コンサルタントを育成するための教育プログラムを考える。

企業育成資金について説明をすれば、色々過去から言われています。皇室系、財閥系、政府系という3種類に分かれるかと思いますが、基本的にはすべて共通することは、中央銀行におけるPPP運用のプラットフォームを用いた資金から資金提供するということになります。この資金をうごかすには、MSA法による規定がベースにあるということで共通してしています。

よって、現在における中心は、財閥系育成資金であるので、バラバラ説明をするのをやめて、説明の内容を一本化させることにします。

財閥系育成資金がすべてをカバーしている企業育成資金であるということが言えます。

MSA総合研究所は、4年近くインターネット上で活動してきており、育成資金についてのブランディング化は、十分できたのではないかと思っています。MSA総合研究所として何をするのが重要なのか?それは、財閥系育成資金を使って、日本の復活をすることです。そのことができるコンサルタントの育成をするのが、MSA総合研究所の務めではいかと考えています。

我々の目指すところは、特殊金融の世界を理解する日本のコンサルタントを育成し、日本経済の発展に寄与することだと思っております。
MSA総合研究所は、自らリーディングカンパニーを目指し本案件で何をすればいいのか?それは、育成資金を活用して、日本経済の復活をさせて世界的地位の向上をすることができる人材育成にあります。

コロナが流行しているので、人が集まって何かをすることができませんので、イベントは考えませんが、コンサルタントを育成するための教育プログラムなども今後いろいろ考えていきます。

MSA総合研究所より