【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

加盟国は、包括的委託契約を結ぶことで、数千億ユーロでも数兆ユーロを超える案件でもメテ財団は、公共投資事業を支援します。つまり無制限です。

  • 加盟国は、包括的委託契約を結ぶことで、数千億ユーロでも数兆ユーロを超える案件でもメテ財団は、公共投資事業を支援します。つまり無制限です。

 

加盟国に対して、メテ財団は、包括的委託契約を結ぶことで、すべて国家プロジェクトに対して、資金及び管理監督を行い事業を完成させることを行います。規模は数千億ユーロや。数兆ユーロレベルの巨大プロジェクトや複数のプロジェクトの同時進行も可能といえます。

 

特に貧困国と言われる途上国では、環境整備事業が全く整っておらず、上下水道、ごみ問題などが放置されており、環境悪化から、伝染病が流行して、寿命が短命な国家が存在している。そんな劣悪な環境を整備することや、医療面での支援として、遠隔でも様々な治療ができる設備が整った病院など、人道的支援という言う面から、環境整備事業を積極的に行うべき国も多数ありますが、資金面で実現出来ていないという国も複数あります。そんな問題も、加盟国は、メテ財団は、包括的委託契約を結ぶことで、環境整備事業の一式と衣食住、食料、エネルギー、食料、農業問題などの多方面の公共投資事業を行うことができます。水道、ゴミ問題など、公共サービスとして必要な設備投資なども積極的に国家プロジェクトとして実現することが可能になります。

 

また、交通インフラでは、地下鉄、都市間交通の鉄道網、高速鉄道なども含めてさまざまな交通インフラへの公共投資も可能になります。

 

つまり、加盟国は、メテ財団と公共投資事業の包括的委託契約を結ぶことで、政府の負担、国民負担をなくして、すべての国家プロジェクトについて直ちに引き受けられます。

 

財団としては、資金面とプロジェクトの管理を行い、事業を完成させます。その後、事業を地元に譲渡することで、現地化することになります。

 

条件としては、政治的圧力、賄賂請求には応じないということだけが条件になります。これを守ることで、加盟国の政府、国民負担なく、すべての国家プロジェクトを実現可能になります。

 

ですから、初期導入としては、100億ユーロの寄付ということになりますが、最終的には、加盟国は、各国数千億ユーロから数兆ユーロ以上の公共投資を行うことが可能になります。予算は、無制限ということになり、どんな国家プロジェクトを実現したいかというイメージを描くことが重要です。イメージした国家プロジェクトを実現化させるのは、メテ財団の国家プロジェクトとしての公共投資プログラムになります。

 

加盟国になりたい国家は、できる限り中途半端な公共投資を考えるのでなく、かなりインパクトのある公共投資をイメージしてください。そんな投資資金がなくて、絶対できないとおもうような案件があれば、そんな巨大プロジェクトや複数プロジェクトを引き受けます。条件は、国連加盟国の大統領もしくは首相と契約を結ぶことで実現可能です。

 

つまり、歴史に残る大事業を公共投資で行うことです。雇用の機会と収入の増やす機会ができます。また、国家としての税収も増えます。その事を行うのが、メテ財団が行う業務ということになります。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|METE連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928




 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。