【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本国内の PPP について 様々な角度から考察する

日本国内で行われている PPP つまり ゴールドの割引におけるトレードというものが行われていますが なぜそういうことが行われているのでしょうか。

 

そのことについて少しお話したいと思いますが これは歴史的なことを理解しないとこ の説明がつきません。

 

つまり 日米間の間で資産の管理という話があります。

日米 償還金 協定 というものがありますが これ 企業育成資金にも関係している話ですが 日本は戦後間もない頃に大量の金融資産である ゴールドを含めて持っていました その資産の一部がアメリカに移送されたということが世間で言われているところの M 資金の話になるわけですがその事実があったからなかったのかって話をすると確かに 戦後 そのような事実はあったのは事実です。

 

ただこのことに関して 実は返還運動というものが起こり 資産が返還されてきています。

 

つまり ゴールドの資産が返還されてきているものが 日本に保管されているものがあるわけです。

 

そのような資産の多くは表の帳簿に書かれている資産ではなく 簿外 管理された資産ということになりますのでそのような資産を表に出す場合は直接金の買い取りセンターに持っていけば金が売れるじゃないかと言いたいところですがこれは法律的にできません。

 

つまり そのような 簿外管理されたは名義を入れるという作業が必要になるので 実は ここのところで個人の名義を経由してそこから第三者に転売するという方法で売却をしているというのが この日本における割引のゴールドや PPP の取引の理由です。

 

もしそのような資産が自由に 金の買い取りセンターに持っていくことができれば わざわざ めんどくさい PPP における個人間の売買をしなくても良いわけです。

 

なぜ行っているかというのは 今も 説明したように 簿外 管理された資産を名義を入れるということをする作業はこれは PPP 極秘に個人間での当事者同士の取引ということで購入者の名義にして 購入者は第三者に転売するなどをして利益を得るというのが ゴールドの割引商品の利益の出し方ということになります。

 

ただ単に割引のゴールドを保有したいという方もこのような案件からゴールドを調達しようと思いますが なかなか本当の売主様が見つかるのが難しいということにはなりますが 実際のことを言うとこれは 企業育成資金も ゴールドの販売も共通しているんです。

 

つまり 企業育成資金というものはどちらかというとこの裏付けの担保って何なの といえばこれ 実は ゴールド なんですよね。

つまり ゴールドを管理している世界というのはだいたい 狭い世界で共通していますんで そこに関係して つまり一部 簿外で管理しているものを市場で販売するために名義の移転をさせる作業をしているのが まさに ゴールドの割引販売や ゴールドの PPP のローリングの取引です。

 

 

ですからこれ 皆さんにお伝えしたいのは 企業育成資金という世界 とゴールドの世界というのは結構 距離が近いものだと思ってください。

 

あと政府 国債の割引の取引というものがありますが この世界とも 割合 距離が近いと思います。

 

つまり 政府側に資金を入れる際にはこのような 簿外で管理された資産から生み出された 簿外資金というものは政府に投入する場合は 政府 国債を購入する資金とするというルールが一般的にありますから その際には 国債の割引商品というものが活用されます。

 

ですから 関係性があるわけです。

 

そういうようなことを考えてくればこの世界はいろいろ世間では言われています PPP や企業育成資金など言われていますけども ほとんどが 似たような世界で 存在しているわけです。

 

もっと言うならばこの仕組みを管理しているはアメリカ側の法律によって管理されているわけですから それを承認するところがあるわけです つまり 承認する先は同じと言えるんです。

 

よってプラットフォーム つまり 主催者は いくつかはあるけども この業界はみんな 横 つながりの世界で行われているというのが 実際のことです。

 

あまりこの世界について深く理解していない人は頭の中で全く整理がつかないと思いますがだんだんこの仕組みについて深く理解してくると関連性という世界が見えてきます。

 

そのような世界だということを理解してこの世界を見つめていくと 非常に面白いです。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。