お金がないならMSA資金を活用しなさい。

年金問題が、国家の重要課題として話されています。厚生年金の財源不足が言われ、その結果、年金は、株式市場で運用にかけられています。当然、株式市場で運用されれば、勝つ場合もあれば負ける場合もあります。負けた場合に、どうしたらしいのかという問題点があります。

株価が上がり調子ならばいいのですが、もし暴落することがあれば、大変なことになります。

今、そのことがメディアでも話題になっています。老後の資金不足がニュースでも話題になっています。

そもそも、財政難という「お金の問題」です。

すなわち、この問題をクリアーするには、お金が必要になります。

逆に考えれば、「お金があれば解決する問題」だと考えれば、簡単に問題解決できるのではないかと感じてこないでしょうか?

そんなときに、助けになるのが、国家予算外資金といわれる第三の財源 MSA資金の存在がクローズアップされてきます。といっても、この資金について熱く語っている方はインターネット上では少ないのですが、今年は、MSA資金を大きく活用できる年にしたいと思っています。

そのためにも、この制度を関係者に理解をしていただき、大きく資金を動かし、その中で、年金問題も一瞬に解決できるだけの財源も確保し、補填できるようにすることが重要です。

MSA資金は、欧州などの外国で外貨運用された資金です。すなわち、外貨運用された金融マネーであるので、外貨で海外で運用されている状況だけでは、日本国内で活用できません。活用するためにも資金を欧州から日本に移動しなければなりません。

欧州のユーロから日本円に通貨スワップにより両替し、その後、対象者の代取の個人口座に資金を移動する。その後、日本国内で資金が使えるようになります。

すなわち、資金の移動プロセスと条件さえ整えば、日本は大きな財源を確保できる手段を持っています。

過去に、日本の国難と言われた湾岸戦争のときにもMSA資金を大きく活用した歴史がありました。その後、MSA資金は、大きく活用することはほぼなくなっていますが、昨今の国際情勢を考えれば、非常に資金が必要な場面が出てきます。

やはり、そのときに協力できる対象企業の代取個人の認識も重要になります。

いずれにしろ、お金がないなら、MSA資金以外、大きく活用できる財源は、日本にはないということを認識するべきです。MSA資金の活用で国難を乗り切れるなら、その手段を理解すれば簡単に国家の財政難の問題はクリアーすることができるでしょう。

財源はあるのです。ただ、資金の出し方が、ちょっと特殊なだけです。