実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

是非とも現実化してほしい「所得倍増計画」それに対して政策提言

株式市場に対して、キャピタルゲインに対して増税をするということをはなしたということですが、これは、所得倍増計画とは、ちょっと路線がずれています。

日本は、株、債券などで得たキャピタルゲインに対しては、分離課税で20%の税金がかかります。

実は、香港や、シンガポールなどの金融自由としでは、キャピタルゲインに対して、課税しないという地域もあります。なぜ、投資家が海外移住するのか?理由は、キャピタルゲインに対する非課税という魅力です。

現在における株や債券取引についてはインターネット上で商いができる時代ですから、キャピタルゲインについて税率が低い地域に、資本家と資金が流入します。

日本経済を活性化させるなら、キャピタルゲインは、非課税でもいいくらいだと思っています。日本は収入を上げるのは、PPP運用を用いて借金出ない資金を日本市場に投入して、そこで資金の動き活性化せて税収を取るのが一番です。投資マネーは、活性化させるなら、そこから課税は考えないほうが市場が活性化します。やはり、どう考えても解決方法は、企業育成資金とPPP運用以外、解決策は見つかりません。


企業育成機構@MSA総合研究所より