MSA資金は、日本政府単独では動かせない資金・それができるのは基幹産業の経営者のサイン! サイナーは、民間人の経営者に権限がある

MSA資金の動かしかたは、非常にシンプルです。MSA資金を受け取る基準を満たした日本国民(日本の基幹産業の経営者)がこの資金を申し込みしますということで、契約書にサインするだけで、議会の承認なしに、何千億円から何兆円という資金を動かす事ができる制度です。

 

MSA資金は、米英の監査のもとで、日本が管理運用している資金ですが、その使用権限が産業用ということで、基幹産業、銀行、信用金庫の代表取締役のみが申請できる制度で、政府財源の一つでありますが国も、MSA資金を動かすには、民間人のサインがなければ動かせない資金となっているので、正直なところ、日本政府の単独の決断で政府財源として勝手に使えないところが、辛いところということになります。

 

第三の財源である国外における歳入歳出外資金(MSA資金)は、目の前に財源があるのに、協力してくれる基準を満たした日本の経営者があまりに少ないことで、財源の運用を続けているだけで、出金が思うようにできていないという現状に苦しんでいるのが、日本の政府財源不足を生み出している一番の原因です。

 

MSA資金の財源のことを知り、協力的な基準を満たした経営者が日本に増えれば、日本の財政難など一発で解決できます。

 

MSA資金の巨額資金を動かせるかどうかは、日本の基準を満たした経営者のサインがあれば、どうにでもなるというのが、本当の話です。

 

MSA資金における資金者が本当に資金を動かせる立場ではありません。基幹産業の経営者がこの資金を動かすための契約者となる。すなわち、サイナーとなって契約を進めない限り、何もできない話です。

 

外貨送金されてきた外貨データーを日本円に両替して、日本円を動かす際にも、日銀でその資金を使用する理由が必要になります。その際のサイナーになるのも、MSA資金を動かす立場の基幹産業の経営者個人のサインになります。

 

これを知れば見えてくるかと思いますが、日本における通貨発行権として扱われているMSA資金の案件ですが、だれか、特別な人が資金者といてサイン行っているのでなく、資金を動かせるかのサイナーは、基幹産業の経営者個人(東証一部、銀行、信用金庫)の代表取締役代表理事)です。

 

ここで、考えてほしいのが、その立場の人が、今、このMSA資金のことを信じないで、そっぽを向いています。

 

これは間違っても無視してはいけない話です。逆に、これを無視するを続ける基準を満たした経営者は、日本国および日本国民のことを考えれば、完全に非国民的な行為だといえるのではないでしょうか?

 

巨額資金 MSA資金を動かす権限が、日本政府単独では決済できない現実に、苦しんでいます。

 

財源不足の解決は、選挙活動で誰を総理するかの問題でなく、経済対策の一番の解決策は、MSA資金を申し込める立場の方が、サインをしてMSA資金を動かすことで解決します。

 

日本の基準を満たした経営者は、日本政府がおかれた苦しい立場を理解することが重要です。

 

簡単です。サインするだけで、MSA資金をいくらでも動かすことができるのです。

 

国家のためになるので、一切問題になることもありせん。これは、叙勲の対象になる案件です。

 

あまりに直球勝負で日本の財源不足の理由と解決方法をブログで書きましたが、このこと誰かが言わないとなぜ、日本の財政がおかしくなっているか理解できないからとおもいあえて書きました。