実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2020-02-22から1日間の記事一覧

光陰矢の如し・・・・スピードが重要

MSA資金の補助金制度とは、 米国で資金管理者が資金管理を行い、日本の基幹産業経営者及び政府が資金を使用し、その一部を、欧州の銀行ネットワークが提供するPPPによる投資運用により財源の補充、拡充をすることで、財源を保全する流れを繰り返すことで、資…

PPP運用された資金を活用した補助金システムを解説。

MSA資金の補助金制度は、国際金融のPPP運用を用いたアイデアを用いた補助金制度です。 前のブログでもPPP運用に参加できる人、 口座管理者は、個人であること。 1億ドル以上の現金資産が銀行にあること。 反社会的組織に属さないこと。 が重要になります。 …

MSA資金は、PPP運用された資金であるが、PPPについて解説・・・

MSA資金は、PPP《プライベートプレースメント プログラム 私募プログラム》運用されていると説明しましたが、PPP運用とは、どういう制度か、下記の質疑応答について御覧ください。 英語で記載されていた資料を自動翻訳しているので、一部理解が難しい部分が…

MSA資金の話でよくある質問・・・最高裁での決定とは?

MSA資金の補助金制度でよくある質問で、最高裁の決定により、資金を委譲渡されたご本人は、「免税・免責・免訴・返還不要」になる という話の説明を受けると思います。 そこで、弁護士に質問したという方から連絡があり、最高裁で決まったことであるならば、…

利己主義であるなら、この案件は失敗する。これは、愛国心が必要である

MSA資金の制度については、実際には過去のブログを見ていただければ、一通り説明しましたので、これ以上、言語を用いて説明することがないと思うほど書いてみました。確かに、ホント専門的な細かい話がありますが、それは、実際に作業がする人が必要な知識で…

お金は仕組みによって出来ている。その仕組を民間人が理解できていないと、経済の発展はない。

最近のニュースを見ていると、消費税増税後の景気の冷え込みがひどい結果になっているということです。また、新型コロナウィルスの流行により、人が集まる場所、イベントへの打撃は、非常に大きいと思います。 「満員電車は、危険です。」 「社内で流行すれ…