【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

全国の金融機関に対して貸し渋りをなくための財源を・・・全国金融機関向けキャンペーン実施中。かつて無いほどの連携プレイが実現している!

委譲渡資金(償還制度;MSA資金)の案件ですが、現在は特に金融機関、銀行、信用金庫に向けてのアナウンスを強化しています。
また、監督省庁も協力を得る動きもあり、今までと流れがかわってきました。

どちらかと言えば、本資金に関しては、米国が主催して日本の企業向けに行っている案件であることで、日本の省庁側も必要性はあっても自身が主催している案件ではないので、積極的な動きがなかったのです。しかし、日本政府もこのコロナショックで国民の経済を全体的に支える必要があるということで、財源が不足していることがあり、昭和の成長戦略で活用したこの制度をもう一度、積極的に活用しようということで、声がけを関係者を通して行っています。

特に、金融機関に対しては、貸し渋りをすることなく、国民に資金の貸し出しをおこなってもらいたいということで、この委譲渡資金を活用していただきたくお願いしています。

銀行の預金高の3倍程度も出る補助金ですので、言葉は悪いですが、多少貸し倒れがあったとしてもこの制度を活用して、資金を調達することができれば、相当の資金強化になり、どんなことがあってもびくともしない財源を確保できることになります。

いずれにしろ、この動きは、全国に同時に行っています。

コロナの金融危機が逆にこの資金の活用するチャンスを生み出しています。

Flag Counter