実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

令和の所得倍増計画の成功法は、「PPP運用強制参加法」を可決すること!冗談抜きで!

現政権は、所得倍増計画を話しているので、筆者の思いと一緒であると思っています。しかし、残念ながらその方法を全く知らないようです。

簡単です。 PPP運用に参加できる日本の資本家、経営者は、参加して資金をどんどん受け取ってください。なにをしすればいいのか? それは、答えは簡単です。 

「企業育成資金に申請する⇒PPP運用に参加する⇒借金を伴わない資金が日本市場に流入する⇒所得倍増計画につながる」


というだけの話です。

簡単です。

筆者が総理なら、こんな法律を作るでしょう。

「50億円以上の資産のある資産家、経営者は、PPP運用の参加を強制する法律」を定めます。

PPP運用サービスを一元化で手配してくれるのが、「企業育成資金」の申請ということになり、これが、日本の所得倍増計画を現実化する制度です。

簡単です。

PPP強制参加法 という法令を本日可決します! といえば、速攻で日本の借金問題は解決します。

筆者が総理ならそんな法律つくるでしょう。しかし、法的に管理すれば、民間活動ですから、違反かもしれませんが、まあ、そんな制度ができれば、日本の借金問題、プライマリーバランスの正常化は、余裕で改善します。

すべてが、日本を変えるのはPPP運用です。それを実現化させるのは、企業育成資金です。

企業育成機構@MSA総合研究所より