実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。

□人道的支援をする財源の確保は、企業育成資金を動かすことである。


なぜ、G7の国の中で日本だけが、企業育成資金の仕組みをもっているのでしょうか?それは、もともとは、日本の戦後復興財源として、政府保証で調達した資金を欧州の運用(PPP)によって償還する仕組みをおこなったのです。

世界的なルールでいえば、PPPに関することは、民間の財源をベースにPPP運用をすることは許可されていますが、政府保証で調達した資金を民間プロジェクト資金として投入するということをすれば、厳密に言えば、PPPの民間財源として政府関与しないというルールとは、少し違うのですが、ただ、当時、日本の戦後復興には、全土が焼け野原になった日本には、復興財源が多額に必要であり、特別扱いで、日本のみに、政府保証における資金調達した資金の償還するあたりPPPを用いた償還方法を認めていることが言えます。


PPPに関する監督は、FRBが行っていますが、了承の上で、日本が政府保証における巨額資金の調達を可能にしていると言えます。

すなわち、この仕組がある日本は、この資金を動かすことで、申請企業の代表者が資金を手に入れるだけの話でなく、この資金は、日本政府が人道的支援や安全保障に使うための財源の確保ができる仕組みがあります。同時に国際貢献として、G7の国を支援するための仕組みもありますので、今、日本が、この企業育成資金の制度をつかって、資金を大きく動かし、世界に貢献する作業をすることが、日本にとって、非常に重要なことであることに気付かなければなりません。

 

 

この話を、戦後間もない時代の復興期の亡霊にような話と思ってはいけません。約80年の月日が過ぎ、今の情勢を見れば、戦後最大の危機であると言えます。今の火種が、世界に波及する可能性も否定できません。

 

日本としては、平和的な支援を行うための財源確保で、企業育成資金を動かすことで、その資金の一部を人道的支援や経済的安全保障の財源に活用することできます。

 

世界を支援するということで、日本を守るということをしなければ日本の将来に悪い影響を与えると言えます。

この日本のみに与えられた特別な権限を最大限に活用することは今、とても重要になります。


我々は、月に5件以上の企業育成資金の成約に向けて動いています。
最短最速、初回面談で30分以内に申請者と資金者が連絡ができ、申請受理にする、スピード対応をしています。
これ以上ショートカットできませんので、国難以上に戦後最大の危機を乗り切るために、企業育成資金に条件を満たした企業経営者は、どんどん申し込みしてください。
申請費用は無料です。
申請方法は、このブログに書いている連絡先にご連絡ください。それで、すべてが解決します。


東証一部の資本金100億円以上
□銀行

上記の企業の所属している代表権のある社員(日本国籍)が対象者になります。

提供金額は、東証一部企業の場合は資本金の100倍
銀行の場合は、預金高の3倍以上ということなっています。

 

 

この国難のときに、人道的支援、G7の国で日本がどれだけ資金を出すことができるかで、日本を守ることができます。財源確保は、企業育成資金を動かした資金から捻出できます。それが社会への貢献に繋がります。

その意味、理解しないといけません。

 

※企業育成資金は、昭和の時代は、約370社、平成はゼロ件、令和の時代は、大きく業績をのばすために情報を開示しています。月 最低5社の申請を目標に案内しています。昭和の時代は、すごかったというのは、370社の基幹産業企業企業経営者がこの企業育成資金(基幹産業育成資金:別名償還制度)を活用したからです。企業は大きく成長しました。日本の世界第二位の経済大国に君臨できました。停滞した平成の時代は、活用件数は、ゼロ、まったく30年間活用されませんでしたが、仕組みは、現在も継続しています。令和の時代は、普及する傾向はでていますが、まだまだ少ないために、活用件数を爆発的に増やすために説明を繰り返しています。国難を乗り越える財源確保は、この仕組のみが解決できる手段をもっています。

MSA総合研究所より

 

 

*********************

★誰も教えないお金の大学校セミナー開催決定!

「誰も教えなお金の大学校セミナー」

第二回目 開催 
日時 2022年4月10日(日曜日)
午後2時から午後4時20分
定員数 20名(会場は最大32名です)

場所 
〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−12 大橋ビル4F
(神田セミナー会場)
https://goo.gl/maps/BiLqXav8Qecmb8zW7

講義内容「企業育成資金とPPPの世界について」
午後2時から午後3時45分までセミナー
午後3時50分から午後4時20分まで名刺交換交流会

■申し込みは、下記のホームからご連絡ください。↓
参加費用無料
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

講師 当ブログ筆者による講義を行います。
ブロブの読者であれば無料参加できます。

※感染対策のためのマスク着用でお願いいたします。
宜しくお願いたします。

筆者より

***************