【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

個人的資金調達をする手法は借金以外にもその調達したい個人の価値によって資金を生み出す仕組みがある。

企業育成資金について話を書いています。

企業育成資金というものはこれは PPP 運用と関係しているという話はここ最近毎日のように書いています。

 

すなわち企業の価値は企業の代表者と同等の価値があるという判断で企業の代表者がその価値を持って PPP 運用すればお金が生み出せるという仕組みです。

 

よって企業の代表者が自分の価値を持って運用に参加することによって資金が生み出されその資金を提供されているということがわかれば、それはこの資金を受けた人企業経営者あなた自身のものです。

 

ですから企業の経営者、すなわち代表権のある社員の個人に資金が渡されるということです。

 

企業経営者である代表権を持った個人がその個人の持っている価値に対して資金が生み出されているのでそれはご本人のものということになります。

 

これは企業育成資金という名称で募集はしていますが経営者の価値に対して資金を提供するすなわち運用益を提供するという案件になります。

 

よってこの案件は中小企業や基準の満たない企業は絶対にもらえないという理由は非常に単純でその価値が運用ベースに乗るか乗らないかというだけの話です。

 

企業育成資金ということを聞けば日本人の印象としては困っている企業があるから助ければいいという風な概念になりますがこれは国が行なっている補助金助成金とは全く違う性質のものです。

 

これは金融における信用創造におけるお金の作り方ということになります。

 

企業と同等の価値がある企業の代表権を持った社員がその人の名義が、その価値を持って大きな資金を生み出すことができるという信用創造における運用システムがあるからこの仕組みが成り立つわけです。

 

このように説明すれば多くの方は理解できると思いますが、すなわちあなたが所属している企業が、あなたにとってどれだけの価値があるかということを決めているというだけの話であって、企業自身はこのことに対して何かするわけでもなく簡単に言えば住宅ローン借りるあなたと一緒です。

個人的に一つの資金調達する手段です。

 

ローンの場合は借金ですが、この PPP の運用というものはその人の所属している企業に対しての価値に対して資金を作り出すという仕組みです。

ですからローンは借金ですが、これは借金ではない資金です。すなわちキャッシュマネー。

 

企業育成資金という名称で募集はしていますが、これは借金ではないお金に申し込むということになります。

 

その人の価値に対して与信枠が決まりそこから資金が提供されるということになります。

 

ですから銀行で借金をすることはクレジットすなわちローンになりますがその全く逆のお金です。その人の与信枠に対してお金を生み出すというキャッシュマネーというものを本人に提供します。

 

ですから、多くの方は資金調達をしたいという風になればほとんどが借金だというイメージがありますが、地球上にはその逆でその人の価値に対してお金を作ってくれるという仕組みがあるということを知ることが重要です。

 

これが、信用創造における資金の提供方法となります。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

Flag Counter