトと同じ設計の発電ユニットを備え、総コストは1,700万米ドル相当、そして、 中部 - 四日市港地区の三重にある完全な 66,000 kw の蒸気発電所。1 つの発電ユニットを備え、総コストは約 1,400 万ドルに達します。

 

  1. 担保: 日本開発銀行から電力会社への各融資は、「電力会社 3 社の資産に対する日本の法律に基づく一般抵当権」によって担保され、そのような抵当権はそれぞれ以下のように世界銀行に質権されることになる。 担保 一般抵当権は、JDB が通常とっている種類の担保であるが、実際には優先返済権であり、通常の意味での財産に対する抵当権ではない。  「一般抵当権」、またはそのような先取特権を設定する義務よりも優れた担保権は、JDB または電力会社によって存在するか、または作成される予定であり、これらの組織による同じ趣旨の約款が融資契約およびプロジェクト契約に含まれることになります。

 

  1. 法的手段と法的権限

 

 (a) 世界銀行と日本開発ランク間の融資協定 主な規定

 

 JDIl は以下のことを行うことになります: 電力会社にプロジェクトに基づく義務を履行させる




 合意; プロジェクトの実行に必要な現地通貨を調達する。 電力会社の改善およびコミットメントされたプログラムの実行に財務手段を利用できるようにし、一般抵当に優先する電力会社の資産に対する先取特権が現在存在しない、または将来創設されるであろうという約款を作成する。 そして、セキュリティ文書を時間通りに提出します。

 

 (b) 日本と世界銀行との間の保証協定の主な規定は、日本政府が行うことである。  JDB の世銀に対する金融義務の保証に加え、融資契約に基づく 3 電力会社に対する JDB の金融義務を果たすために必要な資金を JDB に提供する。 消極的誓約条項の規定を、日本銀行を含む政治部門およびその機関に対して有効にすることを約束する。 そして、電力会社が地域の電力需要を満たすのに十分な設備に資金を提供できるよう、電気料金を十分なレベルに維持する。

 

 (c) 世界銀行と各電力会社との間のプロジェクト協定 - 主な条項は、各電力会社が約束されたプログラムを完了し、系統損失の削減、給水処理の改善などの項目を含む既存設備のより有効活用のための改善プログラムを策定することである。  既存の部隊への追加と派遣慣行の改善。 プロジェクト契約の対象となる資本項目に大きな変更がある場合は、世界銀行に相談してください。 現在の再評価差額金を資本として考慮して、自己資本と負債の比率を 1 対 2 以上に維持する。 そして、一般抵当に優先する資産の先取特権は現在存在せず、将来創設される予定もないことを誓約する。

 

  1. プロジェクトの正当性: 日本の電力生産は戦後著しく増加しましたが、依然として需要に対して供給が不足しており、電力不足により工業生産の成長が遅れています。 最近の電力調査によると、電力需要は 1952 年から 1957 年にかけて 31% 増加することが示されています。この拡大した需要を満たすには、大幅な新規投資が不可欠です。 電力会社3社が銀行融資を受けて建設中の火力発電所は、この拡張プログラムの一環である。

 

 新しい火力発電所は既存の発電所よりも効率が高く、さらに3社は送電、変電、配電における電力損失を削減することで既存システムの効率を向上させる対策を講じている。

 

 





 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。