実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。

□PPPの制度について理解しなけれbだ、企業育成資金の制度について全く理解ができない。

 

日本では、まったくというほど知られていないPPPについてですが、実際には、1951年に日本がICC:国際商工会議所(フランス)に加入してから、日本の企業育成資金の財源を運用する方法として、行われているということです。

この制度については、2008年までは、完全に非公開でまったく世界的に知られていない制度でしたが、現在では、非公開ですが、コンサルタントを経由して私募プログラムとして特定の人脈のネットワークで募集されています。なぜ、そのような募集方法でおこなわれているかは、これは、1933年の米国証券法に関係しており、私募債を募集する際に、インサイダーに当たらないためのルールがあります。その法律が関係して、非公開で特定の人物を経由して行われるルールになっております。秘密保持である理由は、これは、この情報が証券市場においてインサイダー情報になっては行けないということがあり、5年間の秘密保持のルールがあります。

日本の銀行関係者や、金融関係者でこの制度について詳しく説明できる人は、ほぼ皆無です。しかし、知らないから存在しないのではなく、この制度は、1944年に米国でブレトンウッズ会議が行われた際に、イギリスのケンブリッジ出身で、貨幣論を唱えたケインズによって、提唱され、PPPの制度は、制定され、その制度がいまでも継続して行われています。

よって、FRB連邦準備制度)(Federal Reserve Board )の許可をとって行う必要があり、実際に申請をする際には、国際弁護士などがこの案件の手続きを行い、法的チェックを行い投資者の許可を取ることになります。

取引方法としては、私募債の取引を行う制度であり、世界のトップ100銀行が発行する割引債のトレードを行うことになります。

日本では非常に極秘扱いにされていますが、最近では、欧米のインターネットなどを検索すれば、相当詳しく制度について説明されており、PPPについて知る機会が増えています。しかし、この制度については、やはり、私募プログラムであることであるので、一般市場での証券取引と違う制度で行うために、先程も言いましたが、1933年米国証券法におけるインサイダーに当たらないために、非公開で募集しており、特定の人の人脈を経由して募集を行う制度になっているというのが、この制度の特徴であることが言えます。

企業育成資金の募集方法も、これも、PPPに関係する制度であるために、このような法令に従って、特定の人脈を経由して、クローズで募集されるということになります。

よって、なぜ、この制度は、極秘で特定の人脈を経由して募集されているのか?というのは、米国証券法のインサイダーにならないために、このような仕組みで募集されているということが言えます。

PPPについての制度が理解できなければ、企業育成資金の制度がまったく理解できないということになります。


企業育成機構
MSA総合研究所より