【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

政治の世界にはない、ブローカー戦争による戦い、日本国の未来を決めるのは政治家でなくブローカーであるという話。

□政治の世界にはない、ブローカー戦争による戦い、日本国の未来を決めるのは政治家でなくブローカーであるという話。

 

今の日本は、どこに問題があるのでしょうか?それは、すべて、企業育成資金のことを否定して、そんなものは存在しない。という宣伝活動をしている反日プロパガンダ組織が存在しているからです。

 

つまり、日本経済が戦後復興期に急激に成長できた原因は、370社を超える企業経営者が企業育成資金をうけて、市場に大量の資金を

ばらまく事ができたからです。

 

反日プロパガンダ組織は、この企業育成資金の存在を日本国民が完全否定するように常に偽装工作を行っている組織になります。

 

多くの人は、そんな組織があることを知りませんので、完全に、自作自演の事件をおこしたり、また、実際に存在しない案件を募集して、世の中を混乱さえたり、あらゆる手段をつかって、この企業育成資金が存在しない、そんなものは、あり得ない。それは、詐欺師(自作自演)の話だ。ということを常に、演出をして、工作している工作員反日プロパガンダ組織という事になります。

 

ある意味、日本経済を崩壊させることを目的とした反日プロパガンダ組織が、動き、「そんなものは存在しない」という邪魔を行っています。

 

企業育成資金は、天皇家に任命された資金本部組織が、日本を支える財源を運用して生み出していますが、その存在を邪魔して、国民が、そんなものは存在しないという意識になるまで完全に邪魔をすることを組織的におこなっているのが、反日プロパガンダ組織ということになります。

 

業界では愉快犯という言い方もしていますが、明確な目的は存在しています。天皇家が任命して行っている資金本部が主催している企業育成資金を完全に、日本国民が信じないという反日プロパガンダ活動を行えば、日本経済は衰退するということを理解しているからです。日本沈没を工作するグループが行っているということになります。これは、長期間の時間をかけて国家転覆を狙って活動する組織が、日本には存在しており、それが、失われた30年の原因を作っているといえます。

 

よって、我々は、反日プロパガンダ組織に屈指することがなく、天皇家が任命した資金本部が主催する「企業育成資金」の案件を動かし、日本経済の底上げをすることが、「失われた30年の終局させること」になります。

 

筆者は、この長期化する日本の経済低迷の根本的原因は、どこにあるのか?ということを探究してきました。結論は、反日プロパガンダ組織による日本の通貨発行権の仕組みを否定させる活動を行い、日本経済を崩壊させることを目的に、偽装工作を日々繰り返しえいるということで、日本経済が究極に成長できない原因になっています。

 

日本の根本的な問題は、馬鹿な悪質ブローカーが邪魔しているという問題以上に、彼らは明確な目的を持っています。日本経済没落を狙った反日プロパガンダ活動であるのです。つまり、日本人がこの仕組みを信じないようにする工作活動を続けることで、結果、日本経済が没落して世界的地位の低迷をするということを知っているからです。つまり、企業育成資金がでたらめだという声を上げている人物が、反日プロパガンダ組織からの伝言であります。

 

この問題は、明確に理解しなければ、企業育成資金の導入件数を増やす邪魔になっているといえます。企業育成資金がしっかり動けば、日本がいつでも浮上できる仕組みがあるのです。

 

日本国民は知らなければならないことがあります。一つは、企業育成資金の存在を国民が全否定するまで、活動を続ける「日本国家の経済崩壊を狙った反日プロパガンダ組織が存在する」という事実。日本経済を底上げするために、活動している「天皇家が任命した資金本部組織」が存在するということを知ることです。

 

実際の話しをすれば、日本経済の転覆を狙って、偽装工作を行っている反日プロパガンダ組織は、ニセ資金者をつくり、邪魔する行為を意図的に行っています。

 

しかし、時代は動き出しています。特に反日プロパガンダ組織が日本をあらゆる面で、経済的に破壊させる活動が行われていることに、多くの人が気付き始めています。

 

日本人として生まれて、日本国をベースに生きている人を守るのは、自らの力で守る以外方法がありません。つまり、誰かがやってくれるという他力本願では、結論が出ないといえます。なぜ、筆者が、天皇家が任命して行っている資金本部の組織を支援しているか?理由は簡単です。それは、「失われた30年」「ロスジェネ世代」と言われていますが、それもある意味、「君たちはだめだから諦めろ」という洗脳にすぎないのです。これも、すべて日本の経済的没落を目的とした反日プロパガンダ組織の洗脳的活動であり、その問題を打破するための活動を行っているのです。

 

実は、日本の経済問題は、政治的な問題ではなく、ブローカー案件といわれるこの企業育成資金の案件にまつわる話にすべてが集約させているということになるのです。

 

この資金を動かさないようにする反日プロパガンダ組織、それとその資金を動かすようにする活動をする日本経済の底上げを狙って活動する組織の2局になっての戦いが存在しています。

 

当然、筆者は、天皇家の任命した日本経済を裏で支える資金本部組織の応援団として、本活動を行っています。

 

政治の世界では、与党、野党の戦いが繰り返されて、日本についてどうするか、協議されていますが、

 

日本経済の底上げを行なう通貨発行権として資金を市場に流す作業といえば、これは、「日本経済をよくする政党」ということになります。逆に、日本経済を崩壊させることを目的にする反日プロパガンダ組織による「日本経済没落政党」が存在して、ブローカー同士、戦っているのが、企業育成資金の政局という事になります。

 

じつは、最高に面白いです。なぜかと言えば、国家を転覆を狙っているグループと、国家の経済を底上げするグループは、人知れず、この案件を行っているからです。といっても、業界はそんな広くはないので、大体把握はされているのですが、常にせまい土壌で、日本国家転覆を狙うグループと、日本国を成長させる活動をするグループとのまさに、政治で言うところの与党、野党の戦いがあるのです。

 

この活動は、国家にとって重要な活動ですが、政党助成金は、無いので、手弁当で、趣味で行なうことになります。つまり、天皇家の組織する資金本部のグループに属すると、成功報酬は、いただけますが、知らずに、反日プロパガンダ、グループに属すると、無駄な努力させられるだけの結果になります。つまり、そのような角度で見れば、ある意味、現場レベルでは政治の世界よりも面白い人の戦いがあるわけです。

 

確かに、企業育成資金という巨額な資金の魅力もありますが、それ以上に、日本経済を底上げするグループ、破壊するグループとの与野党?戦いは、実に参加していて面白いのです。なかなか、興奮するものがあります。ある意味、どんな世界でも、勝負することは、プレイヤーとして最高に面白いのです。しかも、「かくれんぼみたいな戦い」です。

 

日本経済がどうか?という問題がテーマですが、天皇家の任命組織が、日本経済を底上げをするために、非公開で活動して、それを壊そうとして、裏で活動している反日プロパガンダ組織が、常になんらかの偽装工作をして、この制度から近づけられないように、工作しているとうこの戦い。

 

これが日本国の未来を左右している戦場であるのです。

 

「かくれんぼをしながら、偽装工作との戦いです。」

 

これが、日本経済の未来を作用するのです。

 

これが、実は、日本経済の政局を決める重大な戦いであります。

 

面白いと思いませんか?日本には2つの組織があります。

 

つまり、

「日本を豊かにさせる天皇派組織」と、「日本を没落させるプロパガンダ組織」です。

 

あなたは、どちらの派閥に属しますか?という話です。

 

この戦いが、巷の噂とブローカーの間で行われているのが、日本の現状であり、日本の未来を決定する活動であると言えるのです。

 

筆者は、10年以上の歳月をかけて研究した結果、日本の問題の根本はどこにあるのか?「失われた30年」の原因究明をしてきましたが、こんなブローカー案件といわれる戦いの中に存在していました。

 

これが日本の国家の未来を占う重要なことであります。

 

企業育成機構という組織をネット上で作りましたが、この組織は、簡単に言えば、「日本国経済をよくするために組織された天皇派組織」という事になります。多分、右とか左とか思想の問題でなく、金儲けしたいのか?貧困になりたいのかの戦いです。

 

日本を豊かにするための活動をするのが、我々の活動になります。

時間があるときにセミナーを行っていますが、これは、天皇派の活動で、企業育成資金の案件を通じてどのようにすれば豊かになるか?ということを説明しているのです。

 

考えてみたら、企業育成資金というリングの上で、

 

「日本を豊かにするために資金を出したい天皇派」

「日本を貧乏にしたい反日プロパガンダ派」

 

とが、戦っている映像が見えて来ました。

 

これが、企業育成資金の戦いという事になります。

 

この戦いが、日本の「失われた30年」を作った原因になっています。

つまり、平成の時代は、企業育成資金が動かないという時代でしたので、結論を言えば、

 

「日本を貧困にする反日プロパガンダ派」の工作作業が優勢であったということがいえます。

 

これではいけないということで、

 

失われた30年の終局を目指した。ロスジェネ世代である筆者が、

 

「日本を豊かにする天皇派」の応援に入ったというだけの話です。

 

プレイヤーが明確になれば、戦略もかんがえられます。ある意味、世界経済もビジネスと戦略です。日本国は、見えない外圧勢力に動かされていますが、あまりにも、影響をうけて経済は停滞していますが、それではだめだということで立ち上がって、日々、隠れて活動しているのが、日本の将来を決めるブローカー戦争「企業育成資金の戦い」に参戦しているといえます。政治の世界にない、面白さがあります。

 

という話です。

筆者が主催して行っているセミナーは、「日本を豊かにする天皇派」セミナーであると言う意味もあります。

 

次は、7月29日に浜松町・大門のセミナー会場で行います。

「われこそは、日本を豊かにする天皇派」に属するという方は、当セミナーに参加ください。よろしくお願いします。

 

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年7月29日(金曜日)午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校 、MSA総合研究所主催

参加費用は、無料です。

定員は、15名 

講師は、本ブログの筆者(MSA総合研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

 

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

 

 

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

 

MSA総合研究所より

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。