【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

MSA総合研究所のビジネススキームについて・・・プロ育成資金コンサルタントの養成講座

MSA総合研究所の育成資金におけるビジネススキームとしては、基本的には、財閥系育成資金の業務をサポートしています。

財閥系育成資金とは、旧財閥の私財を米国FRBでPPP運用した財源を日本の産業支援のための財源として資金提供している資金本部のことです。はじめのベースとなる運用財源が大きかったことで、資金量が多いのは特徴です。これは政府系育成資金よりあとにできた企業育成資金です。平成10年頃に新しく発足した資金本部ということになります。

実績という点では、財閥系育成資金のほうが、新しく新設されたこともあり、歴史的には60年ほどある政府系育成資金のほうが成約件数は多くあります。

政府系育成資金とは、日米相互防衛援助協定における支援金(MSA小麦)といわれた米国からの食糧支援における売上金の積立金を運用した資金を日本の工業発展のために米国政府が日本に贈与した資金がベースです。かつては、大蔵省管轄で、経済援助資金特別会計法をもって、経済支援をこなっていましたが、その制度は、1968年に廃止され、それ以後は、米国指定の民間の募集機関によって、産業支援をおこなっている資金本部のことです。

資金については、審査、承認は、どちらの資金に関しても日米両政府の中央省庁が関与しておこなっています。資金は、中央銀行による運用、保管がされている資金ということになります。

MSA総合研究所が進めるプロ育成資金コンサルタントとしては、案件ベースで政府系、財閥系育成資金のどちらにも活用できますが、ベースは、新設された財閥系育成資金になることは、伝えておきます。

すなわち、サポート業務というのは、政府担当官との直接交渉権を持っているのは、唯一、資金者のみなりますので、実際に案件を動かす際には、資金者と申請者の間にたって、業務連絡を行い作業を円滑にできるようにするのが、MSA総合研究所の任務になります。

実は、この業務が非常に重要な業務になります。MSA総合研究所では、プロ育成資金コンサルタントを養成することで、日本全国にいる対象企業の代表者様が安心して、育成資金に申請できる環境をつくることが重要な役目になります。それを実現するには、企業育成資金について専門的知識をもったプロの育成資金コンサルタントを養成することが急務だと思い、インターネット上で情報を開示して、リアルにプロ育成資金コンサルタントになるために活動している方々と連絡を取り合い、疑問点に対する回答、詳細な業務遂行のための説明をしています。

日米政府合作事業である企業育成資金における民間コンサルタントとして重要な役目を担っていることを伝えておきます。

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。