【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

オリンピックも終了しこれから育成資金の季節です。

ここ2週間位ブログの更新をお休みしていました。

東京オリンピックも閉会式を迎え残すはパラリンピックはありますが、コロナの感染者数はますます増えている状況にあります。

 

緊急事態宣言の延長も話されていますがこのままでは経済が完全に駄目になってしまいます。

 

このようなピンチな時に育成資金の活用というものが非常に重要になってくるかと思います。

 

状況を見てみると周囲からも問い合わせの件数も増えてきていますので育成資金に対しての関心度が高まっていると思います。

 

これは直接政府が行なっている給付金制度ではありませんが民間募集でありますが日米共同体における資金提供案件になります。

 

8月後半から結構積極的な動きになるかと思っています。

東証一部で資本金100億円以上製造業およびインフラそして小売業

銀行及び信用金庫の代表取締役の職位を持っている方が対象になります。

 

これはあくまでも職位がこの申請条件にはなっていますが個人での資金調達となりますので会社に特に相談する必要はありません。

 

その部分を理解して育成資金から資金調達していただければと思います。

多くの方はこの資金は家族管理などで親族管理によってこの資金を保管されています。

理由は個人における資金調達をした資金になるからです。

資金本部の方でもどんどん活用してくださいという風に話していますので対象になる方は是非お申し込みください。

 

MSA 総合研究所より

 

 

Flag Counter