【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

SRP の資産を使う方法というのは限定的である このことを理解すれば 世界経済は飛躍的に発展するだろう。

本 ブログでは国連加盟国に対する支援プログラムについて説明をしております。

 

これは世界で唯一の仕組みと言えるのですが SRP つまり 42の王族 グループの寄付 財源によって提供される資産を使った開発援助 プログラムについて説明を繰り返しております。

 

SRP と言うと全体的に言えば 相当な資産 つまり 世界で言うところのずば抜けた資産量を持っておりますが この資産を使うには 条件があります 条件があります。

 

これは国連加盟国の大統領 もしくは 首相が サインをして初めて SRP の資産を使って資金を提供することができるという仕組みがあります。

 

これは SRP の資産というものは 地球 経済を圧倒する資産量があるために使用方法には非常に最新の注意が払われています。

 

よって誰でもが使える資産ではなく 唯一使えるのが 国連加盟国の大統領 もしくは 首相が契約をして SRP の資産を使いたいということを申し出れば SRP はその資産を使って資金を提供します。

 

ですから 現在 SRP の資産管理を行っている メテ財団としては国連加盟国に対して支援をするということで 各国の大統領や首相に対して契約についての説明を行っているわけです。

 

多くの方から財団には非常に多くの資産があるということが書かれているわけですから もう少し簡単に資産を分けてもらうことはできないのですか という質問があるのですがこれは残念ながら財団としても 誰でもいいから資産を提供するということができないように ルール決めされています。

 

そのルールは誰が決めているのかということを聞かれると確かに資産を管理している側によって決められている ルール なので 皆さんが決めたルールでも何でもありません。

 

ただ 管理者の方も自由に資産が使えるということになれば この資産を使って世界を変えるようなことが簡単にできてしまえば 非常に問題が出ます。

 

そのために 資産に関しては厳しい監査をしており その使用用途に関しては 必ず その資産を使いたい国は国連加盟国であること そして 国連加盟国の大統領 もしくは 首相が契約をした時のみに SRP の資産から資金を捻出することができる。

この資金に関しては必ず国家プロジェクトを行うということで資金を提供するということになっています ただ単に お金 の ばらまきということは行いません。

 

ですから 国家プロジェクトが重要です これは大統領 もしくは 首相が契約をすれば SRP の資産から資金はほぼ無制限に提供することはできますが 次はこの資産の使用用途について決められています。

 

これは 国家プロジェクトとしての公共投資事業や環境整備事業 また国家として必要な 様々な事業に関して 国家プロジェクトを遂行する上で必要な費用は SRP の財源から無制限に捻出することができる。

 

というルールになっているために そのルールに従って 加盟国になれば様々な国家プロジェクトを支援できますということをお伝えしているのです。

 

これは全て SRP の資産を管理する側の使用方法に関する縛りを設けているということが非常に周囲から見て分かりにくい 開発援助 プログラムだと言われるのは仕方がないことです。

 

このことを考えた時には例えば 法律 で選挙権は成人してからとか運転免許証は何歳から運転できますとか様々な許可に対して縛り というものが法律では存在します。

この例えが良いのかどうか分かりませんが SRP の資産は世界最大の資産を有しているがその資産を使いたければ国連加盟国の大統領 もしくは 首相が契約をすることがなければ SRP の資産から資金を提供することはできないというルールになっているからです。

 

よく財団に相談があるのがそちらは 管理している仕事ですから自由になんとか動かすことはできないのですか と言われるのですがこれはルールがあるので動かせません。

 

つまり 筆者も財団のメンバーとして仕事を行っておりますが いくら ボスと話をしてじゃあ勝手に動かすか ということには行かないのです。

 

重要なポイントはこれは 国連加盟国の大統領 もしくは 首相が サインをすれば SRP の天文学的な量の資産から資金を捻出してそれを 国家プロジェクトを遂行するというプロジェクトの活用 資金としてのみ 資金が活用できるとルールで決められているのでそのルールに合わせているだけです。

 

ですから このことが理解できれば 筆者が説明している内容については非常によく理解できると思います。

 

これは日本の企業育成資金 と呼ばれている 償還金と同じ話になります。

あれも 日米 償還金協定 と呼ばれる条約があり この協定に従って資金を捻出しなければいけないとなっているのです。

 

これらの国家予算外資金などとも呼ばれる 担保 口座に保管されている簿外資産については この資産を動かす場合のルールが非常に厳しく 限定されているということを理解しなければいけません。

 

日本の場合は日米 償還金協定という時に決められたルールがあり そのルールは日本の主要企業で資本金が100億円以上 昔は300億円でその前は 500億円だったらしいですが時代とともに 基準が変わっているようです。

そのような 東証 プライム企業の代表権のある個人を対象として資金を提供するというルールを主催者側が勝手に決めているわけです。

つまりこのような国家予算外資金と言われる資金を活用する場合には限定的な基準を設けており その基準を満たした人のみが契約をした時にその国家予算外資金と言われている特殊な財源を活用することができるということになります。

 

これは日本国内のルールですが外国に目を向けると国連加盟国で同時に大統領 もしくは 首相が サインをした場合に 国家予算外資金を動かすことができ その資金は必ず国家プロジェクトに対して資金を活用しなければいけない。

 

というようなルールになっていることが原因をしてその ルールに従って資金を出すために国連加盟国の大統領や首相に話をして 国家プロジェクトを推進しませんか という話をしているのです。

 

つまり 財源はいくらでもあると言えるぐらいの量があるのですが 使用用途の方法については非常に限定されているために その仕組みを理解して申請しなければ非常に多くある資産があっても価値をなすことがありません。

 

ですから なぜここで説明しているのかというのは非常に単純な話で使い方がわからなければ巨額な資産があると言っていても何も意味がないからです。

 

ですから なぜ大統領や首相のサインがいるのですか と聞かれれば これは 世界最大の資産である SRP の資産を動かすには そのような縛りの条件を決めているからです これは主催者側が地球 経済に対してあまりにも影響を与えないために 国家元首 である 大統領 もしくは 首相の調印の下で その国で国家プロジェクトのために使うということをすれば これは国家のためになり そしてその政府のためにもなるから重要であると言えるのです。

 

さてこのようなことを理解していただくことによって 昔からこのブログで説明している国家予算外資金 と呼ばれている 担保 口座に保管されている資産から資金を捻出し その資金を活用することができるようになります。

 

これは今も昔も一緒ですが このような資金を政府の国家プロジェクトに対して使った場合は必ず国債を購入をして使った費用を保証するということも重要です。

 

このような仕組みで経済を作るというやり方を昔から行っていますのでその世界版を今行っているというのが 現在の筆者の所属する財団の業務であると言えます。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。