【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

サイレントキラーの存在と選民主義と言われる世界が実は存在するのか?

サイレントキラーの存在と選民主義と言われる世界が実は存在するのか?



皆さんは、米国に対して反対違憲を言う人もいますが、これは、米国が一枚岩で皆、良くないということではないのです。この中で言われるのは、米ドル利権という世界です。つまり、銀行会における米ドル利権について、死守したい人たちが行っていることが、今話題になっているのです。大量破壊兵器や人口削減計画など言われていますが、人類は、3億人以上の地球上必要ないと考える人が存在しており、誰が生きて、誰が死ぬかは神に任せれば良いと真剣に考えている人がごく少数の選民主義の中にいること言われています。

 

つまり、米ドル利権を作り上げた銀行家グループと言われており、米国では、DSなど呼ばれていますが、とくに、その存在について、指摘しているのはトランプ元大統領であると言えます。米国は、民主党は、銀行家支援が強い政権と言われており、共和党は、その逆であると言われています。とは言え、ほんの一部のロビー活動家によって、作り出されている世界であり、目的遂行のためには、サイレントキラーとして手段を選ばないと言われ、政治的なロビー活動といえない部分があります。

 

実は、そのような事実がクローズアップされるようになり、米国の連邦制度に対して反対を唱える人が増えているのは、米国内部での動きでもあります。今年は米国大統領選挙になりますが、ほんとに、なにか象徴的な事件が起こってもおかしくない状況になっています。

 

ただ、米ドル利権の世界を死守すべきロビー活動は、正直、予期しない世界ということになっています。米ドル利権といっても、これは、連邦制度の中でもロビー活動をして連邦制度を作ったファミリーとの関係であり、これに関して言えば、王族は関係ないです。王族側は、銀行利権を保全するより、開発援助を使ってどんどん支援をした方が良いのではないかという考えが強いといえます。現在は、従来の米ドル利権をもっていたグループのみが極秘で活動するようになっているのが、DSとの関係性などと言われていますが、その実態は、不明であります。

 

いずれにしろ、サイレントキラーとしての利権後続がしていると言われていますが、ただ、前回のブログでも指摘しましたが宇宙開発に時代は変わってきているので、地球上での活動でなくなれば、もはや、どこで何をしているか見えることはまずなくなり、この世界はまったく予期しない方向に向かっています。

 

今、不安定な時期になっているのは、事実であり、世界的に行われているパンデミックとワクチンの問題などが取り出されていますが、これらも、人口削減計画を考えている選民主義を真剣に考えている人たちによる利権構造によって、出来上がった仕組みといえます。

 

これは、カルト的な宗教と同じであると欧米では言われています。

 

ただ、その活動は欧米よりも、特に日本に集中していると言われており、DSの活動は日本で活発化しているという噂があります。その理由は、米ドル利権を脅かす最大の敵は、どこにあるか?それを考えたときに、その動きは、日本に集まるのは理解ができると言えます。

 

つまり、日本国民は、見えないサイレントキラーの世界と隣り合わせである可能性があるのです。

 

よって、日本人は、真剣に日本を守るのは日本であるという自覚が必要になるでしょう。ただ、歴史的に考えて、日本は本来は、戦争に負けて大陸から安住の地を探して移住してきた人が集まっている渡来人の国家であることを考えれば、大陸と戦うことを考える前に、調和と平和を考えるべきでしょう。

つまり、そのような集合意識を持つことで、何かが変わるでしょう。ただ、日本には、危機的なサイレントキラーとしての危機的な世界が存在していることは、予想する必要があります。いずれにしろ、国家を守るのは国民の義務であるということが大切かもしれません。



 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。