【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史は、繰り返すという言葉があるが、今考えられる歴史の繰り返しとはなにか?

歴史は、繰り返すという言葉があるが、今考えられる歴史の繰り返しとはなにか?

 

ここ最近、歴史的資産の多くは、日本及び米国の歴史的資産の担保は、中国王朝と関係しているということを説明しました。それと、台湾有事は、他人事ではないということが、なんとなく理解出来てきたのではないでしょうか?

 

台湾有事という言葉が話題になっていますが、実は、これはあくまでも歴史的な事柄と、戦争という歴史を考え、歴史は繰り返すということを考えると・・・その答えは、どうなるでしょうか?

 

すでに、一部のDSと言われる組織の中では、十分に台湾有事を起こるシュミレーションを考えていると思われます。DSの存在については、都市伝説的なことで言われていますが、DS=アメリカではありません。DS=銀行友愛会等と言われる、銀行家の一部のグループが組織する結社であると言われています。

 

実際のことを言えば、目的は、銀行利権を守るために活動するロビー組織ということになり、銀行利権を守るためであるなら、手段を選ばないという強硬策を取る友いわれています。

 

ある意味、ある意味、現在における「ハル・ノーㇳ」が存在しているといえるのです。つまり、焦点は、銀行家グループからみたときに、圧倒的資産というものは、これは、中国王朝に関係していると言えます。連邦制度の維持が出来てきたのは、中国王朝資産の裏付けがあったからと言えます。日本との関係性と言われていますが、日本は、1921年のロンドン会議の際に、日本が、イギリス、米国、フランスの大統領に呼ばれて、集まった会議で、不換紙幣を発行するために、日本は、アジアの王朝ゴールドを集めることを約束して集めたが、結論、最後は、協力から圧力がかけられ、軍部の反乱ということで、日米開戦となり、結果、日本は努力して集めたゴールド資産をすべて戦争における管理資産として米国の法定管理される事になったのです。つまり、アジア出向いて、ゴールドの現物集めとデーター収集は、日本が行い、最後は、その資産は、NYの銀行家グループに差し押さえになったというのが、歴史的事実として、一部で知られています。ただ、このような歴史は、あまり、教育されることはありませんが、よくよく調べると調査できます。つまり、第二次世界大戦は、軍人における戦争というよりも、銀行家が大きく関与した戦争であったというのです。

 

NYの銀行家グループは、ブレトンウッズ体制における銀行家にとっては、最高の時代を築くことが出来たと言えます。ただ、その状況が今、そうはうまく行かなくなっているいえます。

 

米国一強の時代が終わり、中国の台頭であり、中国の台頭の裏には、中国華僑の力が大きく関係しています。中国の現政権が求めたものは、一帯一路ということは知られていますが、その裏で活動したのが、福建省出身の華僑グループに話をして、このプランを実現する動きからスタートさせました。

 

ある意味、中国のユダヤ人ともいわれる人たちであり、商売がうまく、集団投資をして大資本で世界を驚かせる投資を行っているグループです。東南アジアから全世界に広がる中華街を作っていったのは、福建省の華僑が大きく関係したと言われています。台湾といっても、福建省の沖にある島で、台湾語と福建語は、近い言語です。

 

ここで問題になるのが、米国一強でなくなり、中国の台頭ということで、その裏では、中国華僑の動きが活発化していることを考えると、少人数で極秘で動く銀行会にとっては、非常にやりにくい存在といえます。

 

金の武力で世界を抑えてきた方法であるが、近年は目立った動きが難しくなったと言われれており、テロや気象兵器、その他、天災、ウイルスなどサイレントキラーとして恐れる存在が目立つようになっているが、陰謀論的に言われているが、やはり、そのような陰謀論と言われる世界も否めないといえます。

 

つまり、世界的な人口減少計画と言われており、このサイレントキラーの手段が利用されていると噂されています。そこで、日本の危機について理解をする必要があるが、日本は、台湾有事とどんな関係があるか?もし、あなたがDSのトップであれば、どのように考えるだろうか?性悪説として・・・

 

つまり、単純である。代理戦争をさせれば、良いと考えるでしょう。

 

代理戦争というのは、直接関係する国が戦うのでなく、代理で戦争を起こさせるということで、潰したい国の勢力を弱める効果を狙うのです。つまり、台湾有事で一番困るのは、米ドルの基軸通貨としての価値の保全ということでの資産に関係しているわけです。つまり、台湾がある意味、米ドルの生命線といえる部分があるのです。

 

そうなると米ドルを守るには、まずは、台湾有事が起きれば、日本が台湾を支援するということで、中国との戦争に加担させることになり、結論、日本、中国が戦争の結果、疲弊した結果、最後は、正義の味方の登場ということで、後方支援で登場すると考えるのが、米ドル利権を守りたい銀行家はそう考え、最後は、米ドルによって、復興開発するので、お互い平和にする努力をしましょうという和平が行われます。

 

これは、第二次世界大戦でも経験したことですが、第二のハル・ノートでも言えるストーリーが存在するのか?と言えるのです。今年、来年が非常にそのタイミングとして危ない可能性があるというのは、王族資産が、1995年に次はその資産は、銀行家には貸し出さないということで、更新手続きをしないということを宣言して、国際法では、30年の更新時期というのがあるので、最終更新時期は、ちょうど。今年、来年ということになります。



なにが危険であるのか?その事を考えてみてください。911のテロは、米国で衝撃をあたえましたが、これは、歴史的資産についての保存データーが、例のビル倒壊したビルに密かに保管されていたのです。そのことは後々、証言によって、記載されています。つまり、王族資産に関する使用権についての争いは世界戦争に発展する可能性を秘めていると言えるのです。

 

多くの予言者は、大災害予告と言うことを行っていますが、最近、話題になっている予知夢のはなしであるが、2025年7月ということをいう人がいましが、フィリピン沖で発生した津波ということですが、このゴールド資産の多くはフィリピンに隠されたという事実、そして、中国との関係などを考えれば、ある意味、打撃を与える天災としての津波は、その地域に起きれば、なにか偶然でないことを感じるのではないかといえるのです。これは、あくまでも都市伝説的な話であるが、最近の攻撃は、サイレントキラーとしての攻撃が一般化しているために、何がどこで起こるか予想できないが、適格に対象物にダメージを与える攻撃として、津波が一番効果的であり、その津波を起こすプロセスとして地震が一般的であるが地震であれば、地上波が観測できるために、P波とS波に異常があるとおかしいと指摘されるので、今度は、人工衛星か宇宙からなにか落とす、隕石か、そんな技術が次の宇宙兵器の時代かもしれないと言えるのです。大量破壊兵器は、実は隕石の落下における襲撃が、核兵器以上の破壊力があることは知られている。つまり、今は小惑星の軌道修正が可能な技術が存在しているということであるが、本来は、隕石が落ちてくることを防ぐことが目的であるが、逆に、その動きを誤って?動かせば、地球に落とすことも可能になるのではないだろうか?

 

地球の周辺には、無数の小型の隕石が浮遊しており、その隕石は、常に観測できるものではないようである。とくに大きな隕石であっても、太陽方向からやってくるのもは、全く見えなく、観測が出来ないケースが有る。2010年頃、ロシアのシベリアに落ちた隕石などはそのような事が言われているのを見れば、宇宙監視を行っている組織としても、今の技術でも難しいということである。

 

ただ、このことは、世界的なテロということが起きる可能性ということを言えば、少人数で極秘でできる天災的なテロというのは、地震というより、次は、宇宙からの隕石落下と津波の効果的な実験ということが、今後の最大の危険なテロの可能性がある。

 

これはあくまでも、都市伝説的な話であるので実際に起こるかどうかわからないが、歴史的な事実を振り返り、都市伝説や今、宇宙軍が出来ていることなどを見れば、次の対象は、宇宙からのテロということが課題になるのでしょう。人類に平和が訪れるでしょうか?





 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。