国家破綻陰謀論を打破するには、超簡単な作業で完了できる。

陰謀論か、それとも事実だと思って話をしているのかわかりませんが、「日本の国家財政崩壊論」が国民の生活を不安にさせています。MSA資金について知っている方なら、日本の国家財政崩壊論は、回避する方法はあることは、理解できると思います。

 

預金封鎖に、国家財政破綻への道と、生きていると常に不安になる話が多いのが、世の常です。

 

商売の鉄則は、幸福と不幸のどちらかがビジネスになります。幸福を与えることには、金を出し、不幸になると言われれば、それを回避するために金を出します。すなわち、経済危機を煽ることは、ビジネスになるということが言えます。

 

経済的不安を煽る「うそ」から打破するために、MSA資金を捻出するために活動する民間人の方は、「救世主・メシア」となるのです。

 

MSA資金を動かすには、民間人の交渉権を持った人物を経由して、民間人で日本の基幹産業企業の代表権者個人の方が、MSA資金が必要だということで、契約書にサインをすれば、簿外資金として巨大に運用されている国家財源を動かす事ができる仕組みになっています。

 

日本には、埋蔵金と言われる「MSA資金」があります。その民間財源を活用すれば、国家破綻がありえないのです。

 

なぜ、今の日本政府財源が苦しい状況に置かれているかは、単純な理由です。MSA資金を動かすための日本国籍の条件を満たした方が、MSA資金を必要だということで、契約書にサインをしないことで資金が動かず、ひたすら運用にかけられているだけです。今の状況では、欧州でPPP運用されたMSA資金は、それを運用しているトレーダーと銀行券の割引債を発行している欧州の銀行には金が回っているが、日本には、思うように金が回ってきていない状況に陥っています。

 

日本の国家財源の危機を打開するには、単純な作業です。

_________

「MSA資金を受け取れる立場にある方が、政府との契約書にサインをするだけで、何兆円、何十兆円、場合によっては、何百兆円と資金を動かすことが可能です。」

_________

 

もう一度いいます。MSA資金に申し込み、政府と立場ある民間人がサインを交わすだけですべてが解決します。

 

日本を救う救世主のやるべき仕事は、その単純な作業をすることで、日本の国家財政が救われ、そして、日本の将来ある発展が可能になると伝えるだけの作業です。

 

すなわち、非常に単純な作業で、日本の政府財源の危機問題は解決するのです。すなわち、日銀でいくらでも通貨発行するための外貨運用財源がありますが、その資金を活用する立場の方がその資金を動かす名義人が必要になります。名義人は、MSA資金に申し込む事ができる立場の日本人になります。

 

これを理解できれば、非常に単純な作業です。

日銀で発行された新紙幣をどんどん動かすには、MSA資金を受けることができる立場の方のサインがあれば、ロックを解除し、開封して、市場で使えるようになるのです。

 

国家財政を救済する仕組みは、非常にシンプルです。

 

難しい作業、手続きは、それを行う専門家が待機して作業します。実際に、通貨を発行するには、18の工程が必要になり、非常に面倒な作業ですが、それは、プロがやる仕事。

 

MSA資金を受けることができる立場の方のやる仕事は、契約書に「署名、捺印」をするだけの仕事です。

それで、国家財政難を救え、同時に民間に大きな財源が確保できることになります。

 

「シンプル イズ ベスト」 ということになります。