【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

債権や証券に関する担保設定というものは 30年間期限設定の国際法があります。

ヒストリカル アセット つまり 歴史的資産と言われているものの中に巨額な債権などの情報が時々出回ったりはしますが そのことについて少し 書いてみたいと思います。

 

確かに歴史的な資産ということで巨額な債権を発行したという経緯はあったようですがそのような資金の多くは SRP の担保 口座の担保を用いて資金を発行した際に生まれた債権ということが多いと言えます。

 

つまり 銀行も資金が必要だということで SRP からの担保力を借りて資金を発行したという歴史があり そのような 債権は期限が過ぎたものが 一部流出をし噂になったりします。

 

 

歴史的に言えば1930年から1935年のニューディール政策に用いた 債券というものが最も古く その後は1960年代から1970年代にかけて発行された債券というものがあります 。

 

これは米国の連邦法における債権の法律でUCC 担保 情報や債務に関する情報というものは30年間を持って 全てが 抹消 がされると言う法律があります。

 

債券の証書が残っていたとしても、 これはすでに登録情報が完全に抹消されているものとなりますので、 実は銀行における債券情報として登録されているものは30年を超えると完全に抹消されるという風な法律になっておりますので 30年を超えたものに対して請求するのは非常に難しいと言えます。

 

 

ですから このようなヒストリカル アセットの世界を 追求されている方も結構多いのですが 連邦法を見れば30年で全てが抹消されるという風に書かれておりますので それ以上追求するのは実際の話は難しいと言えます。

 

この法律は 1951年にアメリカ合衆国連邦法として成立している法律 のために 1951年以降に発行された債券に関しては30年以上の期限を持ったものというのは全てデータは抹消されているということになります。

 

ただ1951年の法律が制定される前に発行された債券に関しては どのような取り扱い かっていうのは深くは理解はしておりませんが 、そのことに関しても SRP では33年のサイクルで行っているという風な記述がありましたので 多分33年で債券のデータは抹消されるということになっていたのでしょう。

 

またゴールドに関してもよくあるのが 割引のゴールドを販売するような 噂は世間で流れていますが 現物がきちんと確認できるものならば話は別ですが 例えば 古い SKRつまり 証券の取引を行っているものというとこれも 実は 30年以上 の古いようなものは データ 上は消えている 。

 

つまり 抹消されているもので価値のない証券の売買がされている可能性がありますので、その辺もしっかり見定めて 取引を考えなければ 歴史的なものや、 古いものという金融商品や証券 や 債券などは30年を超えるものに関しては全て 抹消されるというような法律のルールがありますから、 その点をしっかり理解して取り組まなければ大変なことになる可能性がありますので 情報として書きました。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。